麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

ほうれい線

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


鼻の両側から口元にかけて刻まれるほうれい線。このほうれい線は一度できてしまうと年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。だからこそ、毎日のほうれい線対策が大切になってきます。

ここでは、ほうれい線の原因やほうれい線対策に効果のあるマッサージやエクササイズの方法について紹介します。毎日ほうれい線対策を取り入れ、若々しい印象の肌を手に入れましょう。

ほうれい線

ほうれい線の原因とは

ほうれい線ができる原因をご存じですか?

ほうれい線の原因はさまざまですが、乾燥や紫外線、女性ホルモンの低下や表情ジワ、そして姿勢などが原因として考えられます。特に20代、30代のほうれい線は乾燥や紫外線によるものが大半だと言われています。

紫外線が肌に与えるダメージはとても深刻。ただ肌の表面を傷つけるだけではなく、肌の奥底、肌の土台ともなるコラーゲンやエラスチンまでも破壊してしまうのです。その結果、肌の弾力はなくなり、乾燥しやすい肌へとなってしまいます。

そして、肌の乾燥が促進してしまえば、肌の表面、角質層は常に乾いている状態。肌内部の水分は常に外へ蒸発することから、皮膚が硬く、そして厚くなりほうれい線ができやすくなるのです。さらに十分な水分が肌内部にない場合、外からの刺激にとても敏感。肌のバリア機能が弱まっていることから、紫外線からダメージも深刻になるのです。

また、年齢を重ねると女性ホルモンの低下によるほうれい線も出てきます。女性ホルモンは、肌の土台となり肌の弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成に重要なホルモン。この女性ホルモンの生成が低下することで、シワのできやすい肌の状態へとなってしまうのです。

さらに、年齢を問わず注意したいのが表情ジワです。普段の表情で口角を下げるような、怒っているようなネガティブな表情が多いと、ほうれい線ができやすくなります。また反対に豪快に笑いような方も笑いジワがほうれい線のようになる場合も。

表情ジワとは、同じ表情を繰り返すことで顔の筋肉がこり固まり、緊張状態が続くことでできてしまうのです。

そして、近年深刻なほうれい線の原因となっているのが姿勢です。スマホやPCが普及したことから、普段の視線が斜め下を向いていることが多い現代。その影響でどうしても姿勢が猫背になりやすいのです。

猫背は顔の筋肉を含め重力によりたるみやすい状態を引き起こします。そのためほうれい線も自然とできやすくなってしまうのです。

ほうれい線

ほうれい線対策に保湿ケア

それではほうれい線対策をするためには、どうすればよいのでしょう?

さまざまな対策方法がありますが、まず大切なことは保湿ケアです。特に浅く、細かいほうれい線は乾燥が原因です。そのため乾燥を対策する保湿ケアが大切になります。保湿ケアの基本は洗顔後のスキンケアです。

洗顔すると、肌内部の大切なセラミドなどの保湿成分も洗い流されてしまいます。そのため、洗顔後の肌はとてもデリケート。肌のバリア機能が回復するには24時間以上かかると言われています。だからこそ、しっかりと保湿成分を含む化粧品で肌を守ることが大切なのです。

特に洗顔後の肌には、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、エクトインなどの美容成分を補給していきましょう。保湿ケアを徹底すると乾燥によるほうれい線対策ができるだけではなく、紫外線によるほうれい線対策にもつながります。

肌に充分な水分を蓄えた肌は、バリア機能が高まり、紫外線を含む外からの刺激に強い肌になるのです。とはいえ、紫外線は肌内部の水分だけでは防ぎきれません。

季節問わず、毎日UVケアをおこない、しっかり紫外線を予防していきましょう。

ほうれい線

ほうれい線対策マッサージ

そして、ほうれい線対策にはマッサージもオススメです。マッサージをほうれい線対策に取り入れることで、顔全体の血行を促進させ、肌代謝を高めることができます。

さらに顔の筋肉をほぐすことで、ほうれい線の対策へとつながるのです。そして、このマッサージによる肌の活性化は乾燥予防やたるみ対策にもなります。ほうれい線対策マッサージは方法もとても簡単です。

ほうれい線は頬の筋肉が関係しています。そのためこの頬の筋肉の緊張を緩めることが大切。そこで簡単なのが頭皮のマッサージです。頬の筋肉は側頭部や耳の周りの筋肉とつながっています。そのため側頭部、耳をほぐすマッサージを取り入れましょう。

方法は、側頭部を両手でほぐすだけです。その際しっかり指の腹で地肌をとらえ、地肌を動かすようにゆっくりと円を描いていきましょう。そして耳の周りも心地よい力加減でほぐしていくことが大切です。

最後に耳全体をやさしく手で包み込み、円を描くように耳全体を動かしていきましょう。そうすることで、側頭部、耳周りの筋肉を緩め、ほうれい線を対策ができます。この時点で顔がポカポカとしてくるでしょう。

ほうれい線
そこから首を右回し、左回しと何度か回し、その後ほうれい線からこめかみにかけて2本の指をゆっくり、優しく5回ほど滑らします。その後、こめかみから鎖骨に向かって2本の指を5回ほど滑らせていきましょう。このマッサージをおこなうことで、リンパの流れや血行をより促進させることができます。

さらに簡単なエクササイズを取り入れるのも、ほうれい線対策に有効です。それは舌回しです。舌を動かすことで口回りや頬、下あごの筋肉を刺激して、血行を促進させる働きがあるのです。

さらに舌回しはほうれい線を対策するだけではなく、2重アゴ対策やゆがみの改善にも効果があります。方法はこちらも簡単です。

口を閉じた状態で舌を歯の表面に沿わせて時計の針のように一周させていきましょう。はじめはゆっくりで大丈夫です。まずは同じ方向で20周させます。その後、反対の方向に20周回していきます。合計40周を目指していきましょう。慣れてきたら、上記を1セットとして1日3セットおこなうと効果も高まります。

とはいえマッサージやエクササイズ、保湿ケアでもなんでも、ほうれい線対策効果はなんでも継続することで得られます。毎日コツコツほうれい線対策を取り入れ、ほうれい線を予防していきましょう。

ほうれい線

ほうれい線対策に、効果的なマッサージ方法まとめ

ほうれい線は乾燥や紫外線、女性ホルモンの低下や表情ジワ、姿勢のゆがみなど原因がたくさんあります。なかでもすぐに対策できるのが乾燥や紫外線、表情ジワです。

スキンケアにしっかりと保湿ケアを取り入れていきましょう。そして毎日のUVケアによる紫外線対策もほうれい線対策には欠かせません。

そしてほうれい線対策マッサージも積極的に取り入れていきましょう。ほうれい線対策マッサージは表情ジワの原因となる筋肉の緊張をゆるめるだけではなく、肌を活性化させることで乾燥対策にもつながります。

また肌が活性化することで、肌のハリや弾力を支えるコラーゲンの生成も促進させてくれるのです。方法もとても簡単なので、毎日のスキンケアや入浴時間に積極的に取り入れていきましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「ほうれい線」のまとめ

眺めるだけで笑顔を誘発するカラーはオレンジ色です。

ほうれい線
オレンジ色は陽気、楽観的、高揚を表すカラー。疲れている時こそ口角を上げて笑顔を意識してみましょう。微笑むことで心も少し背筋もピンと伸びてテンションも上がります。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »