麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

毛穴ケア

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


梅雨は毛穴トラブルが起こりやすい時期。

外は雨……なんだかいつもより、毛穴が目立っている……黒ずみがひどい……など、毛穴が通常よりも気になりませんか?

梅雨のジメジメとしたこの気候。実は、毛穴トラブルを引き起こしやすいのです。ここでは、梅雨の気候に負けない毛穴ケアの方法について紹介します。梅雨の折り返しのこの時期からでも、けして遅くありません。今からしっかり毛穴対策をおこない、晴れやかな夏を迎えましょう。

毛穴ケア

梅雨の毛穴トラブルの原因とは

健やかな肌を保つためには、乾燥は大敵。適切な湿度を保つことが、肌の健康を守るためには大切です。

ですが、過剰な湿度は肌トラブルの原因になることをご存知ですか?

私たちの肌に最適な湿度は60%。しかしこの梅雨の時期は、雨の影響で空気中の水分量が増し、湿度が80%ほどあると言われています。湿度が高い空間に長時間いると、肌のターンオーバーの働きが乱れます。そのため、梅雨の時期にあらゆる毛穴トラブルを引き起こすのです。

また湿度が高く、梅雨の時期のようにムシムシとした気候は、自然と汗をかきますね。そして、汗をかいたあとベタつくのがこの時期の汗。

梅雨のように湿度が高い時期の汗は、空気中へ汗が蒸発しにくく、肌表面に長時間とどまります。汗には皮脂も含まれているため、肌表面に長時間留まることでベタつくようになるのです。

さらに肌表面は止まった汗でふやけ、組織がゆるく崩れ出します。その後、エアコンのきいた乾燥している部屋に移動すれば最後、ふやけて網のようになった肌の角質から肌内部の水分が根こそぎ奪われ、アッという間に乾燥してしまいます。

こうなると、肌は「防衛」をしようとします。肌内部の水分を守り、外からの刺激から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるのです。

加えて、汗が長時間肌表面にとどまることで、肌自体が皮脂を出していなくても、一度は排出された皮脂が肌表面に油膜を作っている状態になります。この油膜を放置すると酸化をはじめ、毛穴に入り込んでの黒ずみや角栓の原因となってしまうのです。

また、肌表面に残った過剰な皮脂は、メイクと混ざり合うことでメイク崩れの原因にもなります。メイクの油分は皮脂の酸化を加速して、毛穴の黒ずみやつまりを促進してしまう恐れも。この時期の汗は、毛穴トラブルを防ぐためにもこまめにふき取り、しっかりクレンジングするのがオススメです。

さらに梅雨の時期は、晴れている日とそうでない日とで、寒暖の差が大きくなりますね。この寒暖の差は、肌にとっては大きなストレス。血行を悪くさせ、ターンオーバーの乱れにもつながります。さらに毛穴トラブルを促進させてしまうのです。

梅雨の毛穴トラブルに負けないよう、徹底した毛穴ケアをおこないましょう。

毛穴ケア

毛穴ケアはエステサロンでのケアがオススメ

長い期間、湿度が高い梅雨の時期は、思い切ってエステサロンでの毛穴トリートメントを受けるのがオススメです。一度、毛穴の詰まりをしっかり除去。肌にたっぷりの栄養を補給して、毛穴を引き締めることで、梅雨の毛穴トラブルをリセットしてくれます。

私のサロンでも、この時期毛穴トリートメントが大人気。私がサロンでおこなっている毛穴トリートメントは、こだわりの商材と機器を使用した毛穴のクレンジングと4種類のパックを使用した毛穴の引き締めです。

施術では、まずはクレンジングから始めますが、クレンジング後に「北大ガゴメ」配合のこだわりのエッセンスで、ディープクレンジングしていきます。

「北大ガゴメ」とは、がごめ昆布のこと。高い保湿力を持つこの成分配合の商材を使って、泡クレンジングをもう一度おこなうことで、毛穴のすみずみまで、洗浄しながら、肌にミネラルなどの有効成分を補給して、毛穴力を底上げします。

その後は、スチームと吸引器を使用して、細かな毛穴の詰まりをとります。さらにサロンでは、高い殺菌力を持ち、毛穴のなかまで清潔な状態にして、血行や細胞の生成を促進させることで、毛穴を引き締めてくれる高周波オゾンの機器で、毛穴のトリートメントをおこないます。

高周波オゾンの機器は、肌の常在菌であるアクネ菌やブドウ球菌なども殺菌してくるため、毛穴のつまりはもちろんのこと、ニキビにも有効です。サロンの施術では、この段階で、毛穴のざらつきや詰まりをだいぶ改善できます。

さらにその後は、毛穴を引き締める効果があるパックを3種類おこない、顔全体に20万個ほどあると言われている毛穴全体にアプローチします。その結果、梅雨の毛穴トラブルをある程度リセットができますよ。

毛穴ケア

自宅での毛穴ケア

とはいえ、毎回エステサロンに通い、毛穴トラブルをリセットすることはできないので、自宅での毛穴ケアが重要になります。自宅での毛穴ケアも大切なのが、しっかり汚れや黒ずみを取り除き、毛穴を引き締めること。

特に古い角質や余分な皮脂を毎日取り除くことが大切です。そして、これらを取り除くには、毎日の正しい洗顔が重要です。洗顔方法を誤っておこなうと毛穴トラブルを生み、さらには毛穴トラブルを悪化させます。

たっぷりの泡と32度ぐらいのぬるま湯で1日2回、しっかり洗顔しましょう。また梅雨から夏の時期は、朝、夜のダブル洗顔も毛穴に効果的です。寝ている間も私たちは汗をかいています。その汗には、皮脂も含まれています。

この皮脂を効果的に落としてくれるのが、クレンジングです。朝もダブル洗顔をすることで、余分な皮脂を取り除き毛穴の開きや黒ずみの予防ができます。

そして、定期的に酵素洗顔やピーリング洗顔をおこなうのもオススメです。毛穴を詰まらせる角栓は皮脂だけではなく、古い角栓と皮脂が混じりあうことで発生します。そのため、古い角質をしっかり取り除くことが大切です。

これらのアイテムを定期的に取り入れることで、古い角質を取り除くほか、毛穴の詰まりにも効果的です。ただし、毎日おこなっていると、肌に必要な角質まで取り除き、乾燥を招いて、毛穴トラブルを発生させてしまうので、注意しましょう。

毛穴ケア

また普段から毛穴マッサージをおこなうことで、一回ごとの洗顔効果を高めます。特に開いてしまった毛穴は、硬くなり汚れや角栓を毛穴の奥底で抱え込みます。そのため、毛穴をほぐし、汚れを排出しやすくさせることが重要なのです。毛穴マッサージは、特に毛穴トラブルが起きやすい鼻周りに取り入れましょう。

方法は簡単です。両手の中指と薬指で鼻を挟み、やさしく左右、上下に動かしましょう。ほぐれてきたら、円をかくように動かします。その際、こすったり、強すぎる刺激を与えないようにしましょう。

強い刺激を肌に与えてしまうと、肌は防衛本能でメラニンを排出。毛穴の黒ずみの原因を作ってしまうのです。そのため、毛穴マッサージの基本は、優しく、ガラスを動かすようにおこなうことです。

毛穴が柔らかくなる入浴時におこなうのがオススメです。その後、洗顔をおこなうことで、より毛穴のつまりを落としてくれますよ。

また毛穴汚れを吸着してくれるクレイパックもオススメです。このアイテムも定期的に取り入れることで、毛穴の汚れを除去。さらには、毛穴や肌をやわらかくしてくれる効果まであります。

汚染されていない大地の粘土層からつくられるパックなので、肌にも優しく、効果も高いアイテムです。しかし、クレイパックも毎日おこなうのはNG。商品記載にある頻度を守りましょう。

そして、毛穴の引き締めケアには、保湿が重要です。乾燥は、すべての毛穴トラブルを引き起こします。そのため、洗顔後の肌は、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分をたっぷり含んだ保湿成分で、肌を潤わせましょう。

毛穴ケア

梅雨の毛穴ケア徹底解説!まとめ

梅雨のジメジメとした気候は毛穴トラブルを引き起こしやすくなります。しかし、しっかりとした毛穴ケアをおこなえば、毛穴トラブルは防げます。

この時期だからこそ、エステサロンでの徹底した毛穴トリートメントはオススメです。一度、毛穴をしっかりキレイにすることで、毛穴トラブルの予防と対策ができます。さらに自宅でも洗顔などを通して、古い角質と余分な皮脂をしっかり取り除き、保湿ケアで毛穴を引き締めることで、毛穴ケア効果を高められます。

エステでのケアと自宅でのケアを徹底して、梅雨の時期の毛穴トラブルを予防と対策をしましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「毛穴」のまとめ

毛穴ケアはジムやトレーニングと同じ!毛穴をしっかり鍛えれば引き締まります。

そのためにはどこのジムに通うか選ぶように毛穴ケアが充実したエステサロンを選ぶこと!そしてしっかり通うこと。

毛穴ケア

毛穴ケアを始めようと思ったら赤い洋服や下着を日々身につけてモチベーションややる気を促進させましょう。何事も続けることはエネルギーと行動力がたいせです!


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »