麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

マフラー

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


梅や桃、そして菜の花が各地で咲きだし、春らしい風景になってきました。そして間もなく衣替えの時期を迎えようとしています。冬から春を迎え衣替えするころには、体のシルエットやシミなど、冬のあいだ隠されていたさまざまな問題が表面化してきます。

近年、お客様の悩みで多いのが、首のシワやシミ。冬の間隠されていた首のトラブルに春の服装で気付かれる方が多いのです。とくに首のシワは年齢を問わず悩まれている方が多いもの。そして実年齢よりも老けさせてみせたり、太ってみせてしまう要因にもなります。今回は首を美しく保つための方法を紹介します。

マフラー

首のエイジングサインの原因とは

シワやシミの予防と対策をかね、顔のお手入れに力を注いでいる方はたくさんいます。しかし顔とつながっている首もとのケアが行き届いてない方は意外に多いもの。ついつい顔に集中してしまいますが、シワやシミなどエイジングサインが出やすく、また案外目立ちやすい部分が首です。

首のシワは年齢に関わらず深く刻まれやすいもの。その原因のひとつが姿勢です。近年ではスマートフォンの普及により、常に頭を斜め下に傾けた状態が長時間続きがちになりますね。

私たちの頭はどれくらいの重さがあると思いますか?

成人していれば、約4~6キロほどの重さがあると言われています。その頭を支えているのが首やそのほかの部分です。ただでさえ、首は頭を支えるために負荷が常にかかっていますが、目線を下げ、頭を傾ける姿勢は、その負荷を大きくします。15度傾くほどに3倍ほどの負荷をかけてしまうのです。

負荷が大きくなった首は、傾くほどに首にシワをよせやすくなってしまいます。そしてその姿勢が日常化することで、首のシワも日常化し、肌に形状記憶されることで、シワが深くなってしまうのです。また高すぎる枕を使用している方も、首にシワがよりやすくなることで、シワができやすくなります。

マフラー

もちろん、首のシワの原因はそれだけではありません。乾燥も原因に当てはまります。実は首の皮膚は、顔の皮膚よりもさらに薄い構造です。そして首もとは汗をかきやすい部分のため、他の部分にくらべ、乾燥しやすい部分でもあります。

普段から保湿ケアを丁寧におこなっていないと、すぐに乾燥しシワを生み出してしまうのです。さらに乾燥はシワだけではなく、シミを生み出すリスクも高めます。乾燥している状態は、紫外線のダメージを受けやすく、シミの原因を増やしてしまうのです。

また首のシワやシミは、加齢によるものもあります。加齢によるたるみはシワに直結しやすいのです。首のエイジングサインを予防し、改善するためには毎日のケアが大切。スキンケアでは、顔とともに、首のケアにも力を入れてみましょう。

マフラー

首のシワ対策

まずは首のシワ対策ケアの方法を紹介します。首のシワ対策で今日からできるケアのひとつが、保湿ケア。首用の特別なスキンケアを買う必要はありません。顔に使用している化粧品を首まで使用するようにしましょう。そのひと手間でしっかり保湿ケアができ、首のシワ対策ができます。

そして首に化粧品を使用する際に、マッサージを加えてあげるとより効果的。耳の下に手の平を優しく添わせ、そのまま鎖骨に向かってリンパを流しましょう。すると首の老廃物を流し、コリを解消するとともに、リフトアップ効果も期待できます。

スマートフォンやパソコンを日常的に使用するからこそ、よい姿勢の意識は大切です。とくにスマートフォンを見る位置に気を付けるようにしましょう。目線が下がる位置でスマートフォンを見ると、首を傾け、シワがよりやすい姿勢になっています。

スマートフォンはできるだけ目線と平行な位置で見るようにしましょう。すると首にシワがよりにくくなるだけではなく、首や肩こりの軽減にもつながります。また腕を常に上げることで、二の腕痩せにも効果があるのです。とはいえ、毎日その姿勢でスマートフォンを見ることは、慣れていないと難しいですし、人の目が気になることもあるでしょう。

また、パソコンはどうしても目線を下げて使用しなければなりません。そんな時は、定期的にストレッチを取り入れ、首の前側を伸ばすようにしましょう。ストレッチ方法は簡単です。

頭を上に向けて、天井を見ます。そのままアゴを天井に突き出しましょう。すると首の前側が伸びるのを感じられるでしょう。また人目がないときは、天井を見上げたら、舌を天井へ突き上げるストレッチもオススメです。

どちらのストレッチも、首のシワ対策はもちろんリフトアップ効果もあるので、ぜひ試してみてくださいね。

マフラー

首の日焼け対策と美白ケア

首のシミ対策には、日焼け対策と美白ケアを取り入れましょう。とくにこれからは、紫外線の降り注ぐ量が増えるため、日焼け対策の徹底が大切です。日焼け対策は塗る日焼け止めはもちろん、帽子や日傘も有効です。

首元であれば、ストールを巻くことで、日焼け対策になります。UVカット効果のあるストールを巻けば、さらに日焼け対策効果を高めることができます。そして飲む日焼け止めを併用することも大切です。飲む日焼け止めを取り入れれば、紫外線によるダメージを予防する効果もあるのです。

飲む日焼け止めは年々種類が豊富になり、体の内外から日焼け対策をおこなうのが当たり前になりつつあります。飲む日焼け止めは全身の日焼け対策にも効果があります。紫外線が増えだす前のこの季節から飲みだしてくださいね。

そして首の美白ケアもシミ対策には大切です。顔の特別なスキンケアとしてスクラブを取り入れたり、美白パックを取り入れる方もいることでしょう。そのついでに、首元も同じケアをおこないましょう。美白パックは、フェイシャルパックはもちろん、美白化粧水によるローションパックもオススメです。

大きめのコットンに美白化粧水をたっぷり含ませます。そして首元を覆い、ラップで巻きましょう。3分ほどたったら、たっぷり保湿ケアをおこない完成です。フェイシャルケアは、首もとまでおこなう意識をもつことだけでも、首もとのシミ対策に有効ですよ。

マフラー

首を美しくたもつケア方法を紹介まとめ

首のシワやシミ対策には、スキンケアを首もとまでおこなうひと手間が大切です。そしてシワ対策にはマッサージとストレッチ、姿勢の改善を取り入れましょう。そしてシミ対策には体の内外の日焼け対策をおこないましょう。今年は首もとも美しい女性を目指しましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「首のケア」まとめ

春はパステルカラーをファッションに取り入れるに最も良い時期。ミントグリーンは周囲の肩の力を抜かせてくれる癒しを与えられるナチュラルな女性を演出。

ピンクは周囲に幸せをもたらたす愛されキャラに。淡いイエローは、日常を過ごせる幸せを啓蒙できるハッピーカラー。みんなの人気者になれる効果があります。

マフラー

あなたなら何色を取り入れますか?


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »