麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

バレンタインチョコ

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


2月14日はいよいよバレンタインですね。バレンタインデーは女性から男性に気持ちを込める大切な日。日本では、この風習が約60年も続き、大切にされています。

海外では、恋人たちの大切な日ですが、チョコレートを女性から贈るのは日本発祥の文化です。これは日本の製菓業界のキャンペーン戦略によるもの。

そんななか、徐々に本命チョコだけではなく、義理チョコ、友チョコまで準備されるようになってきましたね。一人一人に思いを込めて、さまざまなプレゼントを準備されることでしょう。

そんなバレンタインに私から提案です。

今年はいつものチョコレートではなく、美容効果を高めるチョコレートパックを友チョコにしてみませんか?

ここでは、チョコレートの美容効果と、チョコレートパックの作り方を紹介します。

バレンタインチョコ

チョコレートパックの美容効果とは

チョコレートパックとは、その名の通りチョコレートの美容パックです。海外では、以前よりエステサロンなどでチョコレート美容が取り入れられてきました。近年、日本でもチョコレート美容を取り入れるサロンや商品が増えてきています。

では、おかしのチョコレートのどんなところに美容効果があるのでしょうか?

それはチョコレートに含まれるカカオに秘密があります。このカカオには強力な抗酸化作用があり、肌の老化の原因のひとつである活性酸素を抑制してくれる効果があるのです。

その研究の一つとして、カカオポリフェノールを多く含むカカオ商品を12週間摂取し続けたことにより、角質層の水分量の低下を食い止めることができた実験結果もあります。

そんな有能なカカオ成分をたっぷり含んだチョコレートをまとうことで、美肌に導くことができるのです。そして、活性酸素を抑制することは、シミやシワを抑制することにもつながります。そのため、アンチエイジング化粧品としても、食材としても注目を集めているのです。

さらにチョコレートの効果はそれだけに留まりません。チョコレートには、幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促進させる働きがあります。つまり、副交感神経を働かせ、ストレスを和らげてくれる働きがあるのです。

「イライラしている時にチョコレートを食べると落ち着く」なんて方もいるでしょう。それはチョコレートを摂取することで働くセロトニンのおかげ。チョコレートがやめられないという方も、この効果のためとも言われています。

またチョコレートの香りにもリラックス効果があり、チョコレートパックを取り入れることで、心身ともに癒してくれる効果もあるのです。

バレンタインチョコ

チョコレートパックの作り方

エステサロンなどで使用されているチョコレートパックは、チョコレートにシアバターなどの保湿成分が加えられたもの。チョコレートパックを塗りこんだあとに、発汗させることで、より多くのチョコレート成分を肌に取り込めるように使用されます。

そんなチョコレートパックは、自宅でも簡単に作れます。まずはカカオパウダー100%のものを用意しましょう。砂糖が配合されているものは、肌トラブルのもとになるのでNGです。

次にココアパウダーと精製水をペースト状になるように混ぜ合わせていきます。パックがゆるくなった場合は、小麦粉を加えて程よい硬さになるまで混ぜましょう。そして程よい硬さのペーストになったら顔にのせ、チョコレートパックの完成です。

カカオパウダーの目安は、1回のパックで100gほど。チョコレートパックをおこなう際は、顔にパックをのせた上にラップをかぶせ、ホットタオルを乗せれば、よりチョコレートの美白効果を高められます。

バレンタインチョコ

また入浴中にチョコレートパックをおこなうのも良いでしょう。さらに保湿効果を高めるためにパックにはちみつやオリーブオイルなどの保湿成分を加えることもオススメ。パック後の肌の仕上がりを、よりモッチリさせてくれます。

さらにヨーグルトを加えると美白効果を高めるチョコレートパックに仕上がります。その際使用するヨーグルトも、砂糖が使用されていないプレーンタイプを選ぶようにしましょう。

そして、チョコレートパックのあとは、しっかりとパックを洗い流し、化粧品で肌を整えていきましょう。

またパックは作り置きをしないことが大切です。作り置きをしてしまうと、パックに混ぜたものが徐々に酸化していき、肌トラブルの原因となってしまうので、注意してくださいね。

チョコレートパックをプレゼントする際は、使用する直前に混ぜ合わせてプレゼントするか、材料のみプレゼントするようにしましょう。

バレンタインチョコ

チョコレートの美容効果

チョコレートは肌に塗るだけではありません。食べることでもさまざまな効果が得られます。

特にカカオが高配合のチョコレートは、便秘解消効果もあります。カカオに含まれるタンパク質の一種「カカオプロテイン」は、胃酸などに溶けることもなく大腸に届き、便のかさを増やすことができるのです。

さらに腸内環境を整え、整腸作用も期待できます。便通を改善することで、腸内環境を整え、美肌効果とダイエット効果の両方を期待できるのです。

さらにチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血液の流れをスムーズにする働きがあります。ドロドロだった血流を改善し、さらには血管をしなやかにする効果があるのです。

血液の流れがスムーズな体内は、すみずみまで、栄養を必要な場所へ送ることができます。そんな体内は代謝もスムーズで肌のターンオーバーや脂肪の燃焼も高めてくれるのです。

またチョコレートに含まれるオレイン酸には、ダイエットの天敵である中性脂肪やコレステロールを減少させる作用まであります。

そのため積極的に毎日取り入れたい食材です。特に欧米ではチョコレートを毎日食べる習慣があるものの、日本にはまだまだ馴染んではいません。とはいえ、食べすぎも禁物です。毎日のチョコレートの1日に25g程度。2~3粒程度が理想的です。

特に甘いチョコレートではなく、カカオが高配合のチョコレートを選ぶことで、カロリーを抑え、美容効果を高めることができます。

また、チョコレートに含まれるストレスを軽減してくれる作用は、安眠効果にもつながるのだとか。ぜひ、積極的に毎日にチョコレートを取り入れていきましょう。

バレンタインチョコ

バレンタインはチョコパック作りに挑戦!まとめ

チョコレートは高い抗酸化作用、アンチエイジング作用、そして高い美肌効果を兼ね備えています。日々のスキンケアにチョコレートパックを取り入れることで、肌を各段と輝かせてくれるでしょう。

取り入れ方は簡単です。自宅でも簡単に作れるチョコレートパックを作ってみましょう。バレンタインの友チョコの代わりに、友人にプレゼントするのもオススメです。

今年はひとあじ違うチョコレートのプレゼントで、友人とともに美容をきわめてみましょう。もちろん、チョコレートを食べても美肌効果を得られるので、ぜひ試してみてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「チョコレート」のまとめ

チョコレートの色のダークブラウンは深い安心、安定を表します。

バレンタインチョコ

バレンタインシーズンはチョコレートを食べる機会が増し、チョコレートの甘さで幸福ホルモンをも誘発されます。バレンタインデーは、寒い冬の美容にぴったりなイベントなのてすよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »