麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

冬休みのスキンケア

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


もうすぐ仕事納めですね!

今年は5連休以上の冬休みがある方も多いでしょう。

そんな冬休みは、美容のメンテナンスにピッタリの期間です。時間に追われることなく、肌のケアができるからです。

ここでは冬休みにオススメの3つの美容術を紹介します。

休みの間にしっかり美容のメンテナンスをおこない、新年も潤いに満ちた肌で迎えていきましょう。

冬休みのスキンケア

プチ断食でデトックス

冬休みにオススメのケアのひとつが、プチ断食です。プチなので、何日も断食するわけではありません。1日だけ食事を抜く断食です。

特にこの12月は忘年会やクリスマスなど、豪華な食事や少々飲みすぎた方も多いでしょう。そして、年をまたぐとお正月や新年会で、また豪華な食事や飲む機会が増えていきますね。

そんな時の内臓はとても疲れてしまいます。そして疲れた内臓は脂肪の燃焼や肌のターンオーバーも衰退してしまいます。

そんな時にオススメなのがプチ断食です。内臓を休め、代謝を回復させることで、脂肪の燃焼や肌のターンオーバーの回復にさまざまな栄養を消費できるのです。

プチ断食の方法は簡単です。前日の夕食は20時までに軽く済ませ、翌日の断食に備えます。そして、断食当日は水1.5リットル以上を飲みつつ、食事は取らずに過ごします。

冬休みのスキンケア

ルイボスティーなどのノンカフェインのドリンクならば口にしても良いです。また、代謝を高める酵素ドリンクもどこかで飲むといいですね。

酵素に含まれる糖分は、分解されるとブドウ糖になります。このブドウ糖が血中に多くなることで、脳が食事をしたと認識するのです。そのため、お腹がすいたときにオススメです。

さらに酵素ドリンクはブドウ糖の摂取もできるほか、代謝を高めるビタミン群、ミネラル、そして酵素が豊富に入っているので、断食にピッタリなドリンクなのです。

私の場合は、自分で開発して販売もおこなっている「トータルビューティTEA」を断食中に愛用していました。厳選した9つの素材を配合したお茶で、フルーツプラセンタやサラシアをはじめ美肌とダイエットに効果的な栄養素が詰まっています。

さらに、ノンカフェインなので断食中にもピッタリなのです。

そして、断食の1日が終了した翌日は、徐々に普通の食に戻していく回復食期間です。翌日はおかゆのみを3食とりましょう。おかずや間食は禁止です。

おかゆは消化も良く、腸内環境を整える効果もあります。腹八分目で抑えれば、より内臓を徐々に通常食へ対応できるように準備していきます。

断食後すぐの内臓は、栄養が少なくなっています。すぐに通常食に戻してしまうと、断食した期間は、特別だったのだと誤解して、通常の食事のいらない油分や糖分までも吸収してしまうので、気を付けましょう。

また、断食中はタバコやアルコールなどの刺激物は控えてくださいね。そして、貧血などの体調不良が出た場合は、必ず断食を中止しましょう。

冬休みのスキンケア

半身浴で、全身ケア

休みの日は、必ず毎日入浴も取り入れたいですね。入浴は浸かるだけでリラクゼーション効果が得られます。毎日忙しく働いていた方こそ、入浴して日ごろの疲れをとりましょう。

ストレスがない体は肌にとっても、ダイエットにとっても美容効果が高まります。しっかり、この機会に体も癒していきましょう。

また入浴の湯船を利用して、パックを取り入れるのもオススメです。いつものパックよりも美容成分の吸収率が高まります。オススメはクリームや洗い流すタイプのパックです。

ラップパックなどは、入浴中のパックにはあまり向きません。そのため、徐々に肌内部に浸透させていくこれらのパックを取り入れていきましょう。

また、ボディの乾燥にもクリームパックが効果的。湯船から出している手元やヒジなどは積極的に取り入れてくださいね。

そして入浴後は、浴室の中でたっぷりのボディクリームで肌を潤していきましょう。浴室の外に出てしまうと、今の季節は急激に肌が乾燥してしまいます。

適度に水滴がついている状態は、ムラなくボディクリームが濡れます。

新年をマシュマロ肌で迎えるためにも、入浴後のボディケアもしっかり取り入れていきましょう。

冬休みのスキンケア

いつもよりも丁寧なスキンケアで潤い肌へ

そしてスキンケアもいつもよりも丁寧におこないます。冬の時期は、特に保湿が必要です。

特に今年は全国的に冷え込むところが多く、血行も滞りがちです。ローションパックやシートマスクを取り入れて、たっぷりの水分と美容成分を補給して、肌内部から活性化させていきましょう。

ローションパックをおこなう際は、しっかり水分を肌内部に補給するために、ラップやシリコンカバー、シャワーキャップなどで水分の蒸発を防いであげるとより効果的。

パック時間を有効に使うために、唇にもたっぷりのリップクリームや保湿クリームを塗っていきましょう。さらに、首元などにホットタオルやレンジでチンするタイプのホットカイロなどを載せるだけで、血行が促進され、よりパック効果が高まります。

そして休みの期間は、さらにもうひと手間加えていきましょう。パック中にヘッドマッサージをしていくのです。痛気持ちいい圧で頭皮全体を揉み解していきましょう。

頭皮は足の裏と同じようにたくさんのツボがある部分です。

このツボを刺激してあげることで、血行を促進させ、パックの効果を高めます。さらに頭皮は肌とつながっている部分です。筋肉をほぐすことで、リフトアップ効果も得られます。特に耳の周りまでしっかりほぐしていきましょう。

そして、仕上げに耳のマッサージもおこなっていきましょう。耳全体をつまみながら、グルグルと回し、ほぐしていきましょう。耳の周りには、リンパがたくさんあります。

リンパの流れをよくすることで、顔周りもスッキリとしていきますよ。

そして、パックを外したあとは、たっぷりの乳液やクリームで、水分を肌へ留めていきましょう。

その際、手のぬくもりを感じるように顔全体を包み込みながら、ゆっくりと手に肌が吸い付くようになるまで、クリームをやさしく押しなじませていきましょう。

このケアを毎日続けることで、新年を潤いに満ちた美肌で迎えることができますよ。

冬休みのスキンケア

冬休みの間にキレイになる美容術まとめ

冬休みには、特別なケアの数々で1年頑張った自分や肌を労わっていきましょう。そして、新年に向けて、また美しい肌へボディを作っていきましょう。

オススメの冬休みの美容術は、プチ断食と半身浴と特別なスキンケアです。プチ断食を取り入れることで、疲れていた内臓を休ませ、代謝をアップさせる効果があります。

そして半身浴には、ストレス解消効果が!1年の疲れを翌年に持ち越さないようにしっかり取り除いていきましょう。

そして、冬休みだからできる手をかけたスキンケアをしていくのがオススメです。しっかりローションパックなどで水分を肌へ補給していきます。

そしてマッサージも取り入れ、パック効果を高めていきましょう。

そして新年を、潤いに満ちた肌で迎えましょう。

美容心理士による「美容術」のためのカラーセラピー

断食後に食べるお粥の白の色は、心のデトックスを促進する浄化作用があります。

冬休みのスキンケア

真っ白な心で自分の可能性を広げる新年の目標を掲げてみましょう。

また白は完璧をにやり遂げるのもサポートしてくれます。

正月休みの美容術を成功へと導いてくれますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »