麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

小顔

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


美容グッズとして持っている方が多くなってきている小顔ローラー。いつでもどこでも使用できるので、便利なグッズとして人気ですね。

しかし、この小顔ローラーの使用方法を間違って使用している方を多くみかけます。小顔ローラーは正しく使用することでこそ、より小顔へ、より美肌へ導けるアイテムです。今回は小顔ローラーの正しい使用方法と効果的な使い方を紹介します。

ぜひスキンケアに小顔ローラーを取り入れ、小顔を目指してみてください。

小顔

小顔ローラーの効果

現在では、さまざまなタイプの小顔ローラーが販売されていますね。この小顔ローラーの一般的な効果は、マッサージ効果です。特に顔表面の表情筋をほぐしてくれます。

その作用でフェイスラインが引き締まり、小顔に導く作用に加え、シワやたるみの予防につながります。さらに小顔ローラーは、顔全体をほぐすことで、リンパや血液の流れを促進させ、代謝を高める作用もあります。代謝がアップすれば、肌のターンオーバーを正常に導く助けにもなります。

また小顔ローラーのコロコロ転がす「ヘッド」と呼ばれる部分の素材に着目しましょう。小顔ローラーにチタンやゲルマニウムなどの金属が埋め込まれているものがありますね。この埋め込まれている素材によって、得られる効果が異なります。

例えば、チタンを使用している小顔ローラーには、金属によるアレルギーを起こしにくい、サビにくいといった特徴があります。そのため、敏感肌の方でも安心して使用できます

さらにお風呂の中で使用するのにもオススメです。入浴すれば、自然と筋肉はほぐれ、血行とリンパの流れを促進できます。そこへ小顔ローラーを使用することで、さらなるほぐしや血液やリンパの流れを促進できるのです。水洗いもしやすい素材なので、清潔にキープしやすいメリットもあります。

小顔

一方、ゲルマニウムには、32度以上になると通電するといった性質が。そのため、人間の顔などをゲルマニウムの素材を使用した小顔ローラーでほぐすことで、マイナスイオンが発生します。そして発生したマイナスイオンが、体内のイオンバランスを調整し、新陳代謝を促進してくれるのです。

ストレスなど、強い負荷がかかっていると体内にプラスイオンが増加し、イオンバランスが崩れ、体内の酸化や血液やリンパの流れを妨害してしまいます。体の中から美しくなるためにも、ゲルマニウム素材はオススメなのです。

そして、ゲルマニウムのようにマイナスイオンを発生させ、イオンバランスを整える作用があるのが、プラチナ素材。プラチナは変質や変色がしにくいため、プラチナが含まれる小顔ローラー長持ちしやすいです。

また、素材以外にも着目したいのが、電流を流すタイプの小顔ローラーです。電流といっても、ごくごく少量の微弱電流です。私たちの肌に流れている微弱な電流に極めて近い電流を流します。微弱電流のなかでも有名なのがマイクロカレント

小顔ローラーで有名なReFaもこの微弱電流を採用しています。マイクロカレントなどを流すことで、肌を活性化させ、ハリやツヤまで与えてくれるのです。私自身、その効果を実感し、フェイシャルの施術の一部にマイクロカレントが流れる小顔ローラーを取り入れています。

小顔ローラーを選ぶ際は、ぜひヘッドの素材や微弱電流の有無も確認してみましょう。

小顔

小顔ローラーの使い方

小顔ローラーは正しく使用するからこそ、小顔効果を生み出します。小顔ローラーを使用するときに特に気を付けてほしいのが、小顔ローラーを転がす方向です。小顔ローラーの基本は、下から上に動かすこと。もしくは中心部分から外側に動かすことです。そして一方向にのみ動かすことを覚えておきましょう。

小顔ローラーを下から上に動かし、上から下へと往復してしまっては、筋肉自体はほぐせますが、リフトアップ効果は半減してしまいます。アゴから頬のあたりは、耳に向かって上へ転がしましょう。目元周辺はこめかみに向かって広げるように転がします。そして額周辺はつむじに向かって転がすと効果的です。

その際、力いっぱい転がすのは避けてくださいね。小顔ローラーを強く肌へ押し付け、力いっぱい転がしてしまうと、肌に刺激となって、シワやシミの原因になる恐れも。小顔ローラーを動かす際は、皮膚があまり動かない程度の軽く優しいタッチが基本です。

また、小顔ローラーを使用する前に、保湿ケアをしておくと、肌への摩擦を最小限に抑えることができます。また入浴中、入浴後、ホットタオル後など、肌が温まっている状態で小顔ローラーをおこなうのもオススメ。入浴中に使用する場合は、小顔ローラーに耐水性があるか、必ず確認してくださいね。

さらに小顔ローラーによる小顔効果を高めるには、顔だけではなく、まずは鎖骨周りや首を小顔ローラーでほぐしましょう。その際は、鎖骨は中心から脇へ、首元は耳の下から鎖骨に向けて小顔ローラーを動かしてください。この部分をしっかりほぐすだけで、フェイスラインがすっきりすることを実感できるはずですよ。

小顔ローラーを正しく使用して、より高い効果を得てくださいね。

小顔

小顔ローラーの過剰使用は要注意

小顔ローラーは、手軽なことからいつでもどこでも使用したくなる方も多いでしょう。しかし、これは要注意。小顔ローラーの過剰使用は、シワやシミなど肌トラブルの原因になる場合もあるからです。

使用する前に必ず取扱説明書で使用時間や使用頻度について確認しましょう。また取扱説明書の通りに使用していても、なんだか肌に違和感を抱くこともあるでしょう。肌の状態は個人差がありますし、同じ人でも、肌のコンディションにはばらつきがあるもの。肌状態を観察しながら、正しく小顔ローラーを使用してくださいね、

また小顔ローラーは、単発的に長時間使用するよりも、短時間の使用を毎日するのが、小顔への近道です。

テレビを見ながらなど、日常のふとした瞬間に取り入れやすい小顔ローラーですが、1日のうちのどのタイミングで使用すればよいのでしょうか?

肌が温まっている状態、もしくは就寝前のリラックスした状態で使用するのがオススメです。
翌朝、よりスッキリとしたシャープな顔を手に入れられるでしょう。とはいえ、使用しやすいタイミングは人それぞれ。使用し続けられる最適なタイミングを探してみてくださいね。

小顔

小顔ローラーの効果的な使い方まとめ

小顔ローラーは、顔にかける場合は、下から上に、あるいは顔の中心から外側に向かって転がすことが重要です。その際、力を入れすぎないことも、小顔と美肌のポイント。保湿ケアしてから小顔ローラーを取り入れれば、肌への摩擦などの刺激を最小限に抑えることができます。

さらに肌が温まっている状態でおこなったり、鎖骨や首を小顔ローラーでほぐしてから顔全体を転がせば、さらなる小顔効果が期待できます。小顔ローラーを有効に活用し、シャープな小顔をぜひ手に入れてください。 

美容心理士塩澤麻衣による「小顔ローラー」まとめ

小顔ローラーをするとき肩の力を抜きながらリラックスすると効果が倍増するでしょう。好きなアロマを香りながらすると心身ともにリラックス。

小顔

特にサイプレスやヒノキのアロマは針葉樹の独特の香りで首や肩の緊張をときほぐしてくれます。首肩のコリは顔のむくみの根源。ぜひお試ししてみてください。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »