麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

毛穴

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


これからの季節、爆発的に増えてくるのが、毛穴トラブル。何かの露出の高い服装になる夏ですが、残念ながら、毛穴トラブルの起きやすい季節でもあります。

とはいえ、恐れることはありません。毛穴ケアの徹底で、毛穴トラブルの予防も対策もできます。今回は夏の毛穴ケアの方法を紹介します。

毛穴

夏の毛穴トラブルの原因とは

梅雨から夏にかけて、毛穴トラブルは増加します。その原因のひとつが、高い気温と高い湿度。梅雨から夏にかけて、気温と湿度が上昇することで、毛穴から分泌される皮脂量も汗とともに増加してしまうのです。

皮脂量が増加すれば、自然と毛穴は押し拡げられ、毛穴が開き、目立ちやすくなります。さらに拡がった毛穴には、自然と皮脂や古い角栓がたまることに。そしてメイク汚れもたまり、ついには、毛穴の中に角栓ができてしまうのです。

角栓ができれば、毛穴のひろがりは、ますます悪化してしまいます。さらに角栓が酸化すれば、毛穴の黒ずみまでも生んでしまうことになるのです。

また夏は、エアコンによる乾燥にも気を付けなければなりません。

そして、汗ばむことで、表面は潤っているように見えて、肌内部が乾燥しているインナードライの状態にも要注意。肌が乾燥することも、皮脂を過剰に分泌させ、毛穴のひろがりやつまり、黒ずみといったトラブルを生んでしまうのです。

それだけではありません。夏の紫外線は、毛穴の黒ずみの原因に。紫外線によるダメージでメラニンが過剰に分泌され、色素沈着をおこす場合もあるのです。

また、夏の暑さは、食事も偏りがちになりますね。偏った食事や冷たいものばかり食べていても、毛穴トラブルが発生する恐れがあるのです。

だからこそ、夏はスキンケアの徹底に食生活の見直し、そして充分な毛穴ケアがオススメです。ぜひ、毎日のケアの参考にしてくださいね。

毛穴

毛穴ケアは洗顔から

まず、夏の毛穴ケアで大切になるのが、正しい洗顔の徹底です。皮脂を取り除きすぎると乾燥の原因になりますが、皮脂を取り除かずに放置しておくと、毛穴のつまりや黒ずみの原因になってしまいます。

そのため、過剰に分泌された不要な皮脂は、洗顔で毎日取り除く必要があるのです。そして洗顔とともに大切なのが、クレンジング。夏の暑い季節は、メイクの油分と皮脂と汗とが混ざり合い、毛穴に溜まりがち。だからこそ、しっかりとクレンジングでメイクと皮脂を洗い流す必要があります。

とはいえ、洗顔とクレンジングの際、時間をかけてやる必要はありません。どちらのケアも、時間をかけて念入りにやりすぎてしまうと、肌に刺激を与えたり、乾燥を促進させてしまい、毛穴トラブルの原因をつくってしまうのです。

どちらも基本は、優しく、素早くです。そしてクレンジングは、シートタイプでふき取るアイテムではないものの使用がオススメです。

洗顔はたっぷりの泡で肌を手早く洗いましょう。そしてどちらも、しっかりぬるま湯ですすぎとることが大切です。また、忘れがちになりますが、クレンジングや洗顔前は、必ず手を清潔な状態にすることも重要です。クレンジングや洗顔後の肌は、清潔なタオルで優しく押さえて水滴をとってあげてくださいね。

また夏の毛穴ケアには、定期的にスペシャルケアを取り入れてください。オススメなのがホットタオルとピールオフパックによるスペシャル毛穴ケアです。クレンジングや洗顔前にホットタオルを取り入れれば、毛穴をしっかり開くことで、毛穴の奥底に潜む、汚れを取り出しやすくしてくれます。

またクレイパックなどのピールオフパックもオススメです。ピールオフパックとは、ジェルやクリーム状のパックを肌に塗り、乾いてからはがしとったり、洗い流すタイプのパックのこと。パックが乾く際に、毛穴の奥の汚れや、過剰な皮脂、古い角質を吸着させ、取り除いてくれるもの。

洗顔とクレンジングの徹底とともに、スペシャルケアを取り入れることで、より毛穴対策を万全にできます。とはいえ、ホットタオルやピールオフパックによる毛穴ケアは、毎日する必要はありません。

夏は、週に1回ほどを目安に取り入れてみてくださいね。

毛穴

スキンケアで毛穴ケア

洗顔やクレンジング、ピールオフパックだけでは、毛穴ケアはまだ不十分。その後、開いた毛穴を引きしめ、しっかりと保湿ケアする必要があります。乾燥もまた毛穴トラブルの原因になるからです。

夏は、気温の上昇で過剰に皮脂が分泌されるため、肌が潤っているように思いますよね。そのため、スキンケアを化粧水だけで済ませてしまいがち。しかし、化粧水だけでは、肌に充分な水分と栄養は補給できません。また、肌に一旦入ったはずの潤いも、あっという間にはじかれ、空気に奪われてしまいます。

化粧水をつけた後、乳液やクリームでフタをして水分の蒸発を防ぐことが大切。肌内部と表面における水分と油分のバランスを整えてくれますよ。夏の肌のベタツキが気になり、乳液やクリームをつけるのが億劫になる方は、「さっぱり」タイプのアイテムがオススメです。

しっとりタイプの化粧品よりも塗ったあとのベタツキが少ないので、夏でもしっかり保湿ケアできますよ。そして夏はスキンケアの最後に、収れん化粧水を取り入れるのもオススメです。

収れん化粧水とは、毛穴を引き締める作用のある化粧水。毛穴を引き締めることで、毛穴の拡がりを防ぎ、かつ過剰な皮脂の分泌を抑えるのに効果的なアイテムです。一般的な収れん化粧水は、毛穴を引き締めてくれるので、乳液やクリームなどを塗ってから、最後に使用します。

とはいえ、その順序は商品によっても変わります。商品記載にある順序を守って取り入れてください。収れん化粧水を正しく使えば、夏のトラブルが起こりやすい毛穴の強い味方になってくれますよ。

そして、スキンケアで忘れてはいけないのが、紫外線対策。紫外線は毛穴の黒ずみの原因になるほか、肌の乾燥を招き、さらなる毛穴トラブルの原因を作ってしまいます。日焼け止めによる紫外線対策はもちろんのこと、日傘やサングラス、飲む日焼け止めなども取り入れて、 夏の紫外線から肌を守ってくださいね。

毛穴

食事で毛穴ケア

毛穴トラブルを引き起こす過剰な皮脂は、体の中からのケアも大切です。皮脂の分泌をコントロールする役割がある栄養素がビタミンB2やビタミンB6。これらは豚肉やレバー、そしてバナナなどに多く含まれているので、夏に積極的に取り入れましょう。

そして肌のターンオーバーを正常に導くビタミンAも重要です。ビタミンAは、緑黄色野菜に多く含まれているため、夏野菜を意識して摂取するのがオススメです。一方で、過剰摂取を気を付けなければならない栄養素も。糖質が多いスイーツや動物性脂肪の取りすぎは、皮脂の分泌を増やしてしまうのです。

そのため、夏は夏野菜と豚肉のトマト炒めや夏野菜と豚肉のカレーなどがオススメです。食欲がないときには、ビタミンB2が豊富な納豆とビタミンB6が豊富なマグロで、マグロ納豆を楽しんだり、バナナと夏野菜とのスムージーも良いですね。

スムージーには、ぜひ牛乳を使用してください。牛乳にもビタミンB2が豊富に含まれていますよ。

pixta_39334476_S

夏の毛穴ケアで毛穴レスな肌へまとめ

夏の毛穴ケアで大切なのが、洗顔。そしてスキンケアと食生活です。洗顔で過剰に分泌される皮脂をしっ除き、保湿と紫外線対策をすることで、毛穴トラブルを回避できます。さらに毎日の食事に皮脂の分泌をコントロールする作用のあるビタミンB2やビタミンB6などを意識して取り入れることで、より強力な毛穴トラブルケアができます。

ぜひ、今回紹介した方法で、夏も毛穴レスな肌を目指してみてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「毛穴ケア」まとめ

毛穴引き締めるメンタルケアは、口角を上げること

毛穴

疲れや愚痴は口角を下げてしまいたるみの原因に。どんなに疲れていても表情はポジティブに。心を強くして毛穴レスを目指しましょう。

メンタル強化の秘策は瞬時にネガティブをポジティブに書き換える=捉える術を。他人のせいにせず目の前の現実は自分が無意識のうちに選択している積み重ね。自分原因論で物事を考えてみる習慣を身につけましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »