麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

エアコンの乾燥

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


暑い夏に欠かせないのが、エアコン。
エアコンは快適なアイテムですが、気をつけなければいけないのが、乾燥です。

実は、夏のエアコンも乾燥を引き起こす原因。

乾燥を放置していれば、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

ここでは、エアコンの乾燥から肌を守る5つの方法を紹介します。

エアコンの乾燥から夏の肌を守り、夏も潤い肌をキープしましょう。

エアコンの乾燥

夏の肌の乾燥とは

乾燥肌と言えば、秋、冬と思っている方も多いでしょう。しかし、夏も乾燥肌になりやすい季節

特に夏の乾燥肌は、秋や冬の肌と違い、鏡を見ても、肌を触っても、乾燥していることが分かりにくいため注意が必要です。

夏の肌は、暑い気温によって皮脂の分泌が活発。その影響によって、なんとく肌が潤っているように勘違いしやすいですね。

しかし肌の内部は乾燥をしている状態が多いのです。

この「インナードライ」を引き起こす一番の原因がエアコン

冷房も暖房もどちらも室内の温度を適切に保つ便利な家電ですが、その風は肌からどんどん水分を奪っていきます。

冬場であれば、外も乾燥しているために室内の乾燥も敏感に感じられますが、夏の冷房による乾燥は、とかく見逃しやすいもの。

さらに夏は、暑さから何度も洗顔する方も多いでしょう。この時、暑いからといって水分の拭き取りをおざなりにすると、肌内部の水分ごと、エアコンが乾かしてしまいます。

さらには、汗も実は乾燥の触媒。汗が乾くのと同時に、肌内部の水分も奪われてしまうのです。

さらに冬場と違い、エアコンの風を強めに設定されている方も多いでしょう。その乾燥した風は、顔をまとう皮脂をも乾かし、バリア機能を破壊。乾燥しやすい肌をつくるのです。

また、夏場の肌は、皮脂にも注意を向けてください。皮脂はテカリやベタつき、さらにメイク崩れの原因にもなるので、できるだけ早く、こまめに拭き取りたくなりますね。

しかし、夏場は暑さだけではなく、肌内部の水分が足りないために、肌を守ろうとして皮脂が分泌されていることも多いのです。

そのため、皮脂の取りすぎると、やはり乾燥を進めてしまいます。いつもより皮脂が出ている時は、肌内部の水分不足を意識して、いつもよりも水分補給を増やしていきましょう。

エアコンの乾燥

エアコンの乾燥から肌を守る5つの方法

エアコンの乾燥から肌を守るためには、家でのケアが大切です。特に、暑い夜は起きるまでエアコンをつけている方も多いでしょう。次の5つのケアを試してみてください。

エアコンの乾燥からマスクで肌を守る

マスクは手軽にエアコンの乾燥から肌を守ることができるアイテム。さらに、マスクをつけていると、自分の呼気でスチーム効果を得ることもできます。

使用するマスクは、少し大きめの男性用がオススメ。マスクで覆う部分は乾燥しやすい口元、年齢を表すほうれい線の部分ですね。

マスクを使用する前に、たっぷりの乳液やクリームを塗って、マスクをして寝ましょう。

ほうれい線予防ができるほか、翌日、潤った唇も手に入りますよ。

エアコンの乾燥

エアコンの乾燥からラップで肌を守る

マスクと同じく、寝る際にオススメなのが食品用のラップ。ラップもエアコンによる乾燥を防いでくれます。

さらに、ラップ前に乳液やクリームを塗っておけば、浸透も高める効果も。乾燥しやすい頬に使用することがオススメです。

また、ラップとマスクを併用すれば、マスクの肌への摩擦を予防でき、しっかり乾燥予防と保湿ケアができます。

頬に使用するラップは、目の下までおこないましょう。目尻の小じわは、乾燥によって引き起こされるので、要注意ですよ。

エアコンの乾燥から水分補給で肌を守る

肌の水分補給は、化粧品だけではなく、水分を体全体に補給することが大切です。日中、就寝前、起床後にもしっかりと水分を補給して、体の中を水分で満たしていきましょう。

その際の水分は、お茶やコーヒー(これらは利尿作用があるので良くありません)ではなく、ミネラルウォーターがオススメ。体の水分不足は、同時に肌の水分までも奪ってしまいますよ。

エアコンの乾燥から加湿で肌を守る

冬の暖房と同様に、冷房も乾燥を招きます。そのため、使用する際は加湿が大切です。方法は、加湿器がもちろん最適です。

加湿器がない場合は、濡れたタオルを近くにかけることや、水を入れたコップを置くようにしましょう。

また、観葉植物を置くことで、室温を調整してくれる作用があります。冷房にせよ暖房にせよ、エアコンの使用はいつも加湿とセットで考えてください。

エアコンの乾燥から乳液やオイルで肌を守る

日中のオフィスなどのエアコン対策には、乳液やオイルが最適。

ミストも良いですが、保湿機能が低いミストだと、より肌の水分を奪ってしまう恐れがあります。

そのため、乾燥を感じた際は、水分と油分をバランスよく配合している乳液で水分を補い、乾燥から肌を守りましょう。

また、皮脂が気になる際は、ゴシゴシ拭き取るのではなく、ハンカチやティッシュで軽くおさえる程度に留めてください。

またオイルによる乾燥ケアもオススメ。一滴を手のひらに伸ばし、顔を優しく包み込むようにおさえていくと、メイクの上からでも、崩すことなく乾燥対策ができます。

エアコンの乾燥

エアコンの乾燥から肌を守るスキンケア

夏のエアコンから肌を守るためには、スキンケアも重要。そして、しっかり肌内部に化粧水を届けることが大切です。

朝、夜のスキンケアには、できるだけローションパックを取り入れていきまよう。その上に、ラップやシリコンカバーなどをすることで、浸透率を高め、肌内部に届けることができます。

入浴する際は、シートパックやクリームパックを取り入れることで、より多くの美容成分を肌内部に取り入れることができます。

さらに、乳液やクリームをつける時に、軽くマッサージをすることもオススメ。適度なフェイスマッサージは、血行を促進させ、化粧品の浸透率を高める効果があるのです。

その際、手の滑りが悪いと、肌に摩擦を起こし、肌トラブルの原因となります。常に優しく、軽くを心がけましょう。

しっかりとしたマッサージをおこなう際は、マッサージ用のクリームやオイルを使用してくださいね。

そして、乳液やクリームの付け方も工夫することで、夏ならではのベタつきを抑えることができます。最初にたっぷり使用してしまうと、やはりベタツキが気になってしまいます。

そのため、少量ずつ、顔に乗せていきましょう。そうすることで、ベタツキを抑えることができます。

また化粧水のあと、すぐに乳液やクリームをつけると、化粧水の水分が浸透しきれていない場合あります。

そのため、乳液やクリームは、化粧水をつけてから、1,2分待ってから使用するようにしましょう。

スキンケアも意識して、エアコンの乾燥から肌を守りましょう。

エアコンの乾燥

エアコンの乾燥から肌を守る5つの方法まとめ

夏の肌も乾燥します。夏の肌は見た目では気付きにくいですが、肌内部は乾燥しています。

夏は皮脂による肌のベタツキが気になりますが、その皮脂、実は肌内部の水分が足りないために分泌されている可能性が高いのです。

エアコンから肌を守るために、夜寝る際は、マスクや食品用ラップを使用しましょう。さらに、水分補給も大切。

水分補給することで、体の中から潤し、肌を潤します。そして、エアコンと加湿をセットで考えることも忘れずに。

オフィスなどの外では、乳液やオイルを使用して、乾燥から肌を守りましょう。

そして、夏の肌も潤い肌を手に入れましょう。

美容心理士から見た「エアコン」のカラーセラピー

夏はエアコンの冷気で全身が冷えています。

血行促進できるのカラーをファッションや小物に取り入れて体を温めましょう。

エアコンの乾燥

下着を赤にするのもオススメです!


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »