麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

pixta_50653122_S

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


年々、濃くなるシミに悩んでいる方はいませんか?

シミは放置すればするほど、濃くなってしまいます。しかし、恐れることはありません。しっかり毎日ケアをおこなえば、対策ができます。今回は、シミ対策に有効な美白と、保湿成分を使用したスキンケアについて紹介します。

気になるシミを改善したい方はもちろん、シミを予防したい方もぜひ試してみてくださいね。

美白ケア

シミ対策に!3つの美白ケア

シミの原因といえば、紫外線と考える方が多いですね。しかし、紫外線はシミの原因のひとつにすぎません。紫外線のダメージが肌に及ぶことで、私たちの体はメラニンを生成し、肌を守ろうと働きます。

このメラニンの生成を促すダメージは、紫外線だけではなく、間違った洗顔による刺激や、パンパンと叩きながら化粧品をつける摩擦刺激なども含まれます。しかし、これらがシミのすべての原因ではありません。

肌への強いダメージを含め、過剰なストレスやホルモンバランスの乱れなど、なんらかの影響により大量にメラニンが作られてしまうこと、そしてそのメラニンをターンオーバーとともに排出できないことが、シミの原因です。様々な原因によって肌内部にメラニンが蓄積され、シミが年々濃くなってしまうのです。

だからこそシミ対策には、美白化粧品によるメラニン生成の抑制やメラニン色素の還元、保湿ケアによるターンオーバーの正常化、そして紫外線対策の3つが重要です。それぞれのケア法を詳しく説明します。

美白ケア

美白化粧品でシミ対策

美白化粧品には、メラニンの生成を抑制し、シミを予防する美白成分が配合されています。美白成分として有名なのが、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、ハイドロキノンなどですね。これらの美白成分は、メラニンの生成をさまざまな方法で抑制することから、シミ予防に最適です。

またビタミンC誘導体には、シミの黒い色素であるメラニン色素を還元させ、薄くさせる作用もあります。

たくさんの種類がある美白成分のなかでも、私がオススメする美白成分は、プラセンタとグロースファクターです。

プラセンタのなかでも、動物由来のプラセンタのなかには、ビタミンCなどの豊富な栄養素が含まれています。それらの栄養素がメラニンの生成を抑制し、肌のターンオーバーを正常へ導くことで、美白効果を高めてくれるのです。

一方、グロースファクターといわれる細胞増殖因子は、肌の生まれ変わりをサポートすることで、シミに作用します。豊富に存在するグロースファクターのなかでも、美白ケアに特にオススメなのが、「TGF」と「FGF」。TGFには、高いメラニン抑制作用があります。メラニンの生成を根本から阻止する作用で、シミを予防してれるのです。

さらにFGFは肌の土台となる真皮の再生に有効なグロースファクター。肌の奥から生まれ変わることで、できてしまったシミはもちろん、たるみやシワの改善にも効果的です。
これらのグロースファクターは、ターンオーバーがおこなわれる表皮の再生に効果的なEGFと使用することで、より高い美白効果が得られます。

動物性プラセンタに含まれる豊富な栄養素の中には、グロースファクターも含まれているのです。

シミ予防、対策のためにも、これらのオススメ成分がしっかり配合された化粧品を取り入れてみてください。私は今回紹介したプラアセンタはもちろん、TGF、FGF、EGFを含む5種類のグロースファクターを配合している「Gセラム」を使用しています。朝晩1ヵ月使用しただけでも、シミが薄くなったのを実感していますよ。

美白ケア

保湿化粧品でシミ対策

シミ対策には、乾燥を防ぎターンオーバーを正常に導く保湿ケアも重要です。シミの原因となるメラニンは、本来であれば、古い角質とともに排出されます。しかしターンオーバーが乱れてしまえば、古い角質だけではなく、メラニンも肌内部に留まり続け、シミの発生や、すでにあるシミの悪化リスクを高めてしまうのです。

だからこそ、シミ対策には保湿ケアも欠かせません。保湿力を高めるためには、肌内部の水分が重要です。肌内部で水分をしっかり溜め込めるようにするには、「エクトイン」や「ラズベリーセラミド」などの保湿成分がオススメ。

エクトインとは、極限環境であるエジプトの「塩湖」のなかに棲む唯一の生命体「ハロゲン系微生物」に含まれるアミノ酸の一種です。自身の体積の4倍もの水分を保持することができる高い保水力で、肌内部を水分で満たす作用があります。

また保湿力を高めるのに欠かせない成分であるセラミドも忘れてはいけません。セラミドは、肌内部で保湿機能はもちろん、バリア機能を担う要である細胞間脂質の主成分。化粧品に多く含まれるセラミドのなかでも、バイオセラミドや天然セラミドが、人間のセラミドと構造が似ていることで、保湿ケアの強い味方となります。

私のオススメセラミドは、「ラズベリーセラミド」。人間の細胞間脂質と構造が似ていることで、化粧品で補給することで、水分を肌内部にしっかり留めるサポートをします。
肌内部をしっかり水分で満たすことで肌の基盤を整え、肌のターンオーバーを正常な周期に導いてくれるのです。

エクトインやラズベリーセラミドの補給にオススメなのが、「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」。どちらの成分も豊富に配合しており、肌の保湿力を高めてくれます。サロンやプライベートでも取り入れていますが、秋から冬の乾燥の季節でも、肌に潤いを感じられています。

「Gセラム」と併用することで、よりシミ対策に効果を発揮しますよ。

美白ケア

紫外線対策でシミ予防

美白ケアと保湿ケアを徹底していても、紫外線対策をおろそかにしていては、シミは年々濃くなってしまいます。美白ケアと保湿ケアとあわせて、毎日の紫外線対策が重要です。

紫外線によるダメージは、夏だけではありません。秋から冬にかけても、紫外線によるダメージは受け続けてしまいます。紫外線は休むことなく、毎日降り注いでいるのです。だからこそ、一年を通した日々の紫外線対策徹底こそが、シミ対策に必要です。

日焼け止めクリームによる紫外線対策はもちろん、サングラスや飲む日焼け止めによる紫外線対策も有効です。秋から冬は、日差しが弱まるせいで、ついつい紫外線対策をおろそかにしがち。シミを予防するためにも、毎日欠かさず紫外線対策をおこなってくださいね。

美白ケア

エステティシャンオススメ美白&保湿成分まとめ

シミ予防やシミ対策には、美白ケア、保湿ケア、そして紫外線対策の3つが有効です。美白ケアにはプラセンタやグロースファクター配合のGセラムがオススメです。

そして保湿ケアにはエクトインやラズベリーセラミド配合の麻布十番塩澤式エスティングシリーズを。併用することで、メラニンの生成を効果的に抑制し、向上したターンオーバーによって体内のメラニンを排出して、シミを予防してくれます。紫外線対策もおこなえば、未来のシミを予防できますよ。

毎日のシミ対策の参考にしてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「シミ対策」まとめ

シミは生きている!ケアすると薄くなるし放っておくと濃くなるシミ。植物を育てるようにシミをケアしましょう。

美白ケア

いつもあるシミを愛でてあげるとその愛に応えてくれるでしょう。セルフケアは心にも優しい、美白ケアを頑張りましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »