麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

プラセンタ原液

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


美肌成分で知られるプラセンタ。この効果的な使用方法を知っていますか?

プラセンタは化粧品に薄めて配合される場合と、原液100%の単体で売られているケースがあります。プラセンタ原液はより高い美肌効果を期待できます。

ここではプラセンタ原液の選び方から効果的な使い方まで紹介します。スキンケアにプラスして、冬の乾燥に負けない美肌を手に入れましょう。

プラセンタ原液

プラセンタ原液とは

プラセンタには、動物由来のものや海洋性由来のもの、植物由来のものまであります。そのなかでも美肌効果が高いのが動物由来のプラセンタ。これは、動物由来プラセンタの中に、肌の健康を促進する成長因子が含まれているからです。

この動物由来のプラセンタは豚や馬などの胎盤から抽出するもの。こうしたプラセンタには、「原液」や「純液」「高濃度」など複数の表示があります。このなかでも最も美肌効果が高いのは、プラセンタの「原液」と言われています。

原液といえば、水などで薄める前、加工前の状態です。しかし表示に厳密な規定がないため、たとえ原液100%と記載があっても、水で薄められている恐れがあります。また純度100%、濃度100%と記載があっても。本当に100%かどうかはわからないのです。

一般的に水を一切使用せずにプラセンタを抽出する場合、酵素分解法や凍結酵素抽出法などの抽出方法が使用されます。しかし、この抽出方法はとてもコストがかかるため、プラセンタ原液の値段も必然的に高くなります。

プラセンタ原液
そして、この方法を使用したプラセンタは「原液」と呼ばれず「純液」として販売されるケースも多くあります。原液や純液の場合でも、防腐剤や保存料、香料が含まれる場合も少なくありません。

ただ、添加物が配合されていないプラセンタは、保存に注意が必要になります。

そのため、プラセンタの原液を購入する場合は、安価なものではなく、ある程度値段が高いもの、そして信頼できるメーカーから購入するのが良いでしょう。そして、防腐剤や香料などの有無や抽出方法の確認も大切です。

そして、素材にも着目できるといいですね。国内で販売されている動物由来のプラセンタのほとんどが馬、もしくは豚由来。

豚は一度に10匹ほどの出産ができることから、馬に比べてプラセンタの価格が安価です。一方、馬は単頭出産のため豚に比べてプラセンタの価格が高くなります。

さらに馬の場合、単頭出産なことから、胎盤の損傷が少なく、抽出できる栄養素も豊富と言われています。実際に馬由来のプラセンタは、豚由来のプラセンタよりアミノ酸の含有量が豊かです。

そのため、プラセンタの原液を選ぶ際は、豚よりも馬由来のプラセンタを選びたいですね。

プラセンタ原液

プラセンタ原液の効果とは

動物由来のプラセンタには、美肌の源になる成分が凝縮されています。なかでも他のプラセンタと違うのが、細胞を増殖させる働きのある成長因子が含まれていることです。

そのほか、保湿に効果的なヒアルロン酸やアミノ酸、肌を活性化させる酵素やビタミン、ミネラルも豊富です。原液はこれらの美肌成分が高濃度に含まれている可能性が高いので、より美肌効果が高いとされているのです。

そして、このプラセンタは美容液にもなる優れもの。保湿ケアや美肌ケア、そしてエイジングケアまでが1本でおこなうことができるのです。

美容液は1度のスキンケアに1本しか取り入れることができません。それは高濃度な美容液を複数使用してしまうと肌に負担をかけてしまうからです。しかしプラセンタならば、1本でさまざまな効果、栄養素が無理なく補給できるので、とても便利です。毎日のスキンケアの美容液として、取り入れていきましょう。

プラセンタには、アミノ酸が豊富に含まれています。このアミノ酸は、肌内部の保湿成分であるNMF(天然保湿因子)の主成分。アミノ酸を補給することで、NMF(天然保湿因子)の生成を促進させ、肌本来の保湿力を高められるのです。

さらにプラセンタに含まれる成長因子、EGF(上皮細胞増殖因子)は、肌をつくる細胞の分裂を促進することでターンオーバーを正常へと導きます。そして美肌へと導いてくれるのです。

そして、プラセンタには高い美白効果も期待できます。メラニン色素の生成を促進させるチロシナーゼの働きを抑制してくれるのです。さらに活性酸素の働きを抑制することでシミも予防できます。

また、プラセンタに含まれる豊富な栄養素は、抗酸化作用のあるものも多く、エイジングケアにも効果的。さらに免疫力を高めてくれる成分や抗炎症効果のある成分が含まれていることで、肌荒れやニキビ肌の改善も期待できます。

プラセンタ原液

プラセンタ原液の使い方

プラセンタの原液は、通常の美容液と使用方法が異なる場合が多いです。

まず洗顔後の肌に化粧水を使用するのでなく、まずプラセンタ原液を使用するのです。これはプラセンタの豊富な栄養素をまずは肌に補給するためですが、メーカーによっては使用方法、順番が異なるので、商品の使用方法をしっかり確認し、正しく使用しましょう。

そしてプラセンタを使用するときは、まずは手のひらにのせて温めてから顔全体に塗っていきます。両手で顔を包み込むようにハンドプレスさせて浸透させることがオススメ。年齢やトラブルの出やすい目元、口元は特にしっかりと塗りこんでいきましょう。また横シワの出やすい首元も忘れずにつけていきましょう。

またシートマスクやコットンパックをする際にプラセンタを混ぜて使用するのも効果的です。シワの気になる部分には、重ね付けやコットンなどにプラセンタを含ませ、パックしていくのも良いですね。さらにイオン導入機をお持ちの方はプラセンタを導入するのも良いでしょう。

プラセンタの原液は、他の化粧品を混ぜて使用もできます。乳液やクリームに数滴垂らして、混ぜて使用するのです。ただし、他の化粧品に混ぜて作り置きするのは厳禁。衛生面が守られていないため、他の化粧品と混ぜて使用する場合は、使用する直前に混ぜて顔に使用するようにしましょう。

プラセンタ原液

プラセンタ原液の効果的な使い方まとめ

プラセンタの原液は保湿ケアから美白、エイジングケアができる優れものです。毎日のスキンケアに美容液として取り入れるのがオススメです。

プラセンタ原液は、製造過程の規制があまり決まっていません。そのため原液と記載があっても、水で薄められている場合はあります。そのためプラセンタ原液を購入する場合は、値段、抽出方法、防腐剤などの有無、そして信頼できるメーカーか確認するようにしましょう。

またプラセンタ原液をスキンケアに取り入れる場合、通常の美容液と異なり、洗顔後すぐに使用するケースも多いです。そのため、しっかり使用方法を確認して使用するようにしましょう。

冬のスキンケアにプラセンタを取り入れ、美肌を手に入れましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「プラセンタ原液」のまとめ

プラセンタは生命エネルギーそのものです。

プラセンタ原液
原液美容液を顔に塗ることで心にパワーとやる気を与えてくれるでしょう。元気がでないときプラセンタ原液をスキンケアにプラスしてみて。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »