麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

ハマメリス水

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


各地で桜の開花がはじまり、春らしい風景がひろがってきましたね。冬から春へと移り変わるなかで、やっかいなのが花粉。まさに現在、スギ花粉の飛散量がピークな時期です。

花粉による症状は、目のかゆみやくしゃみ、鼻水だけではありません。肌へも影響を与えることが増えてています。

花粉による肌トラブルを防ぐためにオススメなのが、抗炎症効果のあるハマメリス水配合化粧品。今回はハマメリス水の魅力とともに、花粉による肌トラブル対策について紹介します。

ハマメリス水

花粉による肌トラブル

花粉シーズンになると、目の周りが赤くはれぼったくなったり、肌がかゆくなる、ヒリヒリする、赤く細かいボツボツが出るなど、いつもとは違う肌トラブルは起きていませんか?

それらは花粉による肌トラブルによるもの。花粉による目の炎症や鼻水、くしゃみなどは、体内に入り込もうとする花粉の侵入を防ぐためのアレルギー反応の一種です。

花粉の皮膚からの侵入を防ぐために、粘膜だけでなく、肌もアレルギー反応を起こすことがあります。それが花粉シーズンの肌のかゆみや湿疹などの肌トラブルなのです。

本来、私たちの肌には保湿機能に加え、バリア機能も備えています。バリア機能は花粉や紫外線などの外からのあらゆる刺激に対して、肌を守る大切な役割を果たしています。

しかし肌内部が乾燥していると、バリア機能が本来の働きをすることができず、花粉などによる外からの刺激に敏感になり、肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。

特にこの季節のように、冬から春にかけては、「ゆらぎ肌」を呼ばれるほど、肌がデリケートな時期。冬から続く乾燥のため、バリア機能や保湿機能が低下しているなかで、紫外線や花粉、黄砂やPM2.5など、肌にダメージをもたらす恐れのある刺激物が急増します。

さらに環境の変化によるストレスも加わることで、肌がデリケートになり、ただでさえ、肌トラブルを起こしやすく、外からの刺激に敏感になりやすい時期なのです。

そのため、肌は本来の働きをしにくい状態。一度肌トラブルを起こしてしまうと、修復する前に次の肌トラブルへと負のスパイラルに陥る危険もあるのです。

だからこそ、毎日のスキンケアが大切になります。花粉による肌トラブルを防ぐためには、保湿の徹底をおこない、バリア機能が正常に働ける肌環境をつくり直すこと、そして抗炎症作用のある成分を取り入れることが大切です。

花粉の時期のスキンケアについて、詳しく解説します。

ハマメリス水

炎症を抑えるハマメリス水

抗炎症作用のある美容成分は、たくさん存在します。そのなかでも私のオススメ成分は「ハマメリスエキス」。化粧品には「ハマメリス水」として多く使用されています。ハマメリス水は、マンサク科の「アメリカマンサク」とも呼ばれる木の樹皮や葉などを蒸留して抽出されたもの。

アメリカマンサクは、アメリカの東部やカナダ、メキシコの湿度の高い森林に多く、インディアンは、薬として使用していたほど抗菌作用や抗炎症作用の高い植物です。日焼けや虫刺されなどの軽い肌の炎症に効果があるほか、止血作用で切り傷などにも効果があります。

最近ではハマメリス水の収れん作用が脚光を浴び、ニキビ対策や毛穴対策にオススメされることが多くなりました。しかし花粉によるアレルギー反応が出やすい時期だからこそ、ハマメリス水の抗菌作用と抗炎症作用のサポートが必要になります。

ハマメリス水は肌トラブルの炎症を抑えるのにも効果的なのです。花粉の時期は、ぜひハマメリス水の作用を頼ってみてください。ハマメリス水の収れん作用や、高い抗酸化作用も加わることで、肌トラブルを予防し、美しい肌へと導いてくれます。

ハマメリス水

また花粉から肌を守るためには、肌の基盤を整え、バリア機能を高めることも大切です。そこでオススメなのが、私が開発から携わった「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」。エスティング美容乳液、エスティング美容水のどちらにも、ハマメリス水をふんだんに使用しています。

さらに「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」は、肌の基盤を整えることを目的に開発した化粧品。肌の基盤が整っていない状態では、どんなに良い化粧品や美容成分を肌に取り込んだとしても、肌内部からすぐに蒸発してしまい、効果を半減させてしまいます。

そして保湿機能やバリア機能を高めるどころか、低下させてしまうのです。
そこで「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」では、肌の基盤を整えるエステサロンの「マッサージ」「エステパック」「メンタルケア」の三大要素をエスティング美容乳液に盛り込みました。

洗顔後の肌にまずは使用することで、肌の必要な場所に必要な美容成分を届け、エステサロンのマッサージのように、肌細胞を活性化させるのです。さらに水分とセラミドを補給し、バリア機能と保湿機能を高めるために、エステパックのような高濃度の美容成分を配合しています。

高い保湿作用を持つ「エクトイン」やバリア機能を高める「ラズベリーセラミド」、「ハマメリス水」などもふんだんに配合されているのです。

さらに心と肌は深いつながりがあるため、メンタルケアも大切です。エスティング美容乳液には、ダマスクローズから抽出したダマスクバラ花水がたっぷり配合されています。

ダマスクローズの華やかな香りで、メンタルケアもおこない、肌の基盤を整えてくれるのです。エスティング美容乳液で、肌の基盤が整ったところに、化粧水で水分を補給すると、驚くほど肌に水分が浸透します。

その際、「ハマメリス水」「ダマスクバラ水」「エクトイン」をたっぷり配合したエスティング美容水を使用すれば、肌内部に水分とセラミドを蓄えられる肌へと整きます。その結果、バリア機能が高まることで、花粉にも左右されにくい肌へと導いてくれるのです。

肌がデリケートになりやすい時期だからこそ、ハマメリス水がたっぷり入った「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」を試してみてくださいね。

ハマメリス水

花粉から肌を守るために

花粉から肌を守るためには、スキンケアと併せて、花粉が肌に触れないように対策することも大切です。新型コロナウイルス対策で、マスクを常時着用するようになりましたね。このマスクも花粉対策には有効です。

さらに帽子やメガネなども活用することで、花粉が肌に付着するリスクを低下させられます。外出先から自宅へ戻る際は、軽く衣類や髪などを払ってから、室内へ入ることで、より花粉対策につながります。

また日焼け止めやファンデーションをつけることで、肌と花粉との間にワンクッションできるので、これらも花粉対策になります。スキンケアと併せて、物理的に花粉が肌に触れるのを阻止して、肌を守りましょう。

ハマメリス水

塩澤麻衣の「ハマメリス水の作用」まとめ

花粉の飛散量がピークを迎えています。花粉は、くしゃみや鼻水などの症状だけではなく、肌トラブルも招いてしまいます。花粉による肌トラブル予防にオススメなのが「ハマメリス水」配合の化粧品。なかでも「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」がオススメです。

花粉で敏感になりやすいこの時期に「麻布十番塩澤式エスティングシリーズ」を試してみてくださいね。

花粉で肌が炎症した際は、冷蔵庫で冷やした化粧水を使って肌をクールダウンすること。その時に水色やブルーをイメージしながら化粧水を塗ってみてください。

ハマメリス水

ブルーのカラーには鎮静作用があり鼻水やくしゃみを抑えてくれる効果があります。花粉症の方は、ブルーがラッキーカラー。ファッションやハンカチに取り入れてみてください。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »