麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

毛穴ケア

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


季節を問わず、毛穴トラブルは悩みの種ですね。毛穴トラブルは、毛穴の黒ずみや角栓、毛穴の開きなどたくさんの種類があります。これら毛穴トラブルの原因は、保湿不足や紫外線によるダメージ、加齢などさまざま。

今回はいろいろある原因のなかでも、メイクと皮脂による毛穴トラブルに着目し、メイクと皮脂をしっかりオフする正しいクレンジング方法を紹介します。クレンジング方法を見直し、トラブルしらずの毛穴を目指しましょう。

毛穴ケア

毛穴ケアはクレンジングから

メイクは、私たちの顔を華やかにして、自信を持たせてくれるものです。しかし、メイク落としをおろそかにしている方を多くみかけます。メイクは毎日丁寧に落とさなければ、毛穴トラブルの大きな原因となってしまうのです。

メイクアイテムのほとんどは、油性の原料でできています。長時間肌に残ったまま放置すると、メイクは顔を華やかに彩るどころか、毛穴トラブルの大きな原因へと変化します。メイクに含まれる油分などが毛穴をふさいでしまう上に、古い角質と混ざり合い、毛穴のつまりの原因となる角栓へと変化してしまうのです。

さらにメイク汚れは、毛穴をふさいでしまう為にニキビの原因菌を増殖させ、ニキビを発生させることも。この現象は、メイク汚れだけではなく、過剰な皮脂も同様です。そしてメイク汚れや過剰な皮脂は、肌に長時間とどまることで、酸化が進みます。酸化が進めば、毛穴の黒ずみまで発生させてしまうのです。

「毎日のクレンジングだけではなく、洗顔もしているのに…」と思う方もいるかもしれませんね。メイク汚れや皮脂は水性ではなく、油性の汚れです。油性の汚れは、洗顔だけでは不十分。油性の汚れにはクレンジングをおこなう必要があります。

またメイク汚れや過剰な皮脂は、毛穴トラブルだけではなく乾燥やくすみの原因になることも。毛穴ケアのためにも、まずは正しいクレンジングをおこなうように心がけましょう。

毛穴ケア

毛穴対策はシーンにあわせたクレンジング選びから

毛穴ケアのためのクレンジング方法を確認する前に、まずは自分に最適なクレンジング剤を選ぶことが大切です。クレンジング剤にはシートタイプやオイルタイプ、クリームタイプやリキッドタイプなど、豊富な種類があります。

手早く洗浄を進めてくれるクレンジング剤はオイルタイプのもの。オイルが主成分で界面活性剤も多く配合されていて、メイクに早くなじみ、しっかりとメイクを落とせます。毛穴ケアといえば、オイルクレンジングと思っている方も多いでしょう。

オイルクレンジングの高い洗浄力は、メイクだけではなく、過剰な皮脂による顔のベタツキや古い角質をもすっきりとオフできます。しかし、オイルクレンジングの使用方法を意外に知らない方も多いです。

オイルクレンジングでは、水をつけてはいけないと思っている方がほとんどですね。しかしオイルクレンジングは少量の水を加えて白く乳化させることで、よりクレンジング作用を高めてくれます。使用する際は、クレンジングする部分に優しくなじませたあとに、少量の水を混ぜ、乳化させてくださいね。
万能なようにみえるオイルタイプのクレンジング剤ですが、欠点もあります。洗浄力が高い分、肌への刺激も強く、乾燥しやすいのです。
そのため時間のかけすぎや摩擦には十分に注意してください。

毛穴ケア

一方、クリームタイプのクレンジング剤は、オイルクレンジングに比べ洗浄力は低下しますが、適度な油分を含み、界面活性剤のバランスも良く、どんなメイクとも相性が良いといわれています。

クリームタイプは肌への負担が軽減されるメリットがありますが、メイクとなじむまで時間がかかるためクレンジング時間が長くなるデメリットがあります。

最近では、水性タイプのクレンジング剤も増えてきましたね。まつ毛エクステの方の強い味方でもあります。水性タイプのクレンジング剤は、油分をほとんど含まず、界面活性剤の作用でメイクを落とします。

ふき取りタイプのクレンジングなので、手が濡れていても使用できますが、拭き取る際の摩擦が肌にダメージを与えることも。シートタイプやふき取るタイプのクレンジング剤は摩擦が大きく、肌にダメージを与え、毛穴トラブルを引き起こすことが多いのです。部分使いや、ふき取りに使用するコットンの質を上げるなど、工夫が必要なクレンジング剤でもあります。

ではどんなクレンジング剤を選べばいいのでしょうか?

洗浄力だけに着目すると、優れている順にシートタイプ、オイルタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプと続きます。

クレンジング剤を選ぶ際は、メイクの濃さで決めるのがオススメです。ナチュラルメイクの場合や日焼け止め程度の場合は、クリームタイプやミルクタイプの洗浄力で十分。ベースメイクが濃い場合はオイルタイプなどの洗浄力が高いものがいいですね。

また毛穴トラブルが気になる場合は、気になる部分だけオイルクレンジングを取り入れるのもオススメです。クレンジング剤の部分使いを取り入れるなど、メイクや毛穴の調子に合わせてクレンジング剤を選びましょう。

毛穴ケア

毛穴ケアのためのクレンジング方法

クレンジングは丁寧におこなうことが大切ですが、時間をかければ良い訳ではありません。丁寧に、しかし素早く、優しくおこなうことも大切です。

メイクが落ちないからといってゴシゴシ長時間肌をこすりつづけていれば、毛穴トラブルはもちろん、肌の乾燥やくすみにつながります。クレンジングを素早く効果的におこなうためには、アイメイクやリップメイクは先に専用リムーバーでオフするのが鉄則です。

目元はアイシャドウやアイライン、マスカラをほどこすことが多いですね。これらは色素も強く、先に専用リムーバーを使用することで、クレンジング時間を短縮するだけではなく、色素沈着を防ぐこともできます。目元の際などデリケートな部分は、綿棒などに専用リムーバーをしみ込ませ、オフすると細かな部分でも簡単に落とことができます、

アイブロウマスカラなど色素の濃いものを使用している場合も、アイメイクと同様に先に専用リムーバーでオフするのがオススメです。その後、皮脂が多く分泌される部分からクレンジング剤を優しくなじませましょう。

毛穴トラブルが出やすい小鼻は、中指と薬指で丁寧にクレンジング剤をなじませましょう。
全体にクレンジング剤をなじませたら、ぬるま湯で丁寧にすすいでください。その際、使用するぬるま湯は熱すぎず、冷たすぎない温度、32度程度のぬるま湯がベストです。

熱すぎるお湯は、必要な皮脂まで落としてしまう為、肌の乾燥を促進させます。冷たすぎる温度は、油性の汚れをしっかり落とすことができません。お湯の温度を意識するのも、毛穴ケアに重要です。

そしてオイルクレンジングを使用する際は、すすぐ前に少量の水でクレンジング剤を乳化させることを忘れないでくださいね。クレンジングはすすぎ終わるまで1分程度が理想です。

また毛穴トラブルが目立つ場合は、クレンジングにホットタオルを取り入れると効果的。クレンジング剤を顔全体になじませたのち、ホットタオルで顔を覆います。その後3分ほどホットタオルで温めることで、毛穴を開き、毛穴に詰まった汚れまでしっかりオフできます。

ホットタオルをほどこした肌は、化粧品の浸透も促進してくれるので、毛穴対策だけではなく、美肌に繋がりますよ。

正しクレンジングで、毛穴トラブルを予防しましょう。

毛穴ケア

毛穴ケア対策はクレンジングから!まとめ

メイクや皮脂汚れは毛穴トラブルを引き起こします。毛穴ケアは正しいクレンジングを取り入れることが大切です。

正しいクレンジングは、濃いメイク部分であるアイメイクや口紅などは専用リムーバーでオフ。その後、クレンジング剤を使用して、素早く、優しく洗い流すこと。その際使用するお湯はぬるま湯を使用します。

また、メイクに合わせたクレンジング剤選びも重要です。正しいクレンジング方法で、毛穴トラブルを予防しましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「毛穴」まとめ

ストレスは過剰な皮脂分泌を招き毛穴の黒ずみの原因に。またイライラしやすい方、怒りっぽい方も同様皮脂分泌が促進さらべたつき肌になります。

毛穴ケア

呼吸をゆっくりモードに意識してみると性格改善やリラックスできますよ。内面のケアをして毛穴を引き締めていきましょう!


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »