麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

サングラス

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


関東甲信地方で、先日梅雨明けが発表されましたね。いよいよ暑い夏のスタートです。夏は楽しいレジャーなどが豊富な分、日焼け対策を強化しなければなりません。日焼け対策アイテムといえば、日焼け止めに日傘、防止に飲む日焼け止めサプリなどさまざま。そこにもう一つ加えてほしいのが、サングラスです。

サングラスは、目だけではなく、なんと全身の日焼け対策に役立つアイテム。ここでは、サングラスが持つ日焼け対策効果から、サングラスの選び方まで紹介しますね。ぜひ、この夏の日焼け対策にサングラスを取り入れ、美肌をキープしましょう。

サングラス

目から日焼けしてしまう?

日焼けは、肌が紫外線にさらされることで、焼けるだけではありません。目から入る紫外線も、日焼けの原因になります。

どんなに日焼け止めを塗っても、日傘をさしていても、肌が焼けている経験はありませんか?

それは日焼け止めの塗り忘れではなく、紫外線を目から浴びたことによる日焼けが考えられます。「目から入る紫外線がどうして肌の日焼けに?」という疑問はもっともです。少し説明しましょう。

目から入った紫外線は、肌細胞にダメージを与えるように、目の細胞にダメージを与えます。すると、目から脳へ「日差しが強い」と伝達を出し、肌を守るためのメラニンを生成するよう、脳は全身に指令を出してしまうのです。

この脳からの「メラニン生成命令」は、日常生活で目が多少の紫外線を浴びる程度であれば、心配いりません。しかし、紫外線を長時間浴び続けるときは要注意。特にこれからの野外でのスポーツや海水浴、登山やキャンプなどには目も紫外線から守ることが大切です。

特に、目の色素が薄い方は、目からの日焼けを起こしやすいので、十分に気を付けましょう。目からの日焼けを予防するのに最適なのが、サングラスです。これから紹介するサングラスの選び方を参考に、今年からはぜひサングラスを取り入れてくださいね。

サングラス

日焼け対策のサングラスの選び方

紫外線から目を守るためのサングラス選びに重要なのが、紫外線カット加工が施されているかどうかです。見分けるポイントは、「紫外線透過率」や「紫外線カット率」が記載されているサングラスです。

「紫外線透過率」が記載されているサングラスは、紫外線をどれだけ透過するかを示している数字のため、数値が低いほど、紫外線対策になります。一方「紫外線カット率」は、数値が大きいほど、紫外線を防いでくれます。間違わないようにしましょう。

こういった紫外線加工のサングラスを使用することで、目に入る紫外線を9割ほどカットできると言われています。紫外線による目へのダメージは、肌に日焼けにつながるだけではなく、もちろん、目そのものの働きにも重大なダメージを与えます。目を守るためにも、肌を守るためにも、日焼け止めや日傘などに加えて、サングラスも持ち歩きましょう。

また、「サングラスというとレンズが濃い色のものでなければいけない」と思っている方もいるかもしれません。しかし、それは誤解です。サングラスのレンズが濃い色だからといって、紫外線のカット率は左右されません

それよりも、心配なことがあります。それは濃いレンズを使用しすぎることによる目の疲れです。濃いレンズを使用していると、目は周囲をよりはっきりと見ようとして瞳孔を開きます。

暗い場所に行くと、私たちの目は瞳孔を開くことで、より光を集めようとするのですね。その影響で目が疲れやすくなったり、色を判断する力が一時的に弱まったりしますから、十分に気を付けましょう。

サングラス

とはいえ、色の濃いサングラスの着用がNGなわけではありません。長時間の使用で目が疲れる場合は、目が疲れない薄いレンズのサングラスに移行するのがオススメです。

目が疲れない場合は、濃いレンズの着用でも支障はありません。ただし、紫外線カット加工がない濃いレンズのサングラスの日中の着用は、今すぐに中止しましょう。濃いレンズにより開いた瞳孔から、紫外線のダメージをより多く受けてしまうからです。より多くのダメージを受けてしまっては、日焼けの心配だけではなく、目そのものの機能も低下します。

特に安価なサングラスは、紫外線カット加工がないものが多いので、濃いレンズが好きな方は、着用前に紫外線カット加工の確認をしてくださいね。

そして、最近ではサングラスのレンズの種類が、とても豊富になってきています。レンズの色も濃い茶色のようなレンズだけではなく、グレー、グリーン、ブルー、イエローなど豊富なカラーバリエーションから選べるようになりました。これらの染色レンズは、ファッションにも取り入れやすく人気です。

そのほか、紫外線だけではなくブルーライトまでもカットするフィルターレンズや、紫外線の量によってレンズの色が変化する調光レンズも豊富になってきました。また眼鏡やコンタクトにも紫外線カット加工ができるものも増えています。

あなたのファッションやライフスタイルに合わせ、適切なサングラスを選びましょう。

サングラス

似合うサングラスの選び方

サングラスを選ぶ際、レンズの色も気になりますが、どんなフレームが自分に合っているのか悩んでしまいますね。

一般的にサングラスのフレームを選ぶ際は、自分の顔の輪郭と異なるフレームを選ぶことがオススメと言われています。サングラスのフレームと輪郭が同じ形をしていると、フェイスラインなどがより際立って、悪目立ちをしてしまうからです。

そして眉毛のラインも重要になります。眉毛が見えすぎてしまっては、どことなく違和感が出てきます。サングラスのフレームは、眉毛が少し出ているか、ちょうど隠れているくらいのフレームが理想。眉毛を大幅に隠すフレームは、眉毛が見えすぎているサングラスと同様に違和感が出てしまうので、注意しましょう。

また、フレームの横幅も重要です。フレームの横幅も大きすぎず、小さすぎないよう、自分の顔の横幅と同じぐらいの大きさのものを選びましょう。そうすることで、よりスマートな印象を与えられます。横幅が大きすぎるフレームは違和感を与えるほか、寄り目になりやすいので注意しましょう。

さらに、よりかわいく、女性らしい印象のサングラスを希望する場合は、サングラスの目の上にくるブリッジ部分に丸みがあるデザインのものを選びましょう。直線的なブリッジは、個性的な印象や、どちらかというとメンズライクな印象を与えます。キリッとした印象を与えたい場合は、直線的なブリッジがオススメです。

さらに耳にかける部分のテンプルを細めのものをチョイスすることで、女性らしい、やわらかい印象の横顔を印象付けられます。そのほか、輪郭に合わせたサングラスの選び方もあるので、メガネ屋さんで店員さんに思い切って相談するのもオススメです。

また最近では、アプリでサングラスを試着できるものもあるので、積極的に利用してみましょう。この夏大活躍するサングラスは、あなたを引き立てるアイテムの一つです。あなたの印象をより華やかにするサングラスを取り入れてみてくださいね。

サングラス

この夏オススメのサングラスの選び方まとめ

この夏の日焼け対策アイテムにサングラスを取り入れることで、目から紫外線を浴びることでおこる日焼けを防ぐことができます。サングラスは、あなたのファッションやライフスタイルに合わせてレンズの色やフレームの色を選んでみましょう。

お気に入りのサングラスを見つけ、今年の夏も美肌をキープしましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「サングラス」のまとめ

サングラスは、日焼けをカットするだけでなく、コミュニケーションの窓である目を隠すことで「悟られない、バレない、隠す」ことができるため、外界から自分をガードできるでしょう。

サングラス

ネガティブなとき、エネルギーが低いときはサングラス効果で安心感が得てパワーを補給しましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »