麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


シートマスクやクレイ(泥)パック、炭酸パックなどさまざまな種類があり、定期的に取り入れてお手入れしている人も多いと思います。

でも、本当に自分の肌にそのパックが合っているのかどうか、迷うことはありませんか?

実は、パックの成分はもちろん、その形状によって肌悩みに合った選び方があり、使い分けることでさらに美肌アップが期待できるのです。

ここでは、その選び方とパックの効果的な使い方をお伝えします。

パック

「乾燥肌」対策・スキンケアにはシートマスク(パック)

乾燥が気になる方には、シートマスクがおすすめです。

シートマスクの魅力は、潤いがしっかりと密閉されること。
顔の輪郭にしっかり合わせたら、余った部分をカットして、目もとや口もとなど、シートが足りない部分やヨレやすい部分に貼り付けるといいですよ。

シートの上からラップを被せるとシート自体の乾燥を防ぐこともでき、また、自然なスチーム効果と密閉力でより潤い力が増します。

他にも、クリーム状で最後に洗い流すタイプや、時間が経つと固まるタイプのものなど、乾きにくく、密閉力があるものを選ぶといいですね。

シートマスクの正しい使い方とは

シートマスクの効果を高めるには、洗顔でメイクや汚れを落とし、化粧水を塗った後の清潔な肌に貼ることです。

〝長くつけていればいるほど、肌が潤う〟と思う方もいると思いますがそれは間違い。シートパックを長く貼り付けていると、外気に触れる部分から徐々に乾燥していきます。そこから肌の潤いを奪ってしまうので、逆に肌が乾燥してしまうのです。

シートパックの厚みや含まれる成分にもよりますが、だいたい5~10分くらいを目安にし、マスク自体が乾燥し始める前に、肌から外してください。

また、化粧水がしみるようなひどい乾燥の時は、このような浸透力の高いものは一旦中止し、ワセリンなど肌に浸透せずに外的刺激から肌をバリアするものでケアを。シートマスクは肌の調子を戻してから行うのが正解です。

シートマスクでスキンケア

シートマスクは自宅で作れます

乾燥や疲れなどを感じる肌を一気に底上げするには、シートマスクを毎日のスキンケアに取り入れるのがおすすめです。そして、ある程度の改善が見られたら1週間に2~3回の頻度に変えましょう。

でも、シートマスクを毎回購入するのは大変、という場合は自宅で簡単に作ることができます。

自宅にあるキッチンペーパーを精製水で浸し、水気は軽く絞ります。そこに、普段使っている化粧水をたっぷり含ませて、目元や鼻部分をはさみでカットすればオリジナルシートパックの完成。経済的かつ、効果的ですのでぜひやってみてください。
※精製水はドラッグストアで購入できます。

「くすみ・シミ」が気になる肌には炭酸パック

炭酸ガスの効果で新陳代謝を促す炭酸パックは、乾燥、エイジングケア、美白ケアなどあらゆる肌悩みに効果があることで知られています。

そのメカニズムを簡単に説明すると、まず、パックの中に含まれる炭酸ガスが毛細血管から血液ないに溶け込み、二酸化炭素濃度を上げます。

すると、体内では酸素不足と勘違いし、より多くの酸素を取り込もうと血管を広げます。すると、血流が促され、毛細血管までしっかり血液が行き届くので、肌細胞が活発になり、肌の調子が良くなるというわけです。

肌全体の機能がアップするので、シワやたるみ、ニキビやニキビ痕などにももちろん良いのですが、特におすすめなのがくすみやシミの改善です。

血液の巡りが良くなることで、血色が良くなり、くすみ肌もパッと明るくなります。また、巡りが良くなるということは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)も改善されるため、メラニン色素がいつまでも排出されないために生まれるシミを防いてくれます。

炭酸パックでスキンケア

「ニキビ・皮脂・毛穴が気になる肌」のスキンケアにはクレイパック

クレイとは、地中から採掘した粘土を乾燥させたもので、美肌に必要なミネラルを豊富に含み、殺菌作用、抗炎症作用、老廃物の吸収、血液循環の促進などが期待できます。

クレイは、毛穴の皮脂や汚れをやさしく吸着して排出するので、ニキビや皮脂分泌が気になる肌にはおすすめです。

ただ、乾く際には肌から潤いを奪ってしまうので、クレイが乾くまで肌の上にのせておくのは危険です。クレイを顔全体に塗ったら、クレイが乾かないように上からスプレーで化粧水を吹きかけるのもいいでしょう。

泥パックでスキンケア

「エイジング肌全般」が気になる方は、週1回のソフトピーリング

20代では28日間で新しく生まれ変わっていた肌も、30代~40代では45日かかり、50代ではそれ以上の日数が必要になります。これが、ターンオーバーの乱れといい、乾燥、シミ、シワなどさまざまな肌トラブルを招きやすくなります。

美肌を保つためには、このターンオーバーを正常な状態に戻すサポートをするのが効果的です。

そこで、ターンオーバーの乱れにより溜まってしまった不要な角質を取り除いて肌の再生をスムーズに促してくれるのがピーリングです。

ピーリングで使われる酸には、グリコール酸やクエン酸、乳酸、リンゴ酸などのフルーツ酸(AHA)があり、酸の選び方や、濃度、時間などを間違えると、肌ダメージにも繋がるので、エステサロンやクリニックでは慎重に行ないます。

市販のピーリング用品は、ほとんど「AHA」というフルーツ酸を使ったもので、あまり心配する必要はありませんが、いずれにしても過度の使用は避けましょう。

スキンケア不足を感じたり、毛穴の詰まり、ゴワつき、くすみなどを感じたりしたら、週1回のペースでのソフトピーリングをおすすめします。

パックでピーリング

肌状態に合わせたパック方法のまとめ

基本のケアにプラスして、パックというスペシャルなケアを効かせるには、現在抱えている肌悩みとパックの成分や形状を照らし合わせて、より適した方法を選びたいものです。

肌は常に一定ではありません。調子がいい肌も、翌日には乾燥したり、ベタつきを感じたり、くすみやシワが気になったり……と、常に変化するもの。

そんな時にためにも、シートマスク、クレイパック、炭酸パック、ピーリングなどから数種類を準備しておき、その時々の肌状態に合わせて必要なケアをプラスしていくことが、美肌へとつながります。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »