麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

花粉の美容

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


いよいよ3月になりましたね。
春の訪れが待ち遠しい中、花粉がいよいよ飛び回るようになりました。

今の時期から、花粉に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

花粉は目などのかゆみや、くしゃみなどだけではなく、肌へも多大なダメージを与えます。

ダメージを与えられた肌は、さまざまな肌トラブルを引き起こすのです。

ここでは、花粉によるダメージから肌を守る方法を紹介します。

花粉による肌へのダメージを最小限にとどめ、うららかな春の季節を美肌で過ごしていきましょう。

花粉と美肌

花粉による肌へのダメージとは

花粉症の症状は、くしゃみや鼻水にとどまりません。花粉による肌への影響も大きいのです。

特にこれからの時期は、肌はデリケートな状態になっています。

冬から春へと季節が移り変わる中で、気温と湿度の変動が大きく、自律神経も乱れがちになるためです。

さらに、これから強さを増す紫外線が加わることで、肌への負担は倍増。

その結果、肌はストレスを抱え、バリア機能が低下するのです。

バリア機能が低下した肌は、花粉にも敏感に反応します。

花粉が肌に触れることで、さまざまな肌トラブルを引き起こすのは、このためです。

顔全体のかゆみに始まり、赤みや乾燥を招くこともあります。また、そのかゆみは粉をふくほどの乾燥につながる場合も。

そんな肌の状態で花粉対策のマスクをしていれば、マスクに触れる肌の部分が、ヒリヒリをとした痛みをともなう場合もありますね。

また、人によっては、ニキビではない赤い細かい湿疹が出ることもあります。

このような肌トラブルの状態が続けば、健やかな肌に戻すまでに時間がかかります

一度肌トラブルを起こしてしまうと、正常な状態に戻るまで、肌はずっとデリケートな状態のまま。

その間も花粉は飛び続けています。

そのため、なかなか症状が改善できずに夏を迎え、紫外線によってさらなるダメージを受けてしまうことになるのです。

花粉と美肌

保湿ケアで花粉に負けない肌へ

花粉から肌を守るために必要なのは、バリア機能を高めること。つまりそれは、保湿ケアの徹底をするということです。

肌にたっぷりの水分と保湿成分を蓄えることは、肌の弱ったバリア機能を補完してくれます。

同時に、いくら保湿成分を肌に入れても、乾燥していれば水分はどんどん奪われてしまいます。

ですから、乾燥を引き起こすようなケアも見直さなければなりません。

花粉から肌を守るためには、次のことに注意してみましょう。

洗顔に注意

冬に続き、花粉の時期も洗顔とクレンジングに注意が必要です。

洗いすぎや間違った洗顔やクレンジングは、肌内部の保湿成分を奪い、バリア機能を低下させるのです。

そのためクレンジングから洗顔までの流れに注意が必要です。

洗浄力が強すぎるクレンジング剤や洗顔料を使用すれば、バリア機能が失われ、花粉に敏感になる肌のできあがりです。

さらに敏感な時期だからこそ、スクラブ入りやピーリング剤入りの洗顔料を毎日使用するのもオススメできませんね。

特に花粉症の方は、肌への影響も大きいです。

正しいクレンジングと洗顔を心がけましょう!

花粉と美肌

セラミドを補給して保湿ケアを

バリア機能を高めるには、保湿成分を補給することが大切です。

保湿成分と言えば、セラミド。水分とともに、たっぷりのセラミドを補給することを心がけましょう。

肌への浸透率が高く、保湿効果が高いのが「ラズベリーセラミド」

人間の肌がもつセラミドの構造に最も近いと言われているセラミドです。

また花粉の時期は、鼻をよくかむことで、鼻周りの肌が刺激を受け、乾燥した状態になります。

乾燥しすぎて、皮が剥けてしまう方も多いのでは?

そんな方は、メイクポーチにオイルやクリームを忍ばせましょう。鼻をかんだ後は、こまめに保湿するようにしてください。

そして夜には、乾燥しやすい鼻の下にたっぷり乳液やクリームを塗って乾燥を防ぐのがオススメ。

さらに時間があるときは、たっぷりの水分を補給するローションパックも取り入れていきましょう。

ローションパックに使用する化粧水には、抗炎症作用で肌トラブルを改善へと導く「ハマメリス水」が入ったモノがオススメです。

私のサロンでも、「ラズベリーセラミド」と「ハマメリス水」の両方の成分が入った「麻布十番塩澤式エクトインシリーズ」を使用。

保湿力が高く、肌のバリア機能を高めるのに効果的です。お客さまにも、花粉によるかゆみや乾燥が軽減したと評判ですよ。

メイクはほどほどに

花粉の時期、メイクは最低限にとどめることがオススメ。だからといって、まったくしない方が良いというわけではありません。

メイクの下地やファンデーションは、花粉が肌に直接触れるのを防いでくれます。

ただし、濃いメイクは危険です。それはクレンジングに時間がかかるから。

クレンジングに時間がかかれば、肌への負担が大きくなります。

そのためサッとおとせる薄いメイクを心がけてみてください。

花粉と美肌

バランスの良い食事で花粉に負けない肌へ

花粉による肌への影響をおさえるためには、食事で花粉に強い肌をつくることも大切です。

そのためバランスの良い食事をとることが重要。

とはいえ、分かっていてもバランスの良い食事は難しいですね。

そこで、オススメしたい食材が2つ。それは甜茶と納豆です。

甜茶で花粉対策

甜茶とは、甘いお茶のことです。

甜茶の中でも甜茶ポリフェノールを含むバラ科のものが花粉症にオススメとされています。

この甜茶ポリフェノールには、粘膜の炎症やかゆみや鼻水などの症状を招くヒスタミンの分泌を抑制作用があります。

毎日のコーヒーや紅茶の一杯を甜茶に置き換えてみましょう。

納豆で花粉対策

花粉と戦える肌をつくるには、免疫力を高めることが大切です。

体内で免疫力を高める上で、大切なのが腸の働き。腸内環境を整えるだけで、花粉に強い体と肌が手に入るのです。

そこで、効果的なのが納豆です。

納豆に含まれる乳酸菌は、他の乳酸菌と比べ、寿命が長く熱に強いのです。

そのため、生きたまま腸に届き、腸内環境を整えます。腸内環境を整え、免疫力を高めるのです。

さらに、納豆に含まれる乳酸菌には、スギ花粉によるアレルギー性鼻炎の症状を緩和する効果もあるとされています。

ぜひ、毎日の食事に納豆を取り入れていきましょう。

花粉と美肌

花粉による肌へのダメージを最小限にまとめ

花粉は、鼻水やくしゃみだけではなく、肌へさまざまなトラブルを引き起こします。

それは春にかけて肌のバリア機能が低下して、デリケートな状態になっているため、花粉の影響を受けやすいのです。

花粉への影響を最小限にとどめるためにも、保湿ケアを徹底してバリア機能を高めることが大切です。

化粧品には、「ラズベリーセラミド」や「ハマメリス水」を取り入れていきましょう。

そして、乾燥を招く洗顔やメイクにも気をつけることが大切です。

また食事には花粉に有効な「甜茶」や「納豆」を加えていくことで、より肌を花粉から守ることができます。
ぜひ、試してみてくださいね。

そして、暖かな春の陽気のように、輝かしい肌を手に入れましょう。

美容心理士から見た「花粉」に最適なカラーセラピー

花粉の症状を和らげるのにオススメなのがアロマです。花粉が飛びまわる外出時には、マスクをしますね。

このマスクにアロマを一滴垂らして出かけるようにしていきましょう。

花粉と美肌

特にオススメな香りは、グリーン系の香りであるペパーミントやティートゥリーのアロマ

グリーンを連想する香りは、免疫を高めて花粉からの刺激を軽減してくれるでしょう。

さらに深く息ができる効果もあるので、花粉で敏感になっている神経を和らげてくれますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »