麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

節分美容

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


節分と言えば、豆まきですね。

豆まきは季節の変わり目に現れると伝えられてきた、鬼(邪気)を払うための日本ならではの風習。煎り大豆をまいて、年の数だけ煎り大豆を食べることで、厄払いできるとされていますね。

実はこの大豆、美容ととても関係が深いことを知っていますか?

大豆には、美しいスタイルと美肌に導くために欠かせない成分がたっぷり含まれています。ここでは、大豆のダイエット効果と美肌効果について紹介します。

節分の豆まきで厄払いをしたうえに、大豆のもつ栄養素で美スタイルと美肌も手に入れましょう。

節分美容1

節分の大豆は、美スタイルをつくるダイエットの救世主

女性にとって一生のテーマである「ダイエット」。大豆は、このダイエットの救世主。毎日の食事に少しずつ大豆を取り入れることで、ダイエット効果を高めることができます。

ダイエット効果を高める3つのカギは以下です。

大豆のダイエット効果:代謝の促進

ダイエットといえば、脂肪を燃焼させる代謝の促進が成功のカギ。そこで活躍するのが大豆です。

大豆に含まれる大豆タンパク質やビタミンB群、大豆イソフラボン。これらの栄養素には、糖質や脂肪をエネルギーに変えて代謝を促進させる働きがあります。

また大豆に豊富に含まれるタンパク質は、筋肉をつくる栄養源。「畑のお肉」と言われるように、大豆は動物性タンパク質に匹敵する良質なタンパク質を持っています。

タンパク質が不足すると、新たな筋肉を作ることができません。また、筋肉が衰えると体温も下がってきます

体を冷やすと脂肪の燃焼が低下してしまい、ダイエットの足を引っ張ってしまうのです。

ダイエット中も、高タンパク質の食事を続けましょう。

美容節分

大豆のダイエット効果:整腸効果

便秘はダイエットの天敵。腸に便がたまった状態は、お腹がポッコリするだけではありません。

便がたまるということは、いわば「生ごみを腸中にためこんだ」状態。そんな「生ごみ」から発生するガスや老廃物、腐敗した栄養素を腸が吸収することで、血液なども汚れ、悪玉菌が増殖します。

こうなると、痩せるどころか肥満を加速させ、痩せにくい体を作ってしまいます

また腸内で悪玉菌が増え続けてしまえば、肥満だけではなく、さまざまな病気の原因ともなるのです。

そこで腸をキレイに掃除するのに役立つのが、大豆。大豆には、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。これらの成分は腸の働きを活発にさせる、いわば腸の応援団

これらは、キレイな腸をつくる善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制してくれるのです。

大豆のダイエット効果:食欲をおさえる

ダイエットは食欲との戦いです。大豆には腹持ちが良いため、少量でも満腹感を得られる食品。さらにかみ応えがありますから、よくかんで食べてください。

かむ運動を顎がおこなうことで、脳の満腹中枢が刺激され、食欲を抑制できるのです。大豆だけでは飽きてしまうので、サラダやスープなどに少しずつ加え、かむ回数を増やすことがオススメ。

美容節分

ハリと弾力のある美肌は大豆でつくる

「大豆イソフラボン入り」と記載されている化粧品を見たことはありませんか?

大豆イソフラボンと聞くと、なんとなく肌によい感じがしますね。そしてそれは事実です。大豆はまさに美肌をつくる栄養素も豊富に詰まっている食品。

まさに食べるサプリなのです。大豆で得られる美肌効果は以下のとおりです。

エストロゲンの補給で美肌をつくる

大豆イソフラボンには、女性ホルモンの1つであるエストロゲンとよく似た構造を持つ「エクオール」が含まれています

エストロゲンは女性の美容に切り離せない成分。女性らしい丸みのある体つきや美しい肌は、エストロゲンの分泌があるからこそ得られるのです。

さらに肌の弾力成分であるコラーゲンやヒアルロン酸の分泌にも、エストロゲンは深く関係しています。

エストロゲンの分泌が少なくなると、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きも低下するのです。線維芽細胞の働きが低下すれば、肌のハリや弾力も失われてしまいます。

こんなにも大切エストロゲンですが、年齢とともに徐々に減少していきます。そのため、食品や化粧品で大豆がもつ大豆イソフラボンを補給し、「エクオール」で補うことが大切なのです。

美容節分

活性酸素を抑制して美肌をつくる

大豆イソフラボンは、マメ科の植物に含まれるポリフェノールの一種。大豆イソフラボンには、体内の活性酸素を退治してくれる抗酸化作用があります。

加齢や生活習慣により体内で増加した活性酸素は、放置するとどんどん細胞を傷つけ、さまざまな肌トラブルも引き起こします。

そのため、常に抑制する努力が大切。大豆は、その役割を担える美肌成分なのです。

肌の保湿力を高め、美肌をつくる

大豆にはタンパク質が豊富に含まれています。そのタンパク質は肌をつくる素になる栄養素。そしてタンパク質に含まれるアミノ酸は、角質層で保湿を担うNMF(天然保湿因子)の素でもあります。

特に大豆に含まれるアミノ酸の中には、角質層やNMF(天然保湿因子)に多く存在する「セリン」という成分が含まれています。

積極的に摂取することで、角質層を健やかに保ち、NMF(天然保湿因子)を増加させ、保湿力を高めてくれます。

またセリンには、メラニンの形成を抑制させ、美白効果も得ることができるのです。美肌づくりの強い味方といえるでしょう。

美容節分

美容効果を引き出す大豆の効果的な食べ方

大豆はどのように摂取するのが効果的でしょうか?

集中的に肌と体をケアしたい場合は、大豆イソフラボン入りの化粧品を使い、と大豆食品を食べる両面作戦がオススメ。

毎日の習慣として続けるとなれば、食事に少しずつ大豆と大豆製品を取り入れていくとよいでしょう。

大豆製品の中でもオススメなのは「蒸し大豆」。大豆の加工食品、特に煮しめたものは、調理の過程で栄養素や食物繊維が水に溶け出してしまっていることが多いです。

一方、蒸し大豆は調理過程で栄養素をあまり失っていません。ですから蒸し大豆であれば、大豆のもつ栄養素をそのまま摂取できるのです。

さらに白米と大豆食品を一緒に食べることで、大豆に不足しがちな栄養素も摂取できます。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンに良く似た「エクオール」を多く含む大豆ですが、実は過剰摂取は危険です。摂りすぎても、よくないのですね。

大豆イソフラボン毎日の摂取量には上限があります。摂取目安量は1日に75mgが理想。納豆1パック(50g)に約35mg、豆腐1丁(300g)に約60mgの大豆イソフラボンが含まれています。

この目安を参考に上限を超えないように注意しましょう。

美容節分

美スタイルと美肌を手に入れる節分の大豆まとめ

節分の使用する大豆には、美しいスタイルをつくる以下の効果があります。

●大豆のダイエット効果:代謝の促進
●大豆のダイエット効果:整腸効果
●大豆のダイエット効果:食欲をおさえる

さらに美肌効果もあります。

●エストロゲンの補給で美肌をつくる
●活性酸素を抑制して美肌をつくる
●肌の保湿力を高め、美肌をつくる

節分で活躍した豆は、必ず食べるようにしてくださいね。そして、節分の日から摂取量に気を配りつつ、大豆習慣を身に着けてみてください。

そして美しいスタイルとハリと弾力のある美肌を手に入れていきましょう。

美容心理士から見た「大豆」に最適なカラーセラピー

大豆の色であるベージュ。このベージュは、安心感と落ち着きを表すカラーです。

美容節分

節分の日から大豆習慣を身に着けることで、美スタイルと美肌効果を得られます。

さらにベージュのカラーで、リラックスを促進させ、自然な美=ナチュラルビューティーへと導いてくれるでしょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »