麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

夏の保湿

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


夏のスキンケアといえば、何を思い浮かべますか?

紫外線対策と答える方が多いでしょう。もちろん夏の紫外線対策は大切です。そして紫外線対策と同じくらい大切なスキンケアがあります。それが保湿ケア。そして夏の保湿ケアは、夏ならではの方法を取り入れるのが、美肌への近道です。

今回は、そんな夏ならではの保湿方法を紹介します。ホームケアの参考にしてくださいね。

夏の保湿

夏の乾燥肌

肌の乾燥といえば、秋~冬が要注意、と思っている方も多いでしょう。それは秋から冬の肌は、肌の表面を見るだけで、肌の乾燥状態がわかる場合が多いからです。しかし、実は夏も変わりません。肌は、夏も深刻な乾燥と戦っています。

とはいえ夏の肌は、高い気温と温度の関係で、汗や皮脂が分泌され、表面上は潤っているように見えます。そのため、肌内部の乾燥の状態に気が付きにくい、インナードライの状態に陥ってしまうのです。

秋や冬のように、空気が乾燥していないのに、肌が乾燥してしまう原因のひとつが、夏のエアコンです。冬の暖房は、より空気を乾燥させることで、知られていますね。そして実は冷房も空気中の水分をうばいとることで、室内を乾燥させてしまいます。そのため、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

また夏の汗も肌の乾燥のもと。汗をかくことは、体内の温度を調節するために必要ですが、汗が蒸発する際に肌内部の水分を奪い取ってしまうのです。また厳しい紫外線による肌ダメージも、夏のインナードライの原因に。

そのほか、室内外の温度の差や夏バテ、エアコンによる冷えなど、さまざまな要因が重なり、夏のインナードライは進行します。表面だけでは判断しにくい夏の乾燥肌。その予防と対策に直結するのが、保湿ケア。夏ならではの保湿方法を具体的に紹介します。

夏の保湿

夏の保湿方法とは

夏は肌のテカリや汗が気になり、ついつい保湿ケアがないがしろになる方も多いのでは?

保湿を怠ると、夏のインナードライにまっしぐらです。夏は気温や湿度の関係で、汗や皮脂が分泌されやすくなります。しかし、肌内部が乾燥していると、肌を紫外線などの外からの刺激から守ろうと、より皮脂が分泌され、テカリやすくなってしまうのです。

夏の肌でも、基本は保湿。保湿の徹底こそが、美肌の源なのです。

とはいえ、皮脂によるテカリが多いと、保湿されているような気がしたり、ニキビの心配もありますね。といって、化粧水だけのケアでは、肌の水分と油分のバランスが整わず、肌内部の乾燥は悪化してしまいます。

夏の保湿方法は、まずはしっかりと水分を化粧水で補給すること。汗で、化粧水が浸透しているかわからなくなる。と言う方もいますが、手の平で顔を包み込むように、そして水分を抑え込むように浸透させましょう。

その際、一度に浸透させようとせず、2回、3回と少しずつ浸透させるのがオススメです。化粧水が浸透したかどうかのサインは、手の平に肌が吸いつく感触。その際、肌のベタツキが気になる場合が、化粧水を油分の多いしっとりタイプのものから、さっぱりタイプのものへ、変更させるのもオススメです。

夏の保湿

そして大切なのが、浸透させた水分を乳液やクリームでしっかり水分を肌内部に閉じ込めること。

夏は皮脂が過剰になるため、化粧水だけでも十分なスキンケアだと思っていませんか?

それは間違ったスキンケア方法。肌内部の乾燥から、肌を守るためにも、しっかりとクリームや乳液をつけましょう。ベタツキが気になる場合は、乳液だけでもつけてください。乳液を使用後、肌のつっぱりが気にならなければ、クリームを塗らなくとも大丈夫です。

乳液やクリームの夏の塗る方法は、少量ずつつけていくこと。乳液やクリームをまずは手の平全体に広げます。その後、顔を包み込むように、手の平でハンドプレスしましょう。

その際、肌のベタツキを抑える方法は、手の平で温めてから、顔につけていくこと。そして、数秒ずつ、しっかり肌と手の平を密着させ、ゆっくり浸透させる方法です。手の平であらかじめ乳液やクリームを温めることで、化粧品の浸透率を高め、肌へ浸透しやすくできるのです。

また夏のスキンケアに先行型乳液を取り入れるのもオススメです。先行型乳液は、化粧水の前に使用することで、化粧水の浸透を高め、その後、乳液を使用しなくとも、しっかり保湿までしてくれる化粧品。夏の不足しがちな水分をしっかり肌内部へと浸透させてくれます。

私がサロンでも、自分自身でも愛用中の「麻布十番塩澤式エスティング美容乳液」も先行型乳液。夏の乾きやすい肌をしっかり潤してくれると、お客さまにも好評なんですよ。夏の保湿化粧品選びや、使用方法の参考にしてくださいね。

夏の保湿

日中の保湿方法

夏の室内は、冷房がどこでもかかっていますね。夏の乾燥肌の原因ともなる冷房。だからこそ、夏の室内では、定期的な保湿ケアが必要です。メイク直しの際に、化粧水ミストを利用されている方もいますね。しかし、この時期の室内では、化粧水だけでは乾燥のもと。

室内は乾燥している状態。そのため、化粧水が乾燥する際に、肌内部の水分まで奪ってしまうのです。

では日中の室内での保湿方法はどのようにすればいいでしょうか?

オススメはオールインワンミスト、もしくは化粧水ミストに加えて、乳液を使用する方法です。オールインワンミストは、化粧水としての機能だけではなく、乳液やクリームの役目を果たします。そのため、水分を与え、水分の蒸発を防ぐ作用もあるのです。

肌が乾いていると感じた場合は、すぐに高い位置からミストを振りかけ、ミストの霧をくぐるように、顔に水分をチャージするのがオススメです。つけすぎた場合は、乾燥をふせぐためにも、軽くティッシュペーパーでオフしましょう。

そしてオールインワンミストは、メイク直しにも最適なアイテム。方法は、先ほどと同じで、まずは、ミストの霧に顔をくぐらせます。ミストを振りかけることで、汗や皮脂で崩れたメイクを適度に浮かしてくれるのです。その後、ティッシュペーパーで浮いたメイクをオフして、整えると、乾燥を予防できるうえに、メイクもキレイに仕上がります。

乾燥を感じていなくとも、最低でも、日中に1回は、オールインワンミストを使用した方法で、保湿ケアを心がけましょう。

そして乳液による保湿方法もメイク直しの強い味方に。乳液は適度な水分と油分をバランス良く含んでいます。乾燥が気になる部分や、メイク崩れが気になる部分に使用し、軽くティッシュペーパーでオフしてメイク直しすれば、保湿ケアをおこないながら、美しいメイクの仕上がりに。特に夕方の目元の保湿ケアやメイク直し方法としてオススメです。

ぜひ夏の乾燥を防ぐためにも、日中の保湿方法も参考にしてくださいね。

夏の保湿

夏の効果的な保湿方法まとめ

夏の保湿方法で大切なのは、肌表面の状態にだまされないこと。そしてゆっくり、じっくり化粧品を浸透させることです。そして肌は日中も乾燥します。乾燥を防ぐ方法は、メイク直しなどのタイミングで、オールインワンミストや乳液などを使い、しっかり水分を補給することです。

今回紹介した方法で、夏の肌も健やかに、美しく育んでくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「保湿方法」まとめ

夏だからって保湿を油断していると、秋冬の時期の肌の乾燥が、さらにひどくなってしまいます。美肌に油断は大敵です

夏の保湿

気を引き締めるためのオススメ方法は、お風呂から出る際、水シャワーを足だけでも浴びてスキンケア意欲を高めること。冷水をかけると心も体も引き締まりますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »