麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

年末年始のボディケアとファイシャル

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


いよいよ今年も残すところあと少しになってきました。
みなさんの年末年始の予定はいかがでしょうか?

年末年始は年に数回の大型連休。さらに一年を締めくくる大事な休日です。

そんな連休を利用して、自分の肌や体も一年の労をねぎらい、次の一年に向けてケアをおこなうのはいかがでしょうか?

今回は年末年始の連休にできる簡単なフェイシャル&ボディケアについて紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてくだい。

年末年始のボディケアとファイシャル

年末年始に脂肪を燃やすボディケア

短期間で人と集まる機会が多い年末年始は、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いのではないでしょうか?

暴食は正月太りを引き起こしてしまいます。
正月太りを引き起こすとなかなか体重が戻らず気分が落ち込んでしまうこともありますよね。

そんな失敗をしないためにも、年末年始は脂肪を燃やすボディケアを取り入れていきましょう。

食事した食べ物は、大体48時間かけて消化、吸収されていきます

そのため、食べ過ぎた場合は48時間以内のケアや調整が必要です。ですが、せっかくの休みですから、ゆっくり過ごしたい人は多いですよね。

そんな時に活躍するのが、肩甲骨のストレッチ。本来ならば、脂肪燃焼と言えば、有酸素運動やサプリなどがオススメ。

年末年始ぐらいゆっくりしたい!というあなたには、気軽にできるストレッチで脂肪を燃やすことをオススメします。

背中の肩甲骨の間には、褐色脂肪細胞と呼ばれる、脂肪燃焼に効果的な脂肪細胞があります

加齢とともに褐色脂肪細胞の数は減少します(メタボの一因とも言われています)。褐色脂肪細胞の数が減るからこそ、残った褐色脂肪細胞を活性化させることが重要です。

方法は簡単です。壁に沿って壁の前に姿勢よく立ちます。床に仰向けでおこなってもできます。

その姿勢で両腕をまっすぐ上に伸ばします。そのまま写真のように、壁や床に沿って両手を肘から下ろし、胸の高さあたりでピタリと止めます。 

年末年始のボディケアとフェイシャル

この時、肩甲骨が動いていることを意識しましょう。

この動作を朝晩、20回ほどおこなうだけで良いのです。
余裕がある朝は、回数を多めにおこなうとさらに効果が上がります。

年末年始マッサージいらずのフェイシャル&ボディケア

年末年始の連休だからこそ、数日間のスペシャルケアをプレゼントしましょう。
その際は、一年頑張った自分へのご褒美と翌年頑張る自分へのエールをこめてくださいね。

といっても、難しいことや時間のかかることではありません。マッサージのような難しいことでもありません。

ほんの数分いつものスキンケアにプラスして、ひと手間加えるだけです。ぜび、翌年の美肌に向けて取り入れてみてください。

ローションパックとシートパックでフェイシャルケア

ローションパックと聞くと、面倒に感じますが、このひと手間が美肌には大切です。

パック中にラップやシャワーキャップを使用すれば、両手が自由になるので自由に動き回ることもできます。

精製水と化粧水を含ませたコットンやシートを洗顔前に用意。洗顔後、すぐに顔にコットンを乗せ、上からラップやシャワーキャップで閉じれば完成です。

自分の呼吸がスチーム効果をもたらし、モチモチ肌に仕上がります。

エタノールやアルコールの配合されている化粧水は、乾燥が早いので不向きです。

使用する化粧水はエタノールやアルコールの配合が配合されていないものを選びましょう。
またパック時間は3分前後に留めましょう。

さらに睡眠時間が多くとれる夜は、シートパックがオススメ。

美容成分が豊富に含まれるシートパックを使用することで、寝ている間に肌を美肌へと導きます。

シートパックにもラップやシャワーキャップを併用すると、効果を高めることができます。

シートパックの使用時間は、商品の記載時間を守りましょう。

体にも水分補給をおこないボディケア

乾燥の厳しい冬は、ボディの乾燥も進んでいる方が多いのではないでしょうか?

「普段のボディクリームやボディローションでは乾燥に歯止めが効かない」という方も多いと思います。

そんな冬だからこそ、年末年始の間はしっかり体にも水分補給をするボディケアをおこなっていきましょう。

方法は簡単です。いつも使用しているボディクリームやボディローションを塗る前に、一度オイルを全身に塗りましょう

オイルは保湿をおこなうだけではなく、化粧水の浸透を高める効果があります。

その後、乾燥が気になる場所には、化粧水を。化粧水は安いものでかまいません。そして、ボディクリームやボディローションを塗っていきましょう。

その際、ボディクリームやボディローションにオイルを1滴~2滴混ぜることで、さらに保湿効果を高めることができます。

オイルやクリームを塗るときに、心臓に向かって塗るだけでもマッサージ効果が得られ、血行を促進します。

年末年始のゆったりした時間の流れだからこそ、顔だけではなく体の保湿にも目を向けていきましょう。

年末年始のボディケアとフェイシャル

料金をかけない年末年始のフェイシャル&ボディケア

年末年始の食事はついつい食べ過ぎ、食事のバランスも偏りがちです。さらにお酒を飲む人も多いと思います。

そのため便秘になったり、肌トラブルを起こすことも。そんな時、サプリや身近な食材で必要な栄養素を補給していきましょう。

ビタミン&ミネラル補給でフェイシャル&ボディケア

アルコールの分解や食べ過ぎには、ビタミンやミネラルが大量に消費されてしまいます。

ビタミンやミネラルを失うと、肌トラブルや脂肪蓄積の原因になることも。

ビタミンやミネラルは、サプリやドリンク、スムージーなどでとることがオススメ。もしくは昔ながらのおせち料理を食べましょう。

おせちは野菜や海草、小魚を使用しており、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます

甘酒でフェイシャル&ボディケア

お正月に出されることが多い甘酒。この甘酒は飲む美容液と呼ばれるほど、豊富な栄養素を含んでいます

甘酒は大別して米糀と酒粕の原料があります。米糀と酒粕の甘酒で効果が違いますが、どちらの甘酒にも、それぞれ豊富なビタミンが含まれています。

甘酒に含まれるビタミンには、ターンオーバを正常化させ美肌に導く効果や、美白効果があります。

さらに食物繊維が豊富に含まれているため、年末年始に滞りやすい腸内環境をサポートします。

また豊富なアミノ酸やペプチドも含有していますから、全身の栄養補給に最適で、美肌に導きます

生姜湯を取り入れフェイシャル&ボディケア

生姜に、体を温める効果や脂肪燃焼効果があるということは、知っている方も多いのではないでしょうか?

生姜の効果はそれだけではありません。実は、美肌にも効果的なのです。

また、生姜には強力な抗酸化作用があるため、エイジングケア効果もあります。

そもそも、体を温めて血行を促進しますから、利尿作用や発汗作用を促し、むくみにも効果を発揮します。

年末年始の食べ過ぎや飲み過ぎた日の水分調整に最適です。白湯にすりおろした生姜を加えた「生姜湯」を朝に一杯飲んでみましょう。

年末年始のボディケアとフェイシャル

ひと手間プラス!フェイシャル&ボディケア方法まとめ

ここで紹介した年末年始のフェイシャル&ボディケアは以下です。


●年末年始に脂肪を燃やすボディケア
●年末年始マッサージいらずのフェイシャル&ボディケア
●料金をかけない年末年始のフェイシャル&ボディケア

うまく年末年始のフェイシャル&ボディケアをおこない、一年頑張った自分にご褒美を。そして次の一年頑張る自分へエールを送りましょう。

美容心理士から見た「年末年始」に最適なカラーセラピー

年末年始は仕事もないため、ゆっくりとだらだらしがちです。

そんなときは白いシャツや白いコートを着て、気持ちをシャキッ。とさせましょう。

年末年始のボディケアとフェイシャル

白は完璧主義を表すカラーでもあるので年始からケアを完璧にやり遂げられるパワーを与えてくれます。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »