麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

美容液の効果

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


美容液にはさまざまな種類があります。その中には、さまざまな美容成分が濃縮され配合されています。

美容液は、悩みや目的に合わせて集中的にケアできる効果的なアイテム。

ただ使えばよいのではなく、解消したい悩みに合わせ、適切な美容液を選ぶことが大切です。

ここでは、悩み解消の目的別に効果のある美容成分について解説していきます。

あなたの悩みにあわせた、適切な美容液選びの参考にしてくださいね。

美容液の効果

美容液の種類とは

美容液はさまざまな美容成分が濃縮された化粧品。

あなたの抱えている悩みに合わせて、集中的にケアできるスキンケアアイテムです。

配合される美容成分は多岐にわたりますが、保湿成分を補給することで保湿力を高め、乾燥を防止する保湿美容液は数多く発売されています。

実際、乾燥を防止することは、シワやタルミの防止にもつながりますし、肌ケアの基本といってよいでしょう。

まず、肌内部でのメラニン生成を抑制する美白美容液は、メラニンを肌内部に定着させないことで美白へ導きます。さらにシミ予防にもなります。

アンチエイジングを目的とした美容液では、肌の新陳代謝を高め、細胞の働きを活発にしてくれます。

ニキビを抑制する美容液には、肌のバランスをととのえ、ニキビや赤みを防いでくれます。

このように、気になる部分や解消したい悩みに合わせて、美容液を選んでいきましょう。

悩みにあわせて美容液を選ぶ。こう言うとシンプルに聞こえますが、もちろん、悩みは1種類とは限りませんね。

「保湿も美白ケアもアンチエイジングもしたい」という方も多いでしょう。

しかし、複数の美容液を同時に使うのはオススメしません。美容液は美容成分が高濃度なため、1回のスキンケアに1つの美容液で十分

複数の美容液を使用すれば、かえって肌に負担をかけ肌トラブルの原因をつくってしまいます。

そのため、複数の悩みがある場合は、ひとつの美容液の中に複数の悩みに効く成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

美容液の効果

目的に合わせた美容液の効果的な成分

目的に合わせて効果のある、今注目の美容成分を紹介します。美容液選びの参考にしてくださいね。

保湿美容液に効果的な成分

オススメの保湿成分はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸です。

肌の真皮に存在して、肌の弾力をつかさどるこれらの成分を補給することで、肌表面から肌内部を水分で満たす効果があります。

また、乾燥することで水分とともに失われるセラミドの補給も保湿には欠かせません。

セラミドの中でもおすすめなのがラズベリー種子油から抽出した「ラズベリーセラミド」。

私たちの角質層に存在するセラミドに最も近い成分として注目を浴びているセラミドのひとつです。

肌に補給することで、肌表面から肌内部の水分を逃さず乾燥から肌を守ります。

さらにエクトインという強力な保水力をもつ美容成分配合の美容液もオススメです。

私自身、ラズベリーセラミドやエクトインが配合されている「麻布十番式エスティングシリーズ」を使用しています。以前より肌が乾燥しにくく、潤いのある肌を実感できていますよ。

美白美容液に効果的な成分

美白美容液には、「メラニンの生成と定着を防ぐ」商品と、「すでにできてしまったメラニンを薄くする」ものがあります。

できてしまったメラニンを薄くして、美白を取り戻すならば、「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」がオススメ。

特にハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれる美容成分。できてしまったメラニンを薄くするだけではなく、メラニンの生成と定着を防ぐ作用もあります。

しかし、効果が高い分、肌への刺激も強い成分です。使用する前には必ずパッチテストをおこない、自分の肌に合うか確かめてから使用してくださいね。

ハイドロキノンの効果には及びませんが、肌への刺激が少なくメラニンの定着を防いでくれるオススメの成分があります。

ラズベリーやイチゴなどに含まれる「エラグ酸」は肌に優しく、オススメです。

また、ハイドロキノンと似た構造を持ちつつ、ハイドロキノンよりも肌への刺激が少ない「ルシノール」にも注目。

乾燥肌や敏感肌の場合、これらの刺激の少ない成分で美白ケアをしていきましょう。

美容液の効果

アンチエイジング美容液に効果的な成分

アンチエイジングには、「プラセンタ」や「EGF・FGF」配合の美容液がオススメです。

プラセンタは豊富な栄養素が含まれていることで、保湿効果から美白効果までその効果を発揮します。
また抗酸化作用により、肌の老化を防ぐ効果もあるのです。

そして、EGFは肌表面の細胞を活性化することでターンオーバーを正常に導きます。
またターンオーバーを正常に導くことで肌を若々しく保つ効果を期待できるのです。

さらにFGFは肌の深部、コラーゲンやヒアルロン酸を生みだす線維芽細胞を活発にします。コラーゲンは肌の土台ともいえる重要な美容成分です。

線維芽細胞が活発に働くと、肌の弾力をキープできるだけでなく、潤いを保ち、若々しい肌へ導くことができるのです。

ニキビ美容液に効果的な成分

ニキビ肌の解消には、保湿。「セラミド」などの保湿成分が配合されている美容液が良いでしょう。

そして皮脂の分泌をコントロールする効果のあるビタミンC誘導体を豊富に含み、高い肌殺菌作用を持つ「ドクダミエキス」もオススメです。

ニキビが落ち着いた後のニキビ跡には、美白美容液に配合されている「ハイドロキノン」を取り入れていきましょう。

仮にニキビが原因で浅いクレーター状態になった場合は、ターンオーバーを促進させる成分を取り入れることがオススメ。

つまりアンチエイジング美容液で紹介した「プラセンタ」や「EGF・FGF」配合の美容液です。

ターンオーバーを促進させることは。毛穴を引き締めることにもつながりますよ。

美容液の効果

朝と夜の美容液の効果的な使い方

1回のスキンケアにつき、1つの美容液が基本です。そのため基本的には美容液は1種類にとどめましょう。

取り入れるタイミングは、夜のスキンケアがオススメ。夜のスキンケアで導入した美容成分は、寝ている間の肌の回復へ使用されます。

どうしても複数の美容液を使用する場合は、1日に2種類の美容液にとどめ、朝、夜に分けて使ってください

朝は、紫外線や花粉などの外からの刺激から肌を守ることが大切です。そのため保湿目的の美容液を取り入れるのが良いでしょう。

そして夜は日中のダメージを回復させてくれる美白美容液やアンチエイジング美容液を取り入れていきましょう。

こうすることで、肌への負担をかけすぎず、2つの美容液を使うことができ、美肌効果を高めます。

美容液の効果

目的に合わせた効果のある美容液まとめ

今回、以下の4つの目的に合わせた美容液の効果的な成分を紹介しました。

●保湿美容液に効果的な成分
●美白美容液に効果的な成分
●アンチエイジング美容液に効果的な成分
●ニキビ美容液に効果的な成分

解消したい悩みに合わせて、美容液の配合成分の組み合わせを選んでください。あなた専用の美容液選びの参考になれば幸いです。

美容心理士から見た「美容液」に最適なカラーセラピー

多種多様な美容液が発売されている中、効果的な美容成分は分かっていても、どれにするか悩んでしまうこともあるでしょう。

そんな時は、その時の心理状態に合わせて美容成分を選んでいきましょう。

まずは、赤・黄・青の中から今の気分を選んでみてください。

美容液の効果

赤の場合は、美白やアンチエイジング系の美容成分がオススメ。

黄色の場合は、ニキビ系、青の場合は毛穴引き締め系の美容成分がオススメです。

深層心理が求めるケアは、頭で考えて選ぶケアよりもほかにも適切です。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »