麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

乾燥肌対策に加湿

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


この時期、仕事に家事に大掃除にと忙しくされている方も多いのではないでしょうか?

そんな忙しい時でもお構いなしに、冬の乾燥はより一層厳しくなってきます。乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こします。

健康的な潤いある美肌をキープさせるためには乾燥肌対策は必須。乾燥肌対策には、加湿と保湿をおこなうことが重要です。

ここでは忙しくても手軽に取り入れられる加湿と保湿ケアによる乾燥肌対策について紹介します。

まだまだ続く、厳しい乾燥の冬。この時期大切な保湿ケアの参考にしてくださいね。

乾燥肌対策に加湿

乾燥肌対策には加湿と保湿が必要

乾燥肌を対策するためには、何が必要と思いますか?

「保湿」と答えてくださる方も多いでしょう。
実は、この時期の乾燥対策では、保湿のほかに、もうひとつケアが必要です。それが加湿

冬の乾燥は空気を乾燥させるだけではなく、空気中の水分も奪います。その乾燥している空気は、空気中に水分を増やそうとして、肌内部や体の内部の水分を奪い取りにきます。

肌の保湿は、肌を潤わせバリア機能を強化しますが、あなたの周囲に水分を加えてくれるわけではありません。

一方、加湿は空気中の水分量を増やすことができますが、肌内部の水分量やバリア機能を強化できません。

つまり、自分の保湿や部屋の加湿をセットでおこなうことが、大切なのです。

乾燥は、シワはもちろんのこと、シミやタルミの原因の大きな要因。さらに、ターンオーバーまで乱し、一年中、肌へトラブルを引き起こします。

何度言っても言い足りないのですが、乾燥対策こそが、 若々しく健康で美しい肌の基礎なのです。

加湿と保湿を上手に日常に取り入れ、冬の乾燥から肌を守り、季節を問わず美しい肌を手に入れましょう。

乾燥肌対策に加湿

手軽にできる加湿方法で乾燥肌対策

忙しいときでも、時間がないときでも、どんなときでも加湿は重要です。

仕事中、家の中、あらゆるところで加湿を取り入れていきましょう。加湿と聞くと、加湿器をたくことを連想させますが、加湿器をたかなくても加湿できます。

ここでは、職場でも、忙しくても取り入れやすい加湿方法を紹介します。

マスクで加湿をおこない乾燥肌対策

マスクは、着用するだけの手軽な加湿法であり、乾燥肌対策法です。マスクを着用することで、自分自身の呼吸がスチーム効果を発揮して、加湿して乾燥を予防します。

さらに最近では、濡れマスクも販売されていますね。濡れマスクを着用することで、加湿効果を倍増させることができます。

ただし、マスクで覆うことができるのは、鼻から口元にかけての部分のみ。乾燥しやすい目元はしっかり保湿クリームでケアしていきましょう。

マグカップにお湯を入れて乾燥肌対策

お湯の蒸気には加湿効果があります。オフィスワークであれば、マグカップで加湿ができます。

お湯を入れたマグカップを体に近い場所に置くようにしましょう。そのことで、自分の近い範囲を加湿できます。
お湯のある部屋を通るたびにお湯を新しいものへ変えましょう。

さらにお気にいりのアロマをお湯の入ったマグカップに入れれば、アロマテラピー効果まで得られます。加湿しながらアロマを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ペーパー加湿器で乾燥肌対策

電源がいらないペーパー加湿器を知っていますか?

吸水性の高い特殊紙を使用しているもので、ひとつで2ヵ月~3ヵ月ほど使えます。使用方法も簡単。水を入れたカップの中に専用の紙フィルターを入れるだけです。

毎日、水を交換するだけで、清潔で安心して使用できます。

また水を張ったマグカップにコーヒーフィルターを入れるだけでも、ペーパー加湿器と似た効果が得られます。
忙しい毎日にペーパー加湿器を使用してみるのはいかがでしょうか?

乾燥肌に加湿

スキンケアと食事で乾燥肌を予防!手軽に保湿する方法

保湿対策は、「ホッ。」と一息つくときに必ず取り入れていきましょう。オススメは洗面所に保湿クリームやオイルを置いておくこと。

手を洗うたび、乾燥が気になるところに塗るようにするのがオススメ。そのほかは、下記の方法で保湿をおこなっていきましょう。

メイク直しは乳液で乾燥肌対策

どんなに忙しくてもメイク直しはする。と言う方も多いのではないでしょうか?

その際、乾燥している部分にミストを使用していませんか?

ミストはつけた後のケアを間違ってしまうと乾燥を促進してしまいます。メイク直しの際はミストより保湿効果が高い乳液がオススメ。

乳液を乾燥している部分に使用してメイク直しをするようにしましょう。あくまでも使用するのは、メイク直しをする部分だけです。

またパウダーで顔全体をメイク直しする際は。パフやスポンジに少量の乳液をつけてから、パウダーをつけて、顔を乗せていきましょう。

そのひと手間で、保湿効果が得られ、化粧直しもキレイに仕上がりますよ。

入浴時はパックで乾燥肌対策

入浴時はスチーム効果が得られるだけではなく、体や顔の皮膚が温まることで、化粧品の浸透率を上げることができます

入浴時にはローションパックやクリームパックを取り入れ、美容成分を含む水分やクリームを肌内部に送りましょう。

ローションパックを使用するときに、ラップやシャワーキャップをすることで、より浸透率を高めることができます。(息ができるように、穴をあけておきましょう)

ローションパックのパック時間は3分ほどで、とどめるようにしましょう。やりすぎると、保湿どころか乾燥の原因になります。

食べ物で保湿効果を高めて乾燥肌対策を

化粧品での保湿も大切ですが、忙しい時こそ食べ物での保湿ケアも大切です。

保湿効果が高いヒアルロン酸は、動物の骨部分や軟骨部分に多く含まれています。鶏ガラスープや手羽先、手羽元をランチやディナーに取り入れるといいですね。

また野菜では、山芋やオクラ、納豆などネバネバした食材に多く含まれています
さらに保湿成分の代表でもあるセラミドはこんにゃくに多く含まれているんですよ。食事にこれらの食材を上手に取り入れていきましょう。

それでも乾燥を感じる場合はサプリメントで保湿成分を摂取してみてください。

乾燥肌対策に加湿

加湿方法と保湿方法で乾燥肌対策まとめ

忙しい時こそ、丁寧な加湿と保湿ケアで、乾燥から肌を守っていきましょう。

ここで紹介した加湿ケアは以下です。

●マスクで加湿をおこない乾燥肌対策
●マグカップにお湯を入れて乾燥肌対策
●メイク直しは乳液で乾燥肌対策

保湿ケアは以下です。

●メイク直しは乳液で乾燥肌対策
●入浴時はパックで乾燥肌対策
●食べ物で保湿効果を高めて乾燥肌対策を

忙しい日常にうまく取り入れ、潤う美肌を手に入れていきましょう。

美容心理士から見た「忙しい時」に最適なカラーセラピー

忙しいときは、どうしても自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位に働いてしまいます。

そんなときこそ、副交感神経を優位にさせあることが大切。リラックス効果を深め、副交感神経を優位にさせるカラーは緑色です。

乾燥肌対策に加湿

美容は化粧品やスキンケアだけではなく心のリラックスも美しくなるための大切なエッセンス。

緑色をイメージしながら加湿ケアや保湿ケアをおこなうことで、体の内側から潤いを作り出し、美容効果を高めることができますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »