麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

美尻

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


唸るような暑い日が続きます。しかし、こんな暑い日だからこそ、レジャーには最適ですね。

海にプールに出かけている方も多いのではないでしょうか?

そんなレジャーにつきものなのが水着ですね。水着を着る際に、お腹や二の腕を気にされる方は多いのですが、最近では「お尻」を気にされる方も増えてきています。お尻の形や大きさに注目する一方で、お尻の黒ずみやカサツキ、ニキビなどが気になる方も増えてきました。

そこでここでは、お尻の形ではなく、お尻の美肌を手に入れるための「美尻ケア」について紹介します。ぜひ、もちもちの美尻を手に入れ、水着を思い切り楽しみましょう。

美尻

お尻の黒ずみやニキビの原因とは

実はお尻は、もともと肌トラブルの多い部分。それは、座る際に臀部に体重がかかるからです。さらに近年スキニーパンツなどの締め付けるファッションも流行しています。

その摩擦や体重を支える圧から、肌を守ろうと臀部の角質がどんどん厚くなります。そして、厚みが出たお尻の角質が、カサつきやゴワツキを生んでしまうのです。また通常よりも分厚い角質は、外からの水分補給の邪魔をして、乾燥を引き寄せます。さらには、くすみや黒ずみまでも発生させるのです。

また厚くなった角質は、さらなる肌トラブルを生みます。通常よりも角質が厚くなれば、毛穴は細く、狭くなってしまいます。そして、お尻は長時間座りっぱなしや衣類で締め付けていることから、汗をかきやすく、蒸れやすい部分。

この環境は、ニキビの原因でもあるアクネ菌の増殖に最適です。アクネ菌があっという間に繁殖をして、お尻にニキビをつくってしまうのです。そしてお尻は顔と違い、角質も厚く、常に圧や摩擦がかかるため、ニキビの完治までに時間がかかります。そのことから、ニキビの悪化やニキビ跡が残ってしまうことも多いのです。

さらにお尻の肌トラブルは、ホルモンバランスの乱れからも発生してしまいます。ホルモンバランスが乱れることによって、お尻の黒ずみが発生する場合もあるのです。

このように、普段隠れているお尻は、肌トラブルがとても起こりやすいデリケートゾーン。だからこそ、自宅での正しいケアが重要です。特にこれからは海やプールなどのレジャーの季節。お尻の形も大切ですが、お尻の肌も見られる季節です。

だからこそ、しっかりとしたお尻のスキンケアを取り入れましょう。

美尻

自宅での美尻ケア

自宅でのお尻ケアは、顔と同じように化粧水と乳液でケアすることが大切です。加えて、パックやスクラブアイテムを取り入れることで、よりキレイなお尻へと導くことができます。

特にお尻は、毎日の摩擦などで角質が厚くなっています。定期的にスクラブアイテムを取り入れ、余分な角質を取り除きましょう。最近は、お尻専用のスクラブ石鹸やクリームなどのアイテムが発売されていますね。お尻はデリケートな部分のため、お尻専用のアイテム、もしくは肌への負担が少ないものを選ぶのがオススメです。

スクラブアイテムで余分な角質を取り除いた肌には、パックで栄養を補給しましょう。私のオススメは、ローションパック。

最近では、コットンも大判のものが多く販売されるようになりました。最近では8㎝×16㎝のコットンも多く販売されています。このサイズのコットンは、お尻のローションパックだけではなく、顔はもちろんのこと、デコルテや首のローションパックにもオススメのサイズです。

ローションパックに使用する化粧水は、くすみや黒ずみが気になる場合は、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸配合の美白化粧水を使用しましょう。

カサツキが気になる場合やニキビがある場合は、プラセンタ配合のものがオススメです。プラセンタは保湿力を高めるだけではなく、消炎作用もあるため、ニキビの炎症をおさえ、治りを速めてくれます。そして、美白効果もあることから、ニキビ跡にも効果的です。

美尻

ローションパックは時間も大切です。パック時間は3分~5分ほどを目途にしてくださいね。そしてパックのあとは、乳液で肌を整えましょう。クリームでも良いですが、お尻は蒸れやすいので、クリームの油分がニキビを悪化させる恐れがあります。そのため、クリームより油分の少ない乳液がオススメです。

乳液もまた、プラセンタ配合のものや美白成分を含むものをチョイスしましょう。

また毎日の入浴時のお尻の洗い方も重要です。顔をゴシゴシ洗うと、肌トラブルを引き起こすように、お尻もゴシゴシ力強く洗っていては、お尻の肌に必要な油分までも洗い流し、大切な肌内部の保湿成分や水分を流出させることにつながります。

そんな肌は、乾燥しやすく、角質も厚くなりがち。そして、さらなる肌トラブルを引き起こしてしまいます。だからこそ、お尻も顔と同じように洗ってあげることが大切です。

体のほかの部分と同じように、タオルなどでゴシゴシ洗うのではなく、たっぷりの泡を両手に作り、優しく泡で洗いましょう。その際、力の圧は、洗顔時と同じぐらいが理想です。そして、泡をしっかり落としきることも大切です。泡が残っていては、肌トラブルの原因になるので、しっかりすすぎましょう。

さらにナイロン製のごわついた下着ではなく、肌触りの良い下着に変えることで、より美尻に近づきます。日中は難しくても、就寝時だけは肌ざわりの良い綿100%のものにするなど、ライフスタイルに合わせて、できるところからお尻ケアを始めましょう。

美尻

エステで美尻ケア

自宅でのお尻のケアはもちろんのこと、エステサロンでの施術もオススメです。特にお尻は、普段目が届かない部分ですね。細かな部分までプロに見てもらい、しっかりケアしてもらうことで、即効性が得られます。さらに自宅でのケアのアドバイスや、あなたの悩みを解決に導くお手伝いもしてくれます。

私のサロン「ヒーリングオアシス」でも、都内初となる美尻エステの施術を開始しています。

これは、お客様の要望から生まれたコース。「ヒップアップやシェイプアップなど、お尻の形を整える施術は、ほとんどのエステの施術メニューにあるものの、お尻の肌をトリートメントしてくれる施術メニューはない」とのことで、お尻の美肌を作るために開発したメニューです。

お尻のカサツキやゴワゴワ、ニキビやくすみ、黒ずみなど、お尻の肌が気になる方に最適なメニューになっています。施術内容は、こだわりのスクラブアイテムで、お尻の古い角質を除去。その後、美白効果や殺菌効果のある高周波オゾンをお尻全体に照射することで、肌表面を清潔にして、肌の新陳代謝を高めます。

またこの高周波オゾンの殺菌力は、できてしまったニキビにもニキビ予防にも効果的。繁殖しがちなアクネ菌を抑制して、ニキビの炎症を鎮静させてくれるのです。その後、美白成分たっぷりのパックで仕上げます。

20分ほどのメニューですが、一度でもしっかり効果を実感できるコースです。定期的に取り入れることで、お尻の美肌を手に入れ、もちもちの触りたくなる桃尻を手に入れることができますよ。自宅でのお尻ケアと組み合わせることで、より高い効果を得ることができます。

水着を着る前に、ぜひ試してみてくださいね。

美尻

お尻も美肌ケア!自宅での正しい美尻ケアを紹介まとめ

肌トラブルになりやすいお尻は、自宅での正しいケアが重要です。自宅ケアでは、定期的にスクラブケアやローションパックを取り入れましょう。また普段のお尻ケアには、化粧水や乳液を取り入れることがオススメです。即効性が欲しい際は、エステに頼るのもいいですね。

お尻も顔と同じように美肌ケアを取り入れ、もちもちとしたうるおい美尻を手に入れましょう。そして、今年の水着スタイルを楽しんでくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「美尻」のまとめ

美尻の逆、汚尻だと水着や短パンを着るのを遠慮してしまいがち。オシャレを心から楽しめないと意外にストレスが溜まります。

美尻

サロンのお客様も美尻になると安心して水着が着られると明るい笑顔に。自信を持って夏を楽しむためにも美尻を手に入れましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »