麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

コラーゲンのドリンクサプリ

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


私たちの肌を支えているのはコラーゲンです。

このコラーゲンを化粧品で補っている方も多いのではないでしょうか?

また、このコラーゲンが化粧品に配合されていると、なんとなく肌に良さそうに思う方も多いでしょう。

このコラーゲン、実は化粧品だけではなく、ドリンクやサプリで補うことでさらに美肌効果を得ることができます。

そうすることで、肌をよりプルプルに、弾力ある潤い肌へと導きます。

ここでは、コラーゲンドリンクやサプリの美肌効果について紹介していきます。

ドリンクやサプリは手軽に取り入れられるので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コラーゲンのドリンクサプリ

コラーゲンドリンクとサプリの美肌効果とは

私たちの肌の土台とも言われるコラーゲン。ですが、コラーゲンは加齢とともに生成量が減っていきます。

そのため、外から補い、コラーゲン生成量を増やす必要があります。

「増やす」と聞くと、化粧品からコラーゲンを補うことを想像する方も多いでしょう。

しかし、残念なことに化粧品に含まれているコラーゲンは、肌内部のコラーゲンの生成を増やすわけではありません。

化粧品に含まれるコラーゲンは、分子が大きいため、コラーゲンが存在する肌内部の真皮まで、たどり着けないのです。

しかし、肌表面に留まることで、肌表面の保湿力を一時的に高め、肌を乾燥から守る効果があります。あくまでも一時的な「ブースト」ということですね。

では、実際に肌内部のコラーゲンを増やすためには、どうすればいいでしょうか?

それは、コラーゲンドリンクやサプリを摂取するのが効果的です。

以前は、コラーゲンを含むドリンクやサプリ、食材を摂取していても、肌内部のコラーゲン量とは関係ないとされていました。

しかし近年では、研究が進んだことで、毎日適正量を摂取すれば肌内部の水分量を上昇させられることが判明してきたのです。

コラーゲンドリンクやサプリに含まれている「コラーゲンペプチド」がこれを可能にしてくれるのです。

このコラーゲンは、肉や魚の骨や皮に含まれているコラーゲンからつくられています。

また、近年では、もともと分子が大きいコラーゲンを水に溶けやすく加工し、体へすぐ吸収されるように工夫されています。

従来のコラーゲンは、ドリンクなどで摂取後、ほとんどが血中でアミノ酸となってしまっていました。

しかし、コラーゲンペプチドは、その一部がアミノ酸ではなく、ペプチドとして残ります。

ペプチドが体を巡ることで、肌の弾力や水分量を増やすための指令を出すため、結果として美肌効果が高まるのです。

しかし、このコラーゲンペプチドによる美肌効果は約1日。ドリンクなどで、その都度摂取する量を増やしても、効果が倍増することはありません。

そのため、毎日適正量を、サプリやドリンクで飲み続けることが大切です。

コラーゲンのドリンクサプリ

効果の高いコラーゲンドリンクとサプリの選び方

コラーゲン配合のドリンクやサプリを選ぶ際は、配合量とコラーゲンの素材に着目していきましょう。

コラーゲン配合のドリンクやサプリの配合量に着目

コラーゲンの摂取量は厳密には決まっていません。しかし、美肌効果を得るためには、1日5~10gのコラーゲンが必要とされています。

コラーゲンは、食事で摂取することもできますが、日本人のコラーゲンの1日の摂取量は、平均でわずか1.9gと言われています。

それくらい、私たちの食生活ではコラーゲンを補えていないのです。そのため、サプリやドリンクで摂取する必要があるのです。

コラーゲン配合のドリンクやサプリを選ぶ際は、コラーゲンの配合量を必ず見るようにしましょう。

そして食事とドリンクやサプリを合わせて1日5~10gのコラーゲンを摂取できるように、調整していきましょう。

少なくては効果がありませんが、たくさん摂取するからといって、効果が増進するわけではありません。用法と用量を守りつつ、ドリンクやサプリで、毎日続けることが大切です。

コラーゲンのドリンクサプリ

コラーゲン配合のドリンクやサプリは素材にも着目

コラーゲンとは、タンパク質です。そして、タンパク質とは、私たちの体に吸収されにくい栄養素。

そのため、コラーゲン配合のドリンクやサプリメントを選ぶ際は、できるだけ体への吸収率が高いものを選ぶことで美肌効果を高めます。

コラーゲンの素材は、「動物由来コラーゲン」と「魚由来コラーゲン」に分けられます。

一般的には、「動物由来コラーゲン」よりも「魚由来コラーゲン」のほうが体への吸収率が高いとされています。

「動物由来コラーゲン」は、最近ではブタから抽出されていることが多くなってきました。

コラーゲンドリンクやサプリの研究が進むにつれ、ブタ由来のコラーゲンも分子を小さくすることで、吸収率を高めてきています。

また魚由来のコラーゲンは、体への吸収率は高いものの、独特な魚の臭いがある場合もあります。

コラーゲンドリンクやサプリが苦手な方は、臭いが気になっている方も多いのです。臭いが気になる場合は、無臭のドリンクやサプリが多い、動物由来のコラーゲンがオススメです。

さらに、魚由来のコラーゲンは、魚のどこから抽出したのか、天然なのか養殖なのかで吸収率が変わります。

魚由来のコラーゲンには、「骨、皮由来コラーゲン」と「ウロコ由来コラーゲン」があります。「骨、皮由来コラーゲン」は吸収率が高いコラーゲンです。

一方「ウロコ由来コラーゲン」は、ウロコが固いことから、柔らかくするために劇薬の塩酸を多く使用します。

その過程で、コラーゲンを壊してしまう場合も多いのです。そのため、魚由来のコラーゲンを選ぶ際は、魚の骨や皮から抽出しているコラーゲンがオススメです。

さらに、天然か養殖かも大切です。養殖の魚に比べ、天然の魚の方がより体に吸収されやすいコラーゲンを持っているのです。

コラーゲン配合のドリンクとサプリを選ぶ際は、これらの素材も参考にしてくださいね。

コラーゲンのドリンクサプリ

コラーゲンドリンクとサプリの効果を高める方法

せっかく、コラーゲンドリンクやサプリを摂るのであれば、だれもが少しでも効果を上げたいと思うでしょう。

一般的にドリンクやサプリは飲む時間は決まっていませんが、吸収率が高まっている食後に飲むのがオススメです。

加えて、コラーゲンドリンクやサプリの効果はちょっとしたひと手間で、しっかり効果を上げることができます。それを可能にしてくれるのがビタミンCとトリプトファンです。

ビタミンCは美白効果や抗酸化作用など美肌に欠かせない栄養素。そして、コラーゲンの生成を促進させてくれるコラーゲンにも欠かせない栄養素です。

最近では、コラーゲンドリンクやサプリと一緒に配合されている商品も多くなってきました。

ドリンクやサプリの内容量を把握して、ビタミンCが足りない場合は、フルーツや野菜、ドリンクなどで補っていきましょう。

さらにトリプトファンを摂取することで、より美肌効果を高めることができます。

コラーゲンは、摂取されると多くのものがアミノ酸に分解されます。しかし、そのアミノ酸は体に必要な必須アミノ酸ではなく非必須アミノ酸

コラーゲンの生成には、必須アミノ酸が不可欠なのです。そのため、トリプトファンを多く含む動物性タンパク質や穀物類、乳製品もコラーゲンドリンクやサプリと一緒に摂取していきましょう。

しかし、効果を高めるポイントがあれば効果を下げてしまうポイントもあります。

高脂肪の食事や糖分の摂りすぎには、注意が必要です。これらは、コラーゲンドリンクやサプリの美肌効果を下げるだけではありません。

肌内部でのコラーゲンの生成を妨げ、コラーゲンのハリや弾力までも失わせます。そのため、揚げ物やスイーツの食べ過ぎには、くれぐれも注意してくださいね。

コラーゲンのドリンクサプリ

コラーゲンドリンク・サプリの美肌効果まとめ

コラーゲンドリンクやサプリをスキンケアとともに使用することで、美肌効果は期待できます。

コラーゲンドリンクやサプリを選ぶ際は、美肌効果をアップさせるためにも、配合量とコラーゲンの素材にも着目していきましょう。

そして、コラーゲンドリンクやサプリと合わせて、ビタミンCやトリプトファンを一緒に摂取することがオススメです。

そうすることで、コラーゲンドリンクとサプリの効果をより高めることができます。

スキンケアに取り入れる化粧品のように毎日コラーゲンドリンクやサプリを取り入れ、美肌へと導いていきましょう!

美容心理士から見た「コラーゲン」のカラーセラピー

コラーゲンドリンクやサプリを飲むときは、ピンク色をイメージすることで、効果を高められます。

コラーゲンのドリンクサプリ

ピンクは栄養素を受け止める、吸収する効果を高めてくれます。

自分を労わるためにドリンクやサプリで栄養補給するあなたは、自分を大切にしているという自己肯定感も上がります。

そして、コラーゲンドリンクやサプリを通して、内側から美しくなれますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »