麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

乾燥肌対策

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


いよいよ春の足音が聞こえてきました。

実は春先は肌トラブルの起きやすい時期ということをご存知ですか?

その原因のひとつが、冬の乾燥によるダメージです。だからこそ、今のうちにしっかりと乾燥肌対策をおこなっておく必要があります。乾燥肌に有効なのは、化粧品だけではありません。サプリメントによる体の内側からのケアも重要です。

今回はサプリメントによる体の内側からの乾燥肌対策について紹介します。今回紹介するサプリメントをうまく活用し、春も美しい肌を手に入れましょう。

乾燥肌対策

冬から春にかけての肌

冬から春にかけて、肌トラブルに悩む方が多いですね。春になり強さを増す紫外線や花粉によるダメージはその典型的な原因です。そして冬の間蓄積された、感想による肌ダメージが、この時期になって現れてきます

乾燥した肌は、外からの刺激にも弱く、ターンオーバーも乱れがち。肌は、1日でダメージの修復はできません。最低でも28日かかるターンオーバーをへて、ようやく生まれ変わります。だからこそ、冬のダメージの放置は危険なのです。

冬の乾燥で弱まった肌に、春から強さを増す紫外線や花粉によるダメージを受けることで、冬よりも深刻な肌ダメージをおってしまいます。蓄積された肌ダメージがひどければひどいほど、肌の回復も遅れます。

ダメージを受けた肌は、簡単には回復できません。リカバリーが完了するまでは、ダメージを少しでも改善しようと肌が細胞生成を急いでしまいます。また、生成機能そのものも低下しています。結果、新しい肌細胞も未熟なものばかり生まれ、肌トラブルの負のスパイラルに陥ってしまう危険もあるのです。

また春は、新生活がスタートする時期でもありますね。冬の肌ダメージを引きずっていると、角質がどんどん分厚くなり、くすみも出てきて大切な写真撮影も台無しになってしまいます。だからこそ、冬の乾燥によるダメージは、この時期に改善させる必要があるのです。

乾燥肌の対策には、体の内外からのケアが必要です。体の外からのケアのひとつが化粧品ですね。化粧品では、肌の保湿成分の要であるセラミドをたっぷり補充するのがオススメです。

そして体の中からのケアに取り入れていただきたいのが、サプリメントによる乾燥肌ケア。化粧品とともにサプリメントを補充すれば、より乾燥肌対策を強化できますよ。

乾燥肌対策

乾燥肌対策サプリメントの選び方

乾燥肌を予防、改善するためには、バランスのとれた食事が大切です。特に必要となるのが、タンパク質、オメガ3系脂肪酸、ビタミン群、ミネラル群。これらの栄養素が不足してしまえば、化粧品でセラミドを十分に補充していても、乾燥肌を招く恐れが高まります。

それぞれの栄養素の働きを紹介します。まずタンパク質は、細胞の生成に欠かせない栄養素。タンパク質が不足すると、肌のそれぞれの細胞が未熟となり、乾燥肌を招き、乾燥肌の対処ができなくなってしまいます。

続いてオメガ3系脂肪酸。これはイワシやサバなど青魚に多く含まれるもの。この成分も細胞の構成に深くかかわる成分。それぞれの細胞の細胞膜を構成する成分なので、不足すれば、細胞の生成がうまくいきません。そのため、ターンオーバーにも悪影響をもたらします。

そしてビタミン群は、肌の代謝を左右する栄養素。特に欠かせないビタミンが5つ。まずはNMFの生成を促し、皮膚や粘膜を正常な状態に保つビタミンA。続いて、ターンオーバーを正常な期間に保つビタミンB群。

そして新陳代謝をアップさせたり、活性酸素を抑制するビタミンEやコラーゲンの生成を促すビタミンCです。これらも肌を乾燥から守るために欠かせません。

そして最後にミネラル群。中でも、乾燥肌対策に重要なのが亜鉛です。亜鉛は、細胞が生まれ変わる際に働く酵素の成分。亜鉛が不足すれば、乾燥肌だけではなく、さまざまな肌トラブルを招く恐れがあるのです。

ではこれらの栄養素をどのように摂取するか。摂取の方法のひとつが、食事です。

乾燥肌対策

しかし、食事ですべての栄養素を補給するのは、難しい場合もあるでしょう。そこで便利で手軽なのが、サプリメントです。

タンパク質は、食事では肉や魚、卵から摂取できます。タンパク質の摂取が不足していると感じた時にオススメのサプリメントは、プロテインです。

近年では、さまざまな味のプロテインが発売されていますね。飲みやすく、食べやすいものが多くなっているので、不足分の摂取に最適です。プロテインを選ぶ際は、糖分などが含まれていない良質なものを選びましょう。

続いて、オメガ3系脂肪酸はEPAやDHAのサプリメントで補給できます。魚やアマニ油などを食事で摂取する機会が少ない方は、積極的にEPAやDHAのサプリメントを取り入れましょう。

そしてビタミン類はマルチビタミンのサプリメントでの摂取がオススメです。亜鉛も亜鉛のサプリメントが販売されていますね。亜鉛は、アルコールや食品添加物を分解する際に大量に消費されます。

アルコールを摂取する機会が多い場合は、積極的にサプリメントで補給してくださいね。また、喫煙される方はビタミンCを大量に消費します。マルチビタミンと併せて、ビタミンCのサプリメントを補給することで、乾燥肌対策が強化できます。

食事内容で不足しがちな栄養素を積極的にサプリメントで補給し、乾燥肌の予防と改善を目指しましょう。

乾燥肌対策

サプリメントとともに乾燥肌対策を

乾燥肌対策に化粧品と併せて、サプリメントの使用をオススメしていますが、やはり即効力を高めるためには、生活習慣の見直しも重要です。サプリメントから得た栄養素は、例えば、睡眠です。睡眠中は細胞の修復や再生がおこなわれる大切な時間です。

睡眠不足が続くと、細胞の生成の時間が少なく、化粧品とサプリメントでの乾燥肌対策だけでは、不十分な場合もあるのです。だからこそ、睡眠は十分な時間と質の高い睡眠が重要です。仕事や家事が忙しくとも、肌のために十分な睡眠がとれるように工夫したいですね。

そして睡眠とともに見直しが必要になるのが、寝具や衣類です。寝ている間、肌が触れるものは、肌触りのよいものにするのがオススメです。また衣類もウールなどの刺激の強い生地ではなく、コットンなどの素材に変えることで、肌への刺激を最小限におさえ、乾燥肌を予防できます。

そして睡眠に加え、乾燥肌改善のために見直してほしいのが、入浴方法です。ついつい寒い日が続くと、湯船もシャワーも熱めの温度を設定しがちになりますね。しかし40度以上のお湯は、肌に必要な皮脂までも洗い流すため、乾燥肌を招く恐れがあります。

どんなにサプリメントで対策しても、乾燥肌を促進させる恐れがあるので、注意してくださいね。さらに長時間の入浴は、肌をふやかせ、乾燥を守るために必要な肌内部の保湿成分を流出させてしまいます。湯船につかるのは、20分程度にとどめるのがオススメです。
そして乾燥肌は摩擦厳禁です。

そのため、顔や体を洗う際は、ゴシゴシこすらないように十分に注意しましょう。顔だけでなく、体も泡で洗うように優しく洗ってくださいね。その後水滴を拭きとる際も、タオルでゴシゴシふき取らないようにしてください。

これらを見直すことで、サプリメントでの乾燥肌対策の効果を高めてくれるでしょう。

乾燥肌対策

乾燥肌に効果的なサプリメントの選び方まとめ

乾燥肌対策は、バランスの取れた食事が重要です。特に必要な栄養素は、たんぱく質、オメガ3系脂肪酸、ビタミン類、亜鉛です。これらが不足しがちな場合は、サプリメントでの補強が重要です。

プロテインやEPAやDHAのサプリメント、マルチビタミンや亜鉛のサプリメントをうまく取り入れ、体の中から乾燥肌対策をおこないましょう。そうすることで、春先も美しい肌で過ごせますよ。

美容心理士塩澤麻衣による「サプリメント」まとめ

「ありがとう!」と伝える際は、しっかり相手の目を見て、大きくステキな声をだして言うようにしましょう。「ありがとう」と人に言われてうれしくない人は少ないはず。

乾燥肌対策
受け取った側の心は満たされて、内側から潤いあふれた日を過ごすことができるでしょう。サプリメントの効果も高まりますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »