麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

かき氷

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


今まで体験したことがないような暑さが続きますね。こんな暑い日は、キンキンに冷えたジュースやアイスについつい手が伸びがち。しかしアイスやジュースばかり摂取していては、夏なのに太る原因につながる恐れがあります。

では暑いこんな日々にオススメなものは何でしょうか?

それはかき氷です。かき氷は組み合わせで、ヘルシーで栄養満点の夏に最適なスイーツになるのです。ここでは、今の時期に最適なヘルシーなかき氷レシピを紹介します。ぜひ、試しに作ってみてくださいね。

かき氷

夏は太りやすい?

夏は汗を大量にかくことから、ダイエットには最適な季節のように感じますね。しかし、実は夏は冬よりも基礎代謝が低下してしまいがち。それは夏の暑さや食べ物に関係があります。

まずは、夏の高い気温です。私たちの体は、常に体温を一定に保つようにできています。だからこそ、四季がある日本でも、常に体温を保つことができるのです。体温を一定にキープする働きのひとつが、基礎代謝。基礎代謝は、脂肪を燃やし、熱を産出することで、体温を調整する働きもあるのです。

しかし夏は、気温が体温に迫る暑さになります。そのため、夏の私たちの体は基礎代謝によって、熱をつくる必要がないのです。一方、冬は外気が低いですね。そのため体温を保つためにも基礎代謝を上げ、熱を生み出そうとします。そのため、夏よりも冬のほうが、基礎代謝が高くなるのです。

また夏は気温が高いことから、冷たい食事をしがち。アイスにそうめんなど、キンキンに冷えたものが食べたくなります。しかし、冷たいものばかり摂取していると、胃腸が冷えてしまいます。

私たちの体はデリケート。胃腸が冷えることで、自律神経も乱れてしまうのです。自律神経が乱れてしまえば、活動する神経、交感神経とリラクゼーションの副交感神経のバランスが乱れます。すると、体のだるさや睡眠不足など、体のあらゆるところに不調が出てしまうのです。

また夏の暑さが食欲を奪い、食べるものも偏り、栄養バランスも乱れがち。そんな不規則な栄養バランスは、体の不調を促進させます。

このような理由から、夏は他の季節に比べて、太りやすいのです。特に今年の夏は、異常な暑さ。基礎代謝は下がり、冷たいものばかり食べがちです。食べるものに気を付けながら、今年の夏もキレイに過ごしましょう。

かき氷

夏に最適スイーツ!かき氷

夏の暑い日にオススメなのが、かき氷。かき氷の主成分は、水分。だからこそ、他のスイーツに比べ、とてもヘルシーな上、水分補給までできる優れたスイーツです。体を冷やすこともできるので、オススメです。さらに他のスイーツに比べ、作り方も簡単。さらにアレンジ方法も無限にあることから、飽きずに楽しむことができます。

しかし、かき氷も一点注意が必要です。それはかき氷にかけるシロップ。シロップの種類によっては、主成分が砂糖と水のみ。ヘルシーなかき氷が一瞬で高カロリーになる場合があるのです。さらに練乳のかけすぎも注意したいところ。

夏はただでさえ、痩せにくい時期です。カロリーを減らすためにも、シロップにこだわるようにしましょう。シロップには、フルーツ果汁を使用したものがオススメ。フルーツをスムージーにしたものなどを使用すると、ヘルシーなうえに美容効果もアップします。甘みが欲しい場合は、栄養満点のはちみつで調整してみましょう。

かき氷
またかき氷で有名な台湾では、お茶を使用したかき氷も増えています。紅茶やほうじ茶をシロップのかわりに使用すれば、一味変わったかき氷が味わえます。また100%ジュースをシシロップかわりにすれば、シロップを使用せずともおいしく食べることができます。

店で食べる場合は、練乳は控えるのが良いでしょう。そして、シロップにこだわりのあるかき氷店をチョイスすれば、ヘルシーなかき氷に巡りあえるでしょう。お店で購入する場合は、シロップを少なめにして、フルーツたっぷりのかき氷を注文してみましょう。

とはいえ食べ過ぎは厳禁です。胃腸が冷えてしまい、自律神経が乱れてしまっては、ヘルシーなかき氷を食べていても、太る場合もあるからです。
量や頻度は、十分に注意してくださいね。

かき氷

ヘルシーかき氷レシピ

ヘルシーかき氷を楽しむためには、シロップが重要です。家でかき氷をつくれば、シロップは紅茶などの飲み物から、きな粉や抹茶などの粉、ヨーグルトやフルーツまでさまざまなものが使えます。自分好みのさまざまなヘルシーかき氷を作ることができます。かき氷の氷部分は、自宅用のかき氷機を使用するか、フードプロセッサーで代用しましょう。

そしてシロップは、100%ジュースやフルーツスムージーをかけてみましょう。この時期なら、スイカをスムージーにして塩を少々足し、シロップ代わりにするのもオススメです。味のアクセントにヨーグルトやはちみつを加えれば、ヘルシーなのに食べ応えのあるかき氷の完成です。スイカはリコピンがトマトより豊富。

シロップの代わりに使用すれば、美白効果やダイエット効果も得ることができます。一味変わったかき氷に挑戦したい方は、かき氷の氷自体をアレンジしましょう。

氷をイチゴやブルーベリーの冷凍フルーツを使用しましょう。シロップも不要で、大満足のかき氷が味わえます。そして、夏野菜の代表であるトマトもかき氷に最適です。トマトを冷やしてフードプロセッサーにかければ、トマトかき氷の完成です。少々の塩とはちみつを加えれば、おいしく食べられます。

氷の代わりに夏野菜やフルーツを使用すれば、おいしく、そしてヘルシーに豊富な栄養素も補給できるのです。夏はただでさえ、暑さで疲労しやすく体力が消耗しやすい時期。かき氷の氷をフルーツや夏野菜に変更して、豊富ビタミン類を補給しましょう。

さらに、シロップや氷のアクセントに甘酒を使用するのもいいですね。甘酒は米糀を使用したものにしましょう。砂糖不使用の自然な甘みが、味にアクセントを加えてくれます。

さらに甘酒は、ダイエット効果や美肌効果も高く夏に不足しやすい栄養素まで補給できます。甘酒の味が苦手な方は、バナナや豆乳を加えると味がマイルドになるので、食べやすくなります。あなた好みのかき氷を見つけ、この夏もキレイに、おいしく楽しみましょう。

かき氷

ヘルシーでおいしいかき氷で夏太り予防まとめ

夏にオススメのスイーツはかき氷。かき氷の主成分は水分なので、ヘルシーに食べられます。ただし気を付けなければならないのが、シロップ。シロップによっては、ヘルシーなかき氷も高カロリーになってしまうからです。お店でかき氷を購入する場合は、シロップの内容や練乳の量には十分に注意しましょう。

オススメは、自宅でつくるかき氷。かき氷のシロップは、お茶や100%ジュースなどに変えたり、氷にフルーツや甘酒を加え、ヘルシーなかき氷を楽しみましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「かき氷」まとめ

夏は冬より断然冷たいものを食べたり、飲みたくなるので内臓が冷えて肌荒れや代謝がさがり美容の大敵に。内臓機能を高めてくれる色彩効果は黄色

かき氷

黄色のレモンを絞ったかき氷で内臓強化を。特に胃を冷やすと不安になりやすくなるので黄色で不安な気持ちをリフレッシュして夏をたのしもう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »