麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

シミ

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


夏が近づくほどに、力を入れる方が多くなるのが「シミ予防」。シミ予防は、一時だけではなく、生涯付き合い続けるものです。「シミ予防」と聞くと「なんだか難しいことばかり…」と感じる方もいるかもしれませんね。

しかしシミ予防は、簡単なひと手間でできるものばかりです。今回は、今日からできるシミ予防方法を紹介します。毎日のライフワークにできる項目から取り入れてみてくださいね。

シミ

シミの原因

そもそもシミはなぜできてしまうのでしょうか?

シミは肌を黒く染めるメラニン色素が過剰生成され、肌に浮き出ている状態。とはいえ、メラニン色素は必ずしも悪役ではありません。通常は、肌を守るために活躍してくれる大切な成分。ただし、問題はその量。過剰に生成されると皮膚に沈着を起こし、シミの原因となってしまうだけです。

メラニン色素が過剰に生成される要因のひとつが、シミの原因として多くの方がご存知の「紫外線」です。紫外線の中でも短い波長で、肌を黒く焼いてしまうUVBは、肌内部のDNAを傷つけるほどの攻撃力を持っています。そのため、肌はUVBのもたらすダメージから肌を守ろうと、メラニン色素を過剰生成してしまうのです。

しかし、過剰にメラニン色素を生成しても、ある程度の量であれば問題ありません。古い角質とともに、肌の外へとメラニン色素がターンオーバーで排出されるため、シミにはなりません。

しかし、紫外線はDNAを傷つけてしまいます。その影響により、メラニン色素を生みだすメラノサイトが変異する恐れがあるのです。変異したメラノサイトは、ダメージを受けていなくとも、メラニンを過剰に作り続けてしまうことがあります。

シミ

本来必要でないほどの過剰なメラニンは、ターンオーバーでも排出しきれず、そのまま肌に残ってしまいます。その結果、シミが増えてしまうのです。

またシミの原因は、紫外線だけではありません。加齢だけでなく、乾燥などにより、肌のターンオーバーが正常に機能しなければ、メラニン色素を本来のように排出できなくなり、シミにつながります。

さらにストレスなどで発生する活性酸素もシミの引き金に。体内に活性酸素が発生すると、メラニンを多量に生成させる恐れのあるメラノサイト刺激ホルモンを分泌してしまうのです。活性酸素は、睡眠不足や激しい運動によっても発生するので、注意しましょう。

またニキビや虫刺されの箇所に、炎症痕のシミができてしまう方もいるでしょう。これもまたメラニン色素が関係しています。ニキビや虫刺されなどの炎症時、肌は炎症を食い止めようとさまざまな機能を活性化させます。

その際に、残念ながらメラノサイトの働きも活性化させてしまうので、メラニンが過剰に生成され、炎症後はシミになりやすくなってしまうのです。

さらに、肌を激しく叩く、こするなどの行為もシミの原因のひとつ。叩く、こするといった行為を肌が刺激と感じ、肌を守るためにメラニンを過剰生成してしまいます。とくにスキンケアやメイクの時に叩き込んだり、肌をこすっている方をよく見かけます。シミを予防するためにも、思い当たる方は注意してくださいね。

シミ

今日からできるシミ予防

シミはしっかり予防することができます。シミ予防で大切なのが、紫外線対策。そして正しい洗顔と保湿ケアです。

紫外線は、シミの原因のひとつ。シミ予防のためには、紫外線対策が欠かせません。紫外線対策で重要なのが、日焼け止め

近年では、メイク用品にUVカット作用があるアイテムがほとんどですね。だからといって、安心しすぎていませんか?

メイクをした直後は、ムラなく日焼け止め効果があります。しかし、メイクは時間とともにムラが出たり、はがれたりしますね。そのムラに紫外線によるダメージが加われば、当然肌には大きな負担がかかることになります。日焼け止めはこまめに塗りなおすことが大切です。

また、室内だからといって安心しないでください。紫外線の中には、窓をすり抜けて降り注ぐ波長が含まれています。シミ予防のためにも、室内でも、日焼け止めを毎日活用しましょう。

またそれにプラスして、外出時には日傘やUVカット作用のある衣類も活用してみてください。さらに自宅であれば、オススメなのがUVカット作用のあるカーテンです。窓を通り抜けてくる紫外線を食い止めてくれるので、とても便利です。

さらに飲む日焼け止めもオススメ。肌に塗る日焼け止めと併用すれば、シミ予防に高い効果を発揮します。併用することで、体の内外から紫外線によるダメージを食い止めてくれるからです。また飲む日焼け止めには、抗酸化作用が高いものが多く、シミの原因のひとつである活性酸素の抑制にも役立ちますよ。

シミ

とはいえ、シミ予防は紫外線対策だけでは不十分。正しい洗顔と保湿ケアも大切です。なぜ正しい洗顔が必要になるかというと、間違った洗顔によるダメージもシミの原因になるから。

洗顔はたっぷりの泡で優しく、手早く洗い、丁寧にすすぐのが基本です。手でゴシゴシと洗う行為は、肌に刺激を与え、メラニン色素を大量に発生させてしまうので、注意してください。洗顔は1分以内が基本です。短い時間で、しっかり汚れを落とすには、洗顔は皮脂の分泌量が多いTゾーンから洗いましょう。

そして洗顔後は、すぐに保湿ケアをおこなってください。乾燥は肌のターンオーバーを乱し、古い角質を蓄積させるため、シミの原因を作ってしまいます。化粧水などは、皮膚が薄い部分の多いUゾーンからつけるのがオススメです。そしてシミ予防のためにも、化粧品を美白シリーズでそろえるのも良いですね。

しかし肌が乾燥している際に美白化粧品を使用すると、肌に過剰な刺激を与えて逆効果にことも。まずは保湿ケアを徹底し、肌の調子が整ってから美白化粧品を導入しましょう。シミ予防には、メラニン色素の生成を抑制し、色素を還元するビタミンC誘導体、メラニン色素の排出を抑えるプラセンタエキスなどが高配合の化粧品がオススメです。

また化粧品のつけ方もシミ予防には重要。いまだに化粧品をパンパンと叩きこむ方を見かけます。しかし、その行為はシミの原因になります。コットンで激しくこすりつけるのもNGです。シミ予防のためにも、化粧品も優しく、素早くつけるのが大切です。肌に刺激を与えないよう、手の平で顔を包みこむように、優しく、ムラなく化粧品を浸透させましょう。

シミ

生活習慣を見直してシミ予防

シミ予防には、紫外線対策やスキンケアだけではなく、ライフスタイルの改善も効果的です。例えば、睡眠。睡眠不足は活性酸素を発生させる原因に。さらに睡眠時間は肌のメンテナンス時間でもあります。栄養を補給したり、細胞の再生や修復は睡眠時間におこなわれます。だからこそ、シミ予防のためにも、良質で十分な睡眠時間が重要です。

さらに食事やサプリメントによるビタミンCやビタミンB2の補給も、シミ予防に効果的。美白化粧品にも配合されるビタミンCは、食事やサプリメントで補うことで、体内の活性酸素の抑制に効果を発揮します。

さらにビタミンCは、シミ予防効果だけではなく、コラーゲンなどの生成を促すことで、美肌作用も高いです。しかしビタミンCは、残念ながら体内に一定量しか保持できません。だからこそ、こまめな摂取が必要です。

これから夏に向けて旬を迎える野菜や果物はビタミンCを豊富に含むものが多くなります。サプリメントを併用しながら、旬の食材をしっかり摂取しましょう。

またビタミンB2には、肌の代謝を促進してくれる作用があります。ビタミンB2はレバーや豆類、たまごや落花生などに多く含まれます。ビタミンCと併せてバランスの良い摂取を心がけ、シミ予防効果を高めましょう。

シミ

今日からできるシミ予防方法を紹介!まとめ

シミ予防は、簡単なひと手間を加えることで、今日から強化できます。シミ予防に大切なのは、紫外線対策と正しい洗顔、そして保湿ケアの徹底です。それに加えて生活習慣を見直せば、シミ予防効果をさらに高められます。

ぜひ、今日からシミ予防を強化しましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「シミ予防」まとめ

ストレスを感じると体内に活性酸素が発生します。目には見えないシミの原因である活性酸素を撃退するためにはリラックスが一番。

シミ

特に後悔、罪悪感、自責の念を感じた日は、夜寝る前に手放してから就寝を。朝日とともに新しい自分になって今日、今を生きていきましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »