麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

美尻ケア

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


夏がすぐそこまでやってきました。今年の夏休みの計画に、バカンスで海を満喫するプランやプールに出かける予定を入れている方もいるでしょう。

水着を着る際にウエストや足、二の腕を気にする方が多いですね。しかし今年は水着を着る前にお尻をチェックしてみましょう。お尻は位置や形を気にする方は多いですが、隠れた肌トラブルを見逃しやすい部分です。

どんなに形の良いお尻でも、黒ずんでいたり、ニキビができていれば、美尻とは言えません。今回は、より水着を楽しむためにも美尻ケアを紹介します。水着を着るまでに美尻を手に入れましょう。

美尻ケア

お尻の肌トラブルとは

まずは、鏡で自分のお尻をチェックしてみましょう。お尻の形や位置を気にする方は多いですが、お尻の肌トラブルは見逃しがち。実はお尻は肌トラブルが起きやすい部分。特に肌の黒ずみやニキビができやすい部分なのです。

当然のことながら、お尻は座った時に体重がかかる場所です。体重がかかる場所であり、そして衣類や下着による摩擦も加わるため、刺激から肌を守るために、お尻は角質を厚く、硬くして古い角質を蓄積させていきます。その結果、お尻がくすみ、黒ずみとなってしまうのです。

また角質が厚くなれば、肌表面はザラつきやすく、化粧品の浸透を妨げるため、乾燥しやすくなります。乾燥が進めば、より黒ずみを生み、肌をごわつかせてしまうのです。

さらに近年では、デザイン重視の締め付ける下着や細身の衣類が多くなってきています。これらの衣類や下着は、見た目はいいものの肌にはよくありません。衣類などで締め付けると、生地とお尻の肌に摩擦が生じますね。

摩擦による刺激から肌を守ろうと、体はメラニンを生成して対抗しようとします。メラニンは通常、ターンオーバーとともに排出されますが、お尻の皮膚は摩擦や圧力により分厚く、ターンオーバーが長くなりがち。そのため、メラニンが排出されずに蓄積され、黒ずみとして表れてしまうのです。

美尻ケア

お尻の黒ずみの原因のひとつには、ホルモンバランスの乱れもあります。特に女性ホルモンのバランスが崩れると、黒ずみが発生する恐れがあるのです。

そのため妊娠や出産時には、お尻が黒ずみやすくなると言われています。その際の黒ずみは数ヵ月で自然に治りますが、生理不順による黒ずみは要注意。

生理不順が長引くことで、お尻の黒ずみも治りにくくなります。基礎体温の管理をしつつ、婦人科に相談して、生理不順をしっかりとケアするようにしましょう。

そして、お尻はニキビやブツブツとした吹き出物が出やすい部分でもあります。これは、お尻が衣類との摩擦や体重による圧力によって角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすい状態になっているから。さらに長時間座りっぱなしだと、汗をかき、過剰な皮脂が分泌され、ニキビを悪化させるアクネ菌が増殖しやすい環境を作ってしまうのが原因です。

さらにお尻は、角質が顔に比べて厚いため、ニキビが治りにくく、ニキビ跡が残る場合も多いです。そのため、ニキビを予防するお尻ケアも重要になってきます。

美尻ケア

美尻ケアのために今すぐチェック

美尻を目指す際に、必ず確認してほしいことがあります。それはあなたが身に着けている下着とお尻のケア方法

まずは、下着のサイズです。

あなたの今身に着けているサイズは、小さすぎたり、締め付けが強かったりしませんか?

下着のサイズが小さく、締め付けが強い下着は、お尻に摩擦を与えやすく、黒ずみの原因となります。美尻に導くためには、摩擦などの刺激を与えないようにすることが重要です。

だからこそ、下着の素材にも要注意。特にナイロン製の下着は、肌に摩擦を与えやすいので、避けましょう。下着を選ぶ際は、お尻をすっぽりと包み、肌触りのよい天然素材のものを身に着けることで、黒ずみを予防できます。

着圧やガードルを選ぶ際も、お尻の締め付けがきつすぎない、通気性の良いものを選ぶのがオススメです。

そして、お尻の乾燥も黒ずみやニキビの原因に。お尻も顔と同じようにゴシゴシと洗うのはNG。この洗い方は、肌を乾燥させ、黒ずみやニキビの原因になります。

お尻ケアは、古い角質を取り除くこと、そして保湿が重要です。お尻を洗う際は、たっぷりの泡で包み込むように、優しく洗いましょう。そして洗い終わったら、しっかり保湿することが大切です。ボディークリームやボディローションでしっかり保湿していましょう。

さらに定期的にピーリングケアを取り入れることで、お尻の黒ずみやニキビ対策ができます。また、これからの季節は、お尻もたっぷり汗をかきます。こまめに着替えることもニキビや黒ずみの対策になりますよ。

美尻のための下着選びを心がけ、今日から正しいお尻ケアを取り入れて美尻を目指しましょう。

美尻ケア

エステサロンで美尻ケア!

とはいえ、お尻のケアは、顔よりも効果を実感できるまでに時間がかかります。今からお尻ケアを始めて、水着を着るまでに美尻にするのは、正直、少し難しいかもしれません。

お尻ケアは根気よく続けることが大切ですが、エステサロンを利用することで、より早く、確実に美尻に導くことができます。

エステサロンの施術では、顔と同じように肌のクレンジングなどをして、古い角質を除去します。その後パックなどで美白、保湿ケアをおこなってくれます。特に、お尻は角質が厚くなりやすい部分。そんな角質をピーリングでしっかり除去して、お尻の黒ずみやニキビの原因を取り除きます。

古い角質を取り除くことで、お尻の肌のゴワツキも改善します。お尻のざらつきや乾燥対策にもなりますから、エステでのピーリングとパックのコースを、ぜひ検討してみてください

そしてエステの施術の魅力は、美尻に導く専門機器を使用している点。お尻に使用する機器は、エステサロンによってさまざまですが、私のオススメは高周波オゾンを当てること。

オゾンには塩素の約6倍もの殺菌力を持っています。オゾンを照射することで、肌表面を清潔に保ってくれる働きがあるのです。この高い殺菌力はニキビ対策に効果的

ニキビの原因であるアクネ菌の活動を抑制し、ニキビ予防をしてくれるのです。さらに炎症を抑える効果もあることから、できてしまったニキビをより早く鎮静化させ、回復させてくれます。

さらにオゾンには、新陳代謝を促進させて、肌のターンオーバーを正常に導く働きも。肌の土台となる真皮層の働きも活性化させる作用があるので、肌の再生力を高め、潤いのある美尻をつくります。

高周波オゾンの機器がない場合は、フォト照射もオススメです。

そして、最後の仕上げでたっぷりの保湿成分と美白成分のパックとおこなうのも、エステサロンならではのケアと言えます。1回の施術で黒ずみやニキビ、ざらつきに効果があるので、その後の自宅ケアと併用することで、夏の水着を思いっきり楽しむことができますよ。

私のサロンでも、お客さまのご要望から美尻エステのコースを始めています。お尻全体のピーリングと高周波オゾンの照射、美白パックを取り入れていることで、施術後のお尻に大満足いただいていますよ。

美尻ケア

お尻の黒ずみ、ニキビを退治する美尻ケアまとめ

お尻は、摩擦や座る圧力により角質が厚く、硬くなります。その影響から黒ずみやざらつき、ニキビのできやすい部分です。お尻は形や位置だけではなく、肌トラブルも予防して美尻を手に入れましょう。

そのためには、まずは下着の種類と自宅でのお尻ケアの見直しが重要です。そして結果が出るまでに時間がかかる部分だからこそ、エステサロンの併用がオススメ。

エステサロンで古い角質をしっかりはぎとり、たっぷりの美容成分を補給して、美肌な美尻を手に入れましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「美尻」のまとめ

最先端の美容!美尻ケアをしている女性の共通点はスリムなボディを持たれている方が多いということ。ダイエットがしっかりできているから、次にその先のケアに目が行き届くのです。

そんな美尻女性から学ぶダイエット法は
①コントロールされている食事
②食に依存していない
③おかしを食べる習慣がない

美尻ケア

ダイエットがまだ満足いっていない方まず美尻ケアをすると上記のマインドになれる近道!美尻ケアをしっかりして美的満足をみたせれば食べすぎないかも!


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »