麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

毛穴

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


以前までは気にならなかった毛穴が、夏の間に目立ってきたという方はいませんか?

鏡をよく見てみましょう。

鼻の周りなどTゾーンを中心に毛穴がいつもよりも目立っていませんか?

これは夏の気候が関係しています。開いた毛穴をほおっておけば、より毛穴の開きを含めたトラブルを促進させてしまいます。ここでは夏の気候による毛穴の開きの原因と対策について紹介します。今の時期だからこそ、毛穴ケアを徹底しましょう。

毛穴

夏の気候による毛穴の開きとは

この時期の毛穴の開きなどのトラブルは、夏ならではの暑い気候が関係していて、誰にでも起こる毛穴トラブルです。特にこの時期は毛穴が開きやすくなります。特に近年は9月といえど、夏のような暑さが続きます。ということは、9月も毛穴が開き秋やすく、トラブルが起きやすい時期なのです。

夏の高温多湿の気候は、1年で最も皮脂が分泌される季節。暑さにより、常に皮脂が分泌されているので、毛穴が開きっぱなしになりやすい時期です。そのため、毛穴が目立ちやすくなってくるのです。さらに皮脂の分泌量も増えることで、毛穴を押し拡げ、開きっぱなしの毛穴になってしまいます。

そして夏の肌ダメージといえば、やはり紫外線ですね。紫外線の強いダメージから肌を守るために、自然と角質が厚くなるのも夏ならでは。その結果、毛穴が詰まりやすく、また開きやすくなってしまうのです。

また、夏の肌は汗や皮脂の生で、一見潤っているように見えますが、実は乾燥している場合が多いのが特徴です。冷房による室内の乾燥によるものや、室内と室外との温度差による血流不足など原因はさまざま。

しかし肌が乾燥することで、肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌されることは一緒で、これもまた、毛穴の開きの負のループにはまり込む原因になりますさらに乾燥によって肌の弾力が失われれば、肌と共に毛穴までたるみ、楕円形で開きっぱなしな悪目立ちする毛穴トラブルにつながるので、注意しなければなりません。

では、この暑い時期の毛穴の開きを乗り越えるためにはどんなケアが必要なのでしょうか?

毛穴

毛穴の開き対策に丁寧なスキンケア

毛穴の開きを対策するためには、やはり丁寧なスキンケアが重要です。毎日のクレンジング、洗顔を丁寧におこなうことで、皮脂汚れをしっかり取り除き、毛穴の詰まりを予防します。

毛穴の詰まりをしっかり予防すれば、毛穴の開き対策につながるのです。さらに皮脂汚れは毛穴の黒ずみの原因のひとつでもあります。毎日丁寧にクレンジング、洗顔をおこなうことは、毛穴トラブル全般の予防と対策につながるのです。

とはいえ「丁寧におこなう」とは、1日に何度もクレンジングや洗顔をおこなうことではありません。頻度は朝、夜の1日2回で十分です。そしてゴシゴシ洗うのではなく、優しくクレンジングと洗顔をおこなうことが大切です。

その際、使用するお湯の温度は、冷たすぎても、熱すぎても毛穴には良くありません。皮脂を溶かし、乾燥を防ぐには32度程度のぬるま湯がオススメです。冷たすぎるお湯は皮脂を落としきれず、熱すぎるお湯は、肌の乾燥の原因に。

毛穴

毛穴の開きを含めたトラブルを防ぐためにも、必ず正しい方法で、丁寧にクレンジングと洗顔をおこないましょう。そして、メイクをしていない日にもクレンジングと洗顔料でのダブル洗顔を取り入れましょう。

クレンジング剤は余分な皮脂を洗い流すのに最適です。だからこそ、朝もダブル洗顔をおこなうことで、より毛穴の開きを予防、対策できます。日中はもちろん、寝ている間も私たちは皮脂を分泌し続けます。

特に今の時期、熱帯夜が続いていますね。そのため、起床直後、顔がべたつくことも多いでしょう。朝の洗顔だけでは、夜間に出た皮脂を洗い流すのは不十分です。余分な皮脂が残っていれば、毛穴の開きの原因になるのはもちろんのこと、メイク崩れにもつながります。ぜひ、朝もダブル洗顔を取り入れましょう。

さらにしっかり保湿ケアすると、より乾燥を防ぎ、過剰な皮脂の分泌を予防できます。乾燥による角質の角化も防止できるので、毛穴の開き、つまりにも効果的です。夏の暑さにより、顔がべたついていることで、保湿ケアが不十分な方も増えています。

この時期だからこそ、しっかりと毛穴のためにも保湿ケアを徹底しましょう。そうすることで、毛穴の開きの引き締めにも効果を発揮します。

また過剰な皮脂の分泌を抑制すに効果のあるビタミンC誘導体やライスパワー®No.6配合化粧品を使用することもオススメです。過剰な皮脂分泌を予防することで、毛穴の開きや詰まり、黒ずみも予防できますよ。

毛穴

毛穴の開き対策にスペシャルケアを

毛穴の開きをはじめとしたトラブルには、蒸しタオルを使用したスペシャルケアがオススメです。蒸しタオルは誰でもすぐに始められる美容法。蒸しタオルの温かい熱と蒸気が毛穴を開き、血行を促進。さらに角質を柔らかくすることで、毛穴の開きの原因でもある汚れなどの詰まっていたものを浮き上がらせ、取り除きやすい状態をつくってくれるのです。

その後の化粧品の浸透も促進してくれるので、オススメです。まずは、クレンジングの際に取り入れてみましょう。

方法は簡単です。清潔なフェイスタオルに水を含ませ、軽く知ってから折り畳み、レンジで30秒~1分ほど暖めます。その間にクレンジング剤を顔全体に塗り、馴染ませます。その後、あたたまった蒸しタオルを取り出し、顔全体を覆うようにのせます。

その際、蒸しタオルの温度を必ず確認しましょう。顔にのせるには熱すぎる場合は、蒸しタオルの蒸気を顔全体にあてながら冷ましてください。蒸しタオルを顔にのせる時間は3分ほど。その際、両手で軽くタオルを抑えるようにすると、より効果的です。

3分たったら蒸しタオルを外し、そのまま蒸しタオルでクレンジング剤をふき取ります。その後は顔をぬるま湯ですすぎ、洗顔、保湿ケアをおこないましょう。普段取り切れない毛穴の汚れが取れる蒸しタオル法です。毛穴の開きだけではなく、角栓や黒ずみが気になる場合にオススメです。

一方、肌が乾燥している上に、毛穴の開きが気になる場合は、保湿ケアに蒸しタオルを取り入れてみてください。ダブル洗顔が終わったあとに化粧水、美容液までおこないます。その後、通常よりも多めの乳液もしくはクリームを顔全体にのせましょう。

その後、クレンジングの時のように顔全体に蒸しタオルを3分ほどおきます。3分たったあとは、顔に残っている乳液やクリームをマッサージするように顔全体になじませます。その後、毛穴の開きが気になる部分に化粧水ミストや冷水につけて絞ったタオルをのせることで、毛穴の開きがキュッと引き締まり、もっちりとした肌に仕上がります。

蒸しタオルのケアは、1週間に2回までにとどめてください。また蒸しタオルに使用するフェイスタオルは刺激の強い洗剤や柔軟剤を使用していないものがオススメです。
ぜひ、蒸しタオルのスペシャルケアで、美肌を手に入れましょう。

また毛穴の開きのスペシャルケアには、毛穴の汚れを吸着して取り除いてくれるクレイパックもオススメです。毛穴の汚れを取り除くシートパックとは違い、天然の泥でできているクレイパックは、肌に優しく、ミネラルも補給してくれます。

洗顔後の肌にクレイパックを塗り、蒸しタオルをおこなうのも毛穴の開きに効果的です。毛穴を開きっぱなしにしないためにも、スペシャルケアも定期的におこなってくださいね。

毛穴

気候による毛穴の開き!?効果的な毛穴ケアまとめ

夏の気候により、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴は開きやすくなります。さらに紫外線による角質の角化や冷房による肌の乾燥も毛穴の開きを促進させます。毛穴の開きを予防、対策するためには、毎日の丁寧なスキンケアが重要です。さらに蒸しタオルによるスペシャルケアを取り入れることで、より毛穴の開きをくい止めます。

まだまだ暑い日が続くからこそ、毛穴の開きへの対策ケアを取り入れ、美肌を手に入れてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「毛穴の開き」まとめ

イライラしていると交感神経が優位になり、皮脂分泌が増えることで、毛穴から皮脂が益々分泌されてしまいます。怒りは毛穴の開きのもと

毛穴

洗顔しているときは、心の汚れも除去して穏やかな気持ちに切り替えていく習慣をつけましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »