麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

痩身エステのホームケア

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


痩せたい!その願望は、永遠の女性のテーマのひとつではないでしょうか?

痩せるためには自宅でのケアだけではなく、美容のプロであるエステティシャンの力を借りるのがオススメ。それは自分の体と向き合い、パーソナルカウンセリングによるアドバイスがもらえるからです。

その結果、エステと自宅でのホームケアとの相乗効果が生まれ、痩せやすく、痩身エステの効果が出やすい体へと変貌するのです。

ここでは、痩身エステの役割や自宅でできるホームケアについて紹介していきます。

有効なホームケアを取り入れることで、痩身エステの効果も高め、痩身エステの効果も長続き。さらに痩せやすい体をつくることができますよ。

エステホームケア

痩身エステ役割とは

実は痩身エステだけでは、痩せて理想の体型になることはできません。

たとえ毎日エステの施術で汗を流し、電流で筋肉を引き締め、セルライトを揉み解したとします。しかし、あなたの生活習慣によっては、痩身効果がない場合もあるのです。

痩身エステは燃焼効果の高い化粧品やマッサージ、機械を使用してセルライトの除去や、血流を促進させ、むくみの解消ができます。さらには、たるみの改善をすることができます。

痩身エステで使用する美容成分は、吸収して痩せやすい体質に導くことも可能です。

しかし、その効果は2,3日なのです。痩身エステのメインはダイエットのお手伝い。痩身エステをするだけではなく、生活習慣の改善と併用することで、効果を実感できます。

痩身エステのメインはカウンセリングにあります。あなたの痩せるスイッチはどこなのか、邪魔をしているものが何かを探し出し、改善方法を見出すのです。

そうすることで、生活習慣や食生活を改善するきっかけが生まれます。そして新しいホームケアがプラスされることで、より痩せやすい体質に向かいます。さらに痩身エステの1回1回の効果も高まり、効果自体も長続きするのです。

痩せやすい体質づくりに向けてホームケアが重要なカギとなります。

エステのホームケア

痩身エステの効果も長続きさせるホームケアとは?

ホームケアで大切なことは代謝を高めること。代謝は「身体をつくる代謝」「エネルギーを消化する代謝」に大別されます。

ダイエットに大切なのは、このうちの「エネルギーを消化する代謝」です。この代謝を高め、食事などから摂取るカロリーよりもエネルギー(脂肪)を燃やすことで、痩せる体へと変貌を遂げるのです。

「エネルギーを消化する代謝」は「基礎代謝」、「生活活動代謝」、「DIT(食事誘導性体熱産生)」の3つに分けられます。

この中で最も消費エネルギーが高いのが、安静にしているだけで脂肪を燃やしてくれる基礎代謝です。基礎代謝は「エネルギーを消化する代謝」の消費エネルギーの70%を担います。

その次に、日常生活で体を動かす際や、運動時に消費するエネルギーの「生活活動代謝」が20%。食事の際、一部が熱となって消費される「DIT(食事誘導性体熱産生)」が10%です。

年齢とともに基礎代謝は低下するため、1つの代謝だけではなく、3つの代謝の底上げが、ホームケアではとても大切。その結果、代謝を上げることで、「脂肪が燃えやすく、溜めこまない」つまり痩せやすい体質へとなるのです。

痩せやすい体質は、痩身エステの効果も実感しやすく、長続きするようになりますよ。

基礎代謝の新常識

基礎代謝は、以前「筋肉によって約40%が消費される」と言われていたため、筋肉をつけることが最も大事とされていました。しかし実はこの情報は過去のもの。最新の基礎代謝情報が発表されているのを知っていますか?

新たな発表によれば、筋肉の消費エネルギーは基礎代謝の約20%程度です。この数字は基礎代謝の消費エネルギー量ランキングでいうと3位に位置します。

なんと基礎代謝の消費エネルギー量が最も多いのは肝臓なのです。肝臓は基礎代謝の消費エネルギーの約30%を担います。

もちろん筋肉をつけることも基礎代謝を高めるためには必要ですが、肝臓を活発化させることが、基礎代謝を高めるうえで最も効率的なのです。

エステのホームケア

【実践】代謝をUPさせる4つのホームケア

ホームケアでは、実際にあなたの体を見て、カウンセリングをおこなったエステティシャンからの提案を取り入れましょう。

ここでは、多くの人にあてはまる、痩身エステの後の効果を長続きさせるホームケアについて紹介します。もちろん、エステで施術を受けていない方でも、実践すれば痩せやすい体質へと導かれますよ。

代謝をUPさせる食事内容でホームケア

痩せるために過剰な食事制限や食べないダイエットをおこなう方もいますが、この方法は絶対NGです。リバウンドや自律神経のバランスを乱し、逆に太りやすくなります。食事は必ずきちんと行いましょう。

そして食事には「基礎代謝」や「DIT(食事誘導性体熱産生)」を高める働きがあります。この2つの代謝を高めるためには、内臓を温め、活性化するバランスのとれた食事が大切です。そのため食事にはスープなどの温かい食事や、体を温める効果のある生姜や唐辛子を取り入れましょう。

またダイエット中は嫌忌されがちなタンパク質ですが、臓器の組織にとってタンパク質に大切な栄養素。また「DIT(食事誘導性体熱産生)」でいちばん熱を発するのもタンパク質。そのため、しっかり取り入れてくださいね。

さらに、肝臓を活発にするオルニチンやクルクミンなどをサプリで取り入れるのも効果的です。

代謝をUPさせる「ながら運動法」でホームケア

痩せるための運動、と聞くと、激しい運動や、キツい筋トレをおこなうことをイメージされる方も多いのでは?

しかし実は、ホームケアではそこまで頑張る必要はありません。普段の生活で少し意識を変えるだけで十分筋肉は鍛えられるのです。

筋肉は、意識しながら使うだけで活動量が増えるとされています。そのため歩いて出かける際は、姿勢を正して体幹を意識しながら歩いたり、掃除のときに足や手の筋肉を意識するだけでよいのです。筋肉に意識を向ける「ながら運動」をホームケアに加えましょう。

ただし、痩身エステ後48時間以内は水分をたくさん摂取して、汗をかく運動をおこなうことがオススメ。体が活発な時間に体内の水分を入れ替え、「生活活動代謝」を高めることで痩身エステ効果を高められます。

代謝をUPさせる、お手軽半身浴でホームケア

半身浴は難しい事もなく、体を温め代謝をUPさせることができます。

特に痩身エステ後48時間以内は積極的に半身浴を取り入れ、汗を流すことで、痩身エステ効果を高められますよ。

代謝をUPさせる、規則正しい睡眠でホームケア

寝ている間は、筋肉量を増やす効果のある成長ホルモンが分泌されます。そのため十分な睡眠をとることは代謝UPに直結するのです。

その際注意したいのが、毎日の寝る時間です。夜更かしをしたり、睡眠不足が続く日があったり、十何時間も寝る日があるなど不規則な睡眠は自律神経のバランスを乱します。

自律神経の乱れは、代謝する消費エネルギー量に大きな影響を及ぼします。なるべく決まった時間に寝起きしましょう。寝つきの悪い人は、寝る3時間前に入浴して体温を上げるのがオススメ。

エステのホームケア

痩身エステの効果が長続きするホームケアまとめ

痩身エステ後は今回紹介したホームケアを取り入れ代謝を高め、痩せやすい体づくりをおこないましょう。

●食事内容でホームケア
●「ながら運動法」でホームケア
●半身浴でホームケア
●規則正しい睡眠でホームケア

そして痩身エステの効果を長続きさせながら、理想の体型を手に入れましょう。

美容心理士から「ホームケア」に効果的なカラーセラピー

部屋にのインテリアを取り入れましょう。そうすることで、自宅でホームケアのやる気を高めることができます。

エステのホームケアには赤

赤は行動や、エネルギーを現すカラーです。忙しい毎日。部屋ではどうしてもだらだら過ごしがちになります。

しかし、赤を取り入れることでストレッチやサプリの摂取などをテキパキとアクティブにこなし、元気に過ごすことができるでしょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »