麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

プラセンタ化粧品

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


美肌やアンチエイジングに良いとされる化粧品の美容成分は?

と、尋ねると返ってくる答えに多くあるのが「プラセンタ」です。

このプラセンタのさまざまな美容効果で、美肌へと導いてくれる有効成分。

しかし、このプラセンタ配合の化粧品もしっかり理解して使用しなければ、思ったほどの効果が得られない場合も。

そこで、今回はプラセンタとプラセンタ化粧品の選び方について紹介しましょう。

プラセンタ化粧品

プラセンタとは

「プラセンタ」とは直訳すると「胎盤」です。これはその名の通り、哺乳類の胎盤から抽出した美容成分。

人間は違いますが、さまざまな哺乳類の母親は、出産と同時に排出される胎盤を自ら食べます。

それは、出産で失われた体力をすぐに回復させ、母乳を出すための乳腺を刺激する効果が胎盤の摂取にあるためと言われています。

そのほか、胎盤にはさまざまな栄養素が含まれており、古代より胎盤には不思議な力が宿っていると言われてきました。

そして、若さを保つために美容にこだわっていたとされる古代エジプトの女王クレオパトラも愛用していたとされています。

さらに中国の秦の時代には、不老長寿の妙薬として使われていたとか。胎盤を我々が特別なものとみなすのは、実は伝統に根ざしているのです。

そんなプラセンタは、一般的に「動物性プラセンタ」、「植物性プラセンタ」、「海洋性プラセンタ」に分けられます。

この中でももっとも美容効果が高いのが「動物性プラセンタ」です。

化粧品に配合されている動物性のプラセンタは、ブタやウマの胎盤から抽出されたもの。

これらの胎盤の中には、10種類のアミノ酸をはじめ5大栄養素や酵素など、ありとあらゆる栄養素が含まれています。

さらに新陳代謝を正常に導き、遺伝子の修復にも携わり、エイジングケアに最適な核酸も含まれています。

プラセンタは、美容はもちろんのこと、健康維持にも役立つ、スーパー成分なのです。

プラセンタ化粧品

プラセンタ配合化粧品の選び方

プラセンタ配合の化粧品を選ぶ際は、プラセンタの種類と濃度が大切になります。

化粧品に配合されている「植物性プラセンタ」は、大豆やアロエなどの植物の胎座(胚)から抽出した成分。豊富なアミノ酸が含まれているのが特徴です。

そして「海洋性プラセンタ」は、魚の卵巣膜から抽出したエキス。こちらの成分も豊富なアミノ酸が含まれています。

しかし、どちらのプラセンタも「動物性プラセンタ」よりも効果が劣ってしまいます。

それは、「動物性プラセンタ」に含まれる「成長因子」が、他の二種に含まれていないからです。

「動物性プラセンタ」に含まれる成長因子とは、EGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子) のこと。

EGF(上皮細胞増殖因子)は、皮膚の細胞を増殖させて、ターンオーバーを促進させることで、肌を再生、若々しく保つ成分です。

一方FGF(線維芽細胞増殖因子)は、コラーゲンをつくる線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの量を増やす成分。

これらの成長因子が含まれていることで、「動物性プラセンタ」は、「植物性プラセンタ」「海洋性プラセンタ」を凌ぐ高い美容効果を誇るのです。

ですから、プラセンタ配合化粧品を選ぶ際は、「動物性プラセンタ」配合のものを選びましょう。

さらに化粧品に配合されているプラセンタの濃度にも着目することが大切です。化粧品に配合されるプラセンタは、水などで濃度を薄めて使用するものも多くあります。

それらを見分けるポイントは化粧品に記載のある「原液」と「純液」です。

「原液」とは、プラセンタを加工する際に一切薄めていないものですが、どこかの段階で、水で薄めている化粧品も多くあります。

一方「純液」は、水を一切加えずに抽出されたプラセンタのことです。さらに粉末のプラセンタは、「原液」や「純液」のものを濃縮したものです。

しかし、これらの濃度の順番が分かっても、化粧品に配合される段階で、薄めて使用されている場合も多くあります

ですから、大切なのは、薄められていないこと。100%であることです

そのため、プラセンタ化粧品を選ぶなら、プラセンタ単体の原液100%のものを通常の化粧品と併せて使用するのがオススメです。

プラセンタ化粧品

プラセンタ化粧品の美肌効果とは

化粧品に配合されているプラセンタの中で、最も美容効果の高い「動物性プラセンタ」の美容効果を紹介します。「動物性プラセンタ」には、大きく分けて5つの美肌効果があります。

プラセンタ化粧品の老化防止効果

動物性プラセンタならではの効果といえば、やはり肌の老化防止、つまりアンチエイジングケア成分です。

先ほど紹介したように、EGF(上皮細胞増殖因子)を含むプラセンタは動物性だけ。

この成分を肌へ補給することで、肌内部で細胞分裂を促進できます。

そして、年齢や外からの刺激によって、乱れがちになるターンオーバーを正常な約28日へと導き肌の老化を防ぐ助けに。

さらに動物性プラセンタには、さまざまな抗酸化作用をもつ美容成分が含まれています。

それらの成分が活性酸素を抑制して、若々しい肌へと導いてくれるでしょう。

プラセンタ配合化粧品の美白効果

プラセンタには、シミのもととなるメラニン色素の過剰生成を抑制。さらにメラニン色素の肌への定着(つまり日焼けで黒くなること)を防ぎます。

過剰なメラニン色素をターンオーバーとともに排出させる働きがあるのです。

これらの作用は、美白効果はもちろんの事、シミの予防や色素沈着を薄くする作用まであります

また動物プラセンタには、末梢血管にいたるまで、全身の血行を促進させる作用も。これらの作用で血行不足から発生するクマやくすみまでも解消

プラセンタ配合の化粧品を毎日のスキンケアに取り入れることで、透き通るような白い肌へと導くのです。

プラセンタ化粧品

プラセンタ配合化粧品のニキビへの効果

プラセンタは、皮膚の炎症に効く抗炎症作用も持っています。この作用は、ニキビにとても有効。

赤く炎症を起こしているニキビの炎症を緩和させてくれますし、ニキビの発生自体も防いでくれます。さらにニキビ跡にもプラス効果が。

プラセンタが持つ美白効果は、あなたの肌コンディションを改善へと導いてくれるはずです。

プラセンタ配合化粧品の保湿効果

プラセンタには10種類のアミノ酸が含まれています。これらのアミノ酸こそ、肌内部で保湿機能を司る天然保湿成分NMFの主成分

動物性プラセンタによって体内でのNMF生成を促進し、肌の潤いを守ります。さらには、セラミドの生成までも促進させるのです。

そして、このNMFとセラミドの生成を促進させることで、保湿効果を高め、外からの刺激から肌を守るバリア機能を高めます。

肌が潤っていれば、当然、乾燥からくる小ジワやたるみも防止できるのです。

プラセンタ配合化粧品の弾力アップ効果

プラセンタには、肌の弾力の主成分であるコラーゲンの生成を促進させるFGF(線維芽細胞増殖因子)も含まれています。

この成長因子がコラーゲンの生成を促すことで、肌のハリをアップさせ、弾力のある肌へと導きます。さらに肌の弾力をアップさせることはタルミや毛穴の開き解消にも効果的。

私たちの肌は年齢とともにコラーゲンの生成が少なくなることで、タルミだします。そのため、コラーゲンの生成が増えれば、肌のタルミを予防できるのです。

さらに、毛穴の開きも、肌にあるコラーゲン量を増やす事でその予防と改善ができます。

さらにプラセンタには収れん作用もあるため、毛穴を引き締め、より毛穴の目立たない美肌へと導いてくれるのです。

プラセンタ化粧品

プラセンタ配合化粧品の選び方まとめ

プラセンタとは、一般的にウシやウマの胎盤から抽出した美容成分です。たくさんの栄養素を含んでいることで、美肌へと導く有効成分。

プラセンタ配合の化粧品を選ぶ際は、最も美容効果の高い成長因子を含んだ「動物性プラセンタ」を使用しましょう。

また、化粧品に配合されているプラセンタの濃度は、私たちでは判断しかねるものが多くあります。

そのため、いつもの化粧品にプラセンタの原液100%のものを取り入れていきましょう。

そうすることで、肌の老化防止作用や美白作用、ニキビ改善作用や保湿効果、弾力アップ効果など嬉しい美肌効果が得られます。

プラセンタ配合の化粧品を毎日のスキンケアに取り入れて美肌を手に入れましょう。

美容心理士から見た「プラセンタ」のカラーセラピー

プラセンタ配合の化粧品のようにアンチエイジング効果があるカラーはピンクです。

ピンクは、女性ホルモンの分泌を促す若返りの色。

プラセンタ化粧品

ピンクの下着を身につけて毎日アンチエイジング効果を。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »