麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

EGF

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


「グロースファクター」という言葉をご存知ですか。グロースファクターとは、成長因子のことです。成長因子は、肌の健康にも、より美肌に近づけるのにも欠かせないもの。

その成長因子が配合された化粧品が、最近特に増えてきました。なかでも、配合されるものが多くなってきたのが、EGFとFGFです。このEGFとFGFも成長因子のひとつ。もともと私たちの体の中にあるものです。

それらを化粧品で補うことで、より健やかで、美しい肌へと近づけます。ここではEGFとFGFの効果と魅力について紹介します。

EGF

EGFの美容効果とは

まずは、EGFのおさらいです。EGFとは「上皮成長因子」のこと。「Epidermal Growth Factor」の頭文字をとって、EGFと呼ばれています。

EGFは、アメリカのスタンリー・コーエン博士によって1962年に発見された53個のアミノ酸からなるタンパク質の一種です。このEGFは、その名の通り、皮膚の上部に働きかけるもの。

皮膚の上部とは、表皮部分。ターンオーバーがおこなわれたり、セラミドを含む角質細胞間脂質や角質層がある部分です。この部分に働きかけることで、肌の再生を助ける作用があり、細胞再生因子とも呼ばれています。

火傷や怪我など、肌の外傷は時間とともに細胞の修復作用で回復します。その時、体の中で働くもののひとつが、このEGF。私たちの肌のなかには、もともとこのEGFが備わっているのです。

高いEGFの肌の再生力は、医療の分野で、皮膚移植や傷の回復促進に使われるなど、幅広く使用されています。そんなEGFですが、発見当初はとても貴重で、1gが8000円もしたといわれています。しかし、研究が進む中で抽出技術や生産技術が発展し、今では化粧品にも多く使用されるようになってきました。

EGF

では、このEGFをスキンケアに取り入れるとどんな作用があるのでしょか?

EGFは、肌に塗ることにより、ターンオーバーを促し、新しい細胞の生成を促進しながら、表皮部分のダメージを修復する作用があります。そのため、肌のゴワツキや吹き出物、乾燥対策にとても有効です。

またトラブルの起きにくい、うるおいのあるふっくらとした肌へ導く作用があります。化粧品では、「ヒトオリゴペプチド-1」と記載されている成分がこのEGFです。

以前アメリカで、このEGFの効果に関する臨床試験がおこなわれたことがありました。一定濃度のヒトオリゴペプチド-1を含むローションを朝昼の2回、約2ヵ月間使用するというこの実験で、表皮の新生細胞の成長率が約2.8倍、最大で約8倍も成長したという結果がでたのです。

かくも素晴らしいEGFですが、やはり、加齢とともに体内のEGFはどうしても減少してしまいます。だからこそ、スキンケアで積極的にEGFを取り入れることが、健やかな肌を手に入れる近道なのです。

EGF

FGFの美容効果とは

FGFとは、「Fibroblast Growth Factor」の略で、線維芽細胞増殖因子のこと。私たちの細胞から作られるもので、細胞の分裂や増殖を促進するタンパク質です。種類は23種類もあり、さまざまな効果があります。

特に肌に有効として、スキンケアに近年取り入れられているのが、FGF-1。FGF-1は、肌の土台となるコラーゲンやエラスチンなどを生み出す線維芽細胞の増殖を促進し、真皮の働きを促進してくれるのです。加えて、EGF-1には、血管の修復作用もあるとされています。

化粧品から肌にこのFGF-1を取り入れることで、加齢とともに悩みの種になるほうれい線やシワの解消に効果的です。化粧品では、ヒトオリゴペプチド-13という名で表示されています。

またFGFは発毛分野でも注目されています。発毛分野では、スキンケア化粧品に使用されるFGF-1のほか、FGF-2、FGF-7という種類のFGFが多く使用されています。

FGF-1やFGF-2は、直接の育毛作用はありません。しかし線維芽細胞の成長や血管の修復を促進する作用があり、その作用で髪に重要な頭皮の状態を整え、発毛をサポートする作用があるのです。

一方でFGF-7は、毛髪をつくる毛母細胞のなかにある成分。外から補給することで、毛母細胞の分裂や増殖を促進させ、頭髪の成長を促進するほか、根本を元気にする作用があるのです。

そのほかのFGFもそれぞれ性質が異なり、さまざまな場で活用されています。FGF-15以降のFGFは、まだ発見されてから研究がそれほど進んでおらず、まだまだ使用される場が少ないため、今後の研究が楽しみですね。

EGF

EGFとFGF配合化粧品の選び方

EGFとFGFは、併用して使用することで、より高い美容効果が期待できます。オススメは、EGFとFGF配合の美容液を一つ取り入れること。

選ぶ際は、まずは本当にEGF、FGFのなかでもFGF-1が配合されているか、成分表を確認してください。「ヒトオリゴペプチド-1」「ヒトオリゴペプチド-13」と記載があれば、どちらも配合されていて、美容に効果的。

次に確認するのが配合量です。EGFもFGFも一定濃度配合されていなければ、あまり効果は期待できません。EGF、FGFの原液配合などとうたっているものもありますが、原液=濃度が高いとも言えません。

そこで、一定濃度の有無を確認する目安となるのが、認定シールです。EGFの認定シールは、「日本EGF協会」が発酵しています。日本EGF協会では、使用されている原材料の安全性などとともに、配合量も審査しています。

そして配合量が、1ml(g)中にEGFが0.1μg(マイクログラム)以上配合されているものにだけ、この認定シールを発行しているのです。FGFも同様に審査があり、FGF-1が1ml(g)中に400IU(1.6μg)以上配合されているものだけに、認定シールがはられています。

ただしFGFの場合、FGFの種類により、認定シールが発行される基準量が異なるようです。注意しましょう。

ともあれ、EGF、FGF配合美容液をゲットしたら、早速毎日のスキンケアに取り入れましょう。EGF、FGF配合美容液は多くつけても、一定量のみしか肌は吸収できませんので、よくばりすぎるのは注意してください。商品に記載のある量からスタートするようにしましょう。
そして、使用する順番もまた、確認してください。

商品にもよりますが、EGF、FGF配合美容液は洗顔後すぐに使用し、その後、化粧水、乳液、クリームと使用するのが一般に効果的です。サロンはもちろん、私自身のスキンケアにも、EGF、FGFを含む「Gセラム」を愛用しています。毎日朝と夜のスキンケアに取り入れることで、肌のくすみやシワ、シミに効果があります。

ぜひみなさんも効果的なEGF、FGF配合美容液を選び、使用して、健やかな美肌を手に入れましょう。

EGF

注目を集めるEGF・FGFの効果とは?まとめ

EGFはスキンケアに取り入れることで、肌のターンオーバーを促し、健やかな肌へと導いてくれます。一方、FGFのなかでもFGF-1は肌の土台となるコラーゲンなどを生み出す線維芽細胞の働きを活発にし、シワなどに効果的。

これらを併用すれば、相乗効果でより美肌への近道となります。オススメは、EGFやFGF-1を一定量配合した美容液などを取り入れること。ぜひEGFとFGFの作用を取り入れ、美しく健康な肌を手に入れましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「EGF・FGF」まとめ

肌だけでなく心のアンチエイジングに効果的な方法は、凝り固まった思考やクセを手放して新しい考えや行動パターンを取り入れてみて。

EGF
人は慣れ親しんだ習慣に執着しやすくなるもの。心と向き合う時間を作って見直してみましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »