麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

酷暑

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


今年の夏は、酷暑でしたね。肌トラブルに見舞われた方も多かったのではないでしょうか?

この夏の異常な暑さは、肌に深刻なダメージを与えています。だからこそ、早めのダメージケアが必要です。ここでは夏のダメージによる肌トラブル対策について紹介します。肌トラブルケアを早めに取り入れ、美肌を手に入れましょう。

酷暑

酷暑による肌トラブルとは

夏は肌へのダメージが他の季節よりも大きいです。特に今年の夏の異常な暑さにより、肌へのダメージも通年よりも深刻と考えて差し支えありません。

厳しい日差しが降り注いでいたことにより、紫外線によるダメージが肌のあちこちに蓄積しています。肌に過剰なメラニンが蓄積されてしまっているとともに、肌の弾力を司る真皮部分も紫外線により、ダメージを抱えるのです。

さらに今年のように天候や気温、湿度が急激に変化する場合、肌の乾燥もさらに促進されています。湿度が急に低下することで、肌内部の水分まで蒸発してしまうのです。

そして、室内と室外の温度差も肌ダメージのもの。この夏のような温度差がありすぎることで、血液の流れも滞るのです。その結果、クスミや肌荒れを引き起こし、乾燥シワやカサツキのある肌トラブルへ発展してしまいます。

しかも、この肌トラブルは、酷暑を乗り越えたちょうど今ぐらいの時期から表面に現れだします。そして秋の季節の間、ずっと肌トラブルに悩まされることもあるのです。秋も美肌をキープするためにも、冬まで肌トラブルを引きずらないためにも、夏の肌へのダメージは早めのケアが大切です。

夏の肌トラブル対策は、化粧品によるケアはもちろんのこと、ライフスタイルから改善が必要です。秋、冬も美肌でいるために、今日から肌トラブルケアを取り入れましょう。

酷暑

生活習慣で肌トラブル対策

まず、夏の肌ダメージの改善に大切なのは、ライフスタイルです。どうしても、暑いことから冷たい飲み物ばかり取り入れがちですね。しかし、この時期の肌は室内と室外の温度差などから、ただでさえ血流が悪くなっています。そこへ冷たい飲み物ばかり飲んでいると、内臓まで冷え、より血流の流れを低下させてしまうのです。

栄養や美容成分は、血液が肌まで届けます。だからこそ、血流の促進が大切になります。私のオススメは、温かい飲み物を取り入れること。特に私が開発した「トータルビューTEA」が最適です。

このお茶は、お客様の「いろんな種類のダイエットサプリを飲むのが面倒くさい」という声から生まれたもの。フルーツプラセンタをはじめとした9つのダイエット成分を贅沢に配合したことで、脂肪燃焼はもちろんのこと、むくみやデトックスにも効果的です。

さらに糖質や油分をカットしているので、ヘルシー。さらにダイエット茶、特有の苦い、まずいお茶ではなく、飲みやすく見た目も鮮やかな赤しそとハイビスカスの味わいです。まさに飲むだけでダイエットできるお茶です。

このお茶には、ダイエット効果だけではなく、基礎代謝の促進や血液促進効果もあります。
内臓が冷えている時期だからこそ、朝目覚めの一杯にホットで取り入れるのがオススメです。

そしてできるだけ、毎日入浴することも血液促進に効果的。入浴は肌のターンオーバーの促進にもつながります。さらに入浴により、内臓を温め、血液を促進することは、化粧品の浸透を高めるほか、ストレスの軽減にも効果的。肌同様に体の内側もいたわりましょう。

また、睡眠をしっかりとることも肌にも体にも大切です。睡眠時間は肌のメンテナンス時間です。夏のダメージもこの時間にメンテナンスされています。

酷暑で睡眠不足の方も多いでしょう。部屋の空調を過ごしやすい温度に工夫したり、ひんやりする寝具を取り入れ、睡眠環境を整えましょう。また内臓を温めることは、寝つきをよくします。特に夜は、冷たい飲み物をさけ、温かい飲み物を取り入れたりてくださいね。

そして、睡眠の質を上げることで、より美肌に導くことができます。質の高い睡眠は、さまざまな美肌ホルモンを分泌するのです。質の高い睡眠を手に入れるためには、夜の入浴が効果的。特に眠る1時間前に入浴をすますと体温が下がり、質の高い睡眠が得られると言われています。

ただし、寝る前のスマホやPCの使用は要注意。ブルーライトの光が、脳を興奮状態にするため、寝つきにくくするのです。寝る前は何もしないでぼーっとする時間を作ることも、睡眠の質を高めるには大切です。

酷暑

化粧品で肌トラブル対策

夏の肌トラブル対策には、通常よりも多くの美容成分が必要です。そのため、美容成分が高配合の美容液をスキンケアにプラスしてあげましょう。オススメは、私自身も取り入れている「Gセラム」

Gセラムには、細胞を活性化させる金箔ナノコロイドと白金ナノコロイドが配合。さらに肌の生まれ変わりをサポートする成長因子が5種類も配合されているのです。それにより、肌本来の再生機能を引き上げ、ターンオーバーを正常な感覚へと導きます。

プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸も高配合なので、乾燥肌の改善にも、シワにも効果的。そして使えば使うほど、シミやくすみが取れ、トーンアップすると好評な美容液です。

とはいえ、美容成分がいくら高配合だといっても、数回スキンケアに取り入れただけでは、肌トラブルは改善しません。化粧品は使い続けることが大切です。少なくとも1ヵ月は使い続けましょう。

酷暑

肌トラブル対策にご褒美エステ

そして夏の肌トラブルは、顔だけではなく、体にもおこっています。さらにこの酷暑では、体の倦怠感などの夏バテもおこっているでしょう。そんな方は、思い切って全身にエステのご褒美をプレゼントしましょう。

エステでの施術では、体の疲れをとるとともに、肌までケアできます。私のサロン「ヒーリングオアシス」では、ボディ施術メニュー「デッドシーフルセラピー」がオススメです。

デッドシーフルセラピーとは、世界で有数の塩分濃度を持つイスラエルの死海でとれた塩と死海泥を使ったコース。この死海は、ダイエットにも美肌にも必要不可欠なミネラルとマグネシウムが豊富です。

死海の塩入りのオイルで全身のマッサージをおこなうと、塩によるピーリング効果も得られるのです。さらにミネラルとマグネシウムを補給することで、発汗を促し、デトックス効果も高めてくれるのです。

それにより毒素をしっかり排出、余分な水分も取り除くことができるので、むくみを解消します。さらに最後に背中に死海泥のパックをおこない、ヒートマットで全身を温めていくので、体内にたっぷりの栄養を補給できます。施術後は体が軽くなり、肌もツルツルになるので、一押しのコースです。

併せて、「塩澤式フェイシャル」で、肌にたっぷりの水分を補給することで、夏の肌トラブルをケアできます。乾燥も予防できるので、乾燥が厳しくなる秋から冬にむけてオススメです。

またハンドトリートメントで、しっかり表皮の4段階の層と真皮、筋肉、それぞれを活性化させます。血流やリンパをしっかり流してゆくので、小顔効果も得られますよ。

酷暑

酷暑による肌トラブル対策を取り入れよう!まとめ

酷暑による肌トラブルには、1日も早いケアが大切です。ケア方法は、内臓から体を温めること、睡眠をしっかりとることです。そして効能の高い美容液を取り入れるのも欠かせません。

そして夏の酷暑を頑張った全身にご褒美をあげることもオススメです。ご褒美はエステサロンでの全身ケアが良いでしょう。ぜひ、今日から夏の肌トラブルケアを取り入れ、秋も美肌を手に入れましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「酷暑の肌トラブル対策」まとめ

夏の酷暑に体を対応させようと無意識に働いてくれた自律神経を究極に癒すカラーは青色です。

酷暑

青色は無意識に自律神経の乱れを調整する作用が統計データや色彩心理学の見地からも注目されています。夏の終わりは空や海を眺めたり、青を連想させる青魚やかき氷、チョコミントを食べて心身ともに調整しましょう。大人は、ブルーダイキリのカクテルも◎。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »