麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

マスク

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


寒くなるにつれ、新型コロナウイルスの感染者も増加しはじめ、第三波がやってきたとも言われています。今年は、年末までマスクが手放せない生活の覚悟をしなければなりません。ほぼ一年中毎日マスクを使用することで、肌荒れや呼吸のしづらさを感じている方も多いことでしょう。

マスク生活を少しでも快適におくるためにオススメな方法があります。それは精油の香りをつけた「アロママスク」を使用すること。今回はアロママスクにオススメの3つの精油を紹介します。

マスク

アロマテラピーの効果とは

アロマとは、英語で「aroma」と言い、香りや芳香の意味を持つ単語です。アロマと聞くと良い香りのことと思う方も多いですね。植物やフルーツなどから抽出した100%天然の香り成分を凝縮した精油(エッセンシャルオイル)を使用した自然療法のことを「アロマテラピー」と言います。

なぜ植物やフルーツなどの香りを嗅ぐだけで自然療法になるのか知っていますか?

私たちが持つ五感の中で、唯一脳にダイレクトに伝えることができるのが「嗅覚」です。匂いいを嗅いだ際、匂いの分子を鼻の奥にある嗅覚がとらえると、私たちの本能や感情を司る「大脳辺緑系」に情報が伝えられます。また平行して自律神経を司る「視床下部」にも情報を伝えることができます。

アロマテラピーなどで使用する精油は、この嗅覚の働きに着目したもの。植物などの自然の恵みには、さまざまなパワーが潜んでいます。そのため植物やフルーツから抽出した自然の香り成分を脳にダイレクトに働きかけることで、ホルモンの分泌や免疫力アップ、血液循環の改善など、たくさんの効果を発揮します。

そしてこの精油による効果は、意識しておこなうスキンケアなどとは異なり、無意識に起こるのも特徴。香りを楽しんでいる内に無意識に嗅覚が香り成分を感じ取り、脳に伝えることで、いろいろな効果をもたらしてくれるのです。精油に含まれる自然の恵みの香りには、健康増進作用だけではなく、高いリラクゼーション作用や美容効果もあります。

現在では、いろいろな場面でこの精油が使用されています。これからの季節は加湿機のディフィーザーに使用されたり、入浴剤の代用やエステなどのマッサージに使用されることも。室内のお香として使用されている方もいますね。

たくさんの使用方法、楽しみ方があるなかで、今だからこそオススメの使用方法があります。それは新型コロナウイルスの影響により、手放せなくなったマスクに使用する方法です。マスクをしながら、精油の香りを堪能することで、リラクゼーション作用や美肌効果を得ることができるのです。マスクに使用するオススメの方法や精油を紹介します。

マスク

マスクに1滴!オススメ精油3選

私のオススメは、マスクに精油の香りをつける「アロママスク」。マスクに精油の香りをつけることで、マスクをしながら精油の香りを堪能し、たくさんの良い効果を得られる方法です。

アロママスクの作り方は簡単です。まずは、コットンに一滴精油を垂らしてください。そしてジップロックなどの密封できる袋にコットンとマスクを入れます。そのまま一晩おくだけで、アロママスクの完成です。

その際、注意する点が一つあります。精油を使用する際、マスクに直接精油を垂らすのではなく、コットンに一滴だけつけるようにしましょう。ここは大変重要なポイント。直接マスクに精油を使用してしまうと、香りが強すぎて、肌や体に強すぎる刺激になることがあります。

さらに香りに酔ってしまい、長時間アロママスクが使用できないなど、せっかくの精油の効果が得られない場合があります。精油を垂らすのはコットンで、マスクそのではNG。くれぐれも注意してくださいね。

アロママスクを作るのにオススメの精油は、ペパーミントとゼラニウム、そしてネロリの3つの香りです。ペパーミントは、花粉症がひどい方にもオススメされる精油ですね。ペパーミントの清涼感のある香りは、花粉による鼻や喉のトラブルに有効です。鎮静作用や抗アレルギー作用をもち、呼吸をらくにさせる効果があります。

マスク

またマスクに香りをつけることで、呼吸器系に働きかけ、呼吸をスムーズにしてくれる作用も。深呼吸を促し、リラクゼーション作用を高めてくれます。マスクを長時間使用していると、どうしても呼吸が苦しくなりがちでストレスがたまりやすくなります。

ストレスは美肌の天敵。ペパーミントの作用で、スムーズな呼吸を目指しましょう。またペパーミントの香りには、眠気覚ましや脳の働きを活性する作用も。ペパーミントの香りで、爽快感あふれる1日のスタートをきりたいですね。

続いてオススメなのが、ゼラニウム。ゼラニウムのフローラルな香りは、バラの代用品として使用されることもあるほど、華やかな香りです。ゼラニウムの香りには、血行やリンパを促進させる作用があります。また化粧品に使用されることも多く、保湿作用や抗炎症作用や皮脂のバランスを調整する作用もあります。

ゼラニウムの香りつきのアロママスクを使用すれば、美肌効果も得られるのでオススメです。

最後に紹介するのが、ネロリ。ネロリは、ビターオレンジの木に咲く花から抽出される精油。栽培に時間がかかるため、希少な精油のひとつと言われています。ネロリには、心の鎮静作用や気持ちに安心感をもたらしてくれる作用があり、高いリラクゼーション作用をもっています。さらに美肌効果も高く、保湿効果やエイジングケアに優れています。
アロママスクに使用することで、シワやタルミの改善にも効果的なのです。

今回紹介した3つの香りを使用して、快適で手軽に美しくなるマスク生活にチャレンジしてみてくださいね。

マスク

精油の選び方

アロママスクを作る際、精油選びにポイントがあります。精油やエッセンシャルオイルと呼ばれるものは、植物やフルーツなどから抽出した100%天然素材のものを指します。

しかし安価なアロマオイルなどは、香りを似せて作った合成オイルが多く、本来の植物やフルーツから抽出した精油と同じ効果は得られません。それどころか、健康に害を及ぼすおそれもあります。

合成オイルに含まれる化学物質を吸い込み過ぎると、場合によっては体調不良や肌トラブルを引き起こすこともあるのです。特にアロママスクは、鼻に密着するため、たくさんの香りを吸収します。そのため精油は慎重に選ぶ必要があるのです。

精油を選ぶ際、オススメなのが高品質な精油を提供しているメーカー、ブランドのものを選ぶこと。そうすることで、快適なマスク生活をしながら、美肌に導くこともできますよ。

マスク

コロナ対策にもオススメ美肌効果のある精油3選まとめ

マスク生活を快適に過ごすためにもオススメなのが、アロママスクです。アロママスクは、精油を一滴含ましたコットンとマスクを密封できる袋に入れておくだけで完成します。オススメの精油は、ペパーミントとゼラニウム、そしてネロリの3つです。美肌効果もあるので、ぜひ試してみてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「アロママスク」まとめ

マスクをしていると呼吸が浅くなりがちに。新型コロナウイルス予防のマスク生活が長期間続いていることにより、すでに自律神経のバランスが乱れている方もいます。

マスク
さらに深刻な状態になるとメンタルバランスを崩してしまうことも。マスクをしていても深呼吸を忘れずに過ごしたいですね。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

«