麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

フェイシャルエステ

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


現在フェイシャルエステには、さまざまな種類があります。フェイシャルエステに使用される機械も進化してきているので、美顔器や導入機を使用して、より高濃度の美容成分を肌内部へ送りこむ施術内容も増えています。

また低周波や高周波などを使用して、顔の筋肉を引きしめ、リフトアップを図る施術など、フェイシャルエステで使用される機械の種類も増え続けています。

そして、機械だけではなく、施術に使用されるパックの種類も多種多様。石膏を使用したものや、パラフィン、泥や海藻など増え続ける一方です。

そんななかで、どんなファイシャルエステを選ぶか迷う方も多いでしょう。また最近では業務用や医療用などと記載されている化粧商材も多く、簡単に手に入りますね。さらに便利で効果の高い美顔器も手に入りやすくなってきました。そうなってくると、セルフケアとフェイシャルエステでは、何が異なるのか疑問に思う方も増えてきました。

そこで今回は、エステサロンでおこなうフェイシャルエステの内容と効果について紹介します。

フェイシャルエステ

フェイシャルエステの効果

エステサロンでおこなうフェイシャルエステの最も良い点は、それぞれの肌に合わせて施術してくれる点です。

当たり前ですが、肌は人それぞれ状態が異なります。乾燥肌や混合肌、脂性肌などとグループ分けできても肌の細かな状態は、一人ひとり異なります。それをプロの目で見て、その人にあった施術をしてくれるのがフェイシャルエステの良いところです。

あなたの肌の状態を知るために丁寧なカウンセリングをおこない、肌の状態に合わせたオーダーメイドの施術をしてくれます。だからこそ、エステサロンでのフェイシャルは、1回ごとの効果が高いのです。

[素材番号 : フェイシャルエステ

そんなフェイシャルエステの効果は、3つあります。まずは美肌効果です。

エステサロンでのフェイシャルエステでは、肌の汚れをしっかり除去して、マッサージで血行を促進。その後、たっぷりの美容成分を補給することで、肌を美肌へと導いてくれます。
そして、美容成分をたっぷり補給された肌は、ターンオーバーを正常に導きやすく健康な肌に近づけるのです。

またターンオーバーが整っている肌は、シミの原因となるメラニンを蓄積させることなく排出してくれます。そして、くすみや乾燥の原因となる古い角質もしっかり除去。古い角質がしっかり排出されることで、もちもち肌も手に入ります。

そしてフェイシャルエステには、小顔効果もあります。フェイシャルエステでおこなわれるマッサージは、血行促進効果があります。血行促進させるということは、デトックス効果も高いということ。

むくみを解消させ、スッキリとしたフェイスラインを手に入れられます。さらにマッサージは、凝り固まった顔回りの筋肉をほぐし、たるみを引き締めます。

フェイシャルエステの効果、最後のひとつは、リラクゼーション効果です。機械でなくエステティシャンによるハンドマッサージは、特にリラクゼーション効果が高いです。ハンドマッサージをおこなうことで、受けている人の脳にリラックスや瞑想中に流れるα波が増加されることがわかってきました。

さらにボディの施術よりもフェイシャルエステのほうが、たくさんのα波が出て、リラクゼーション効果が高まるとも言われています。さらにフェイシャルエステで使用するオイルやアロマオイルの香りも、リラクゼーション効果を高めてくれます。

そのほかフェイシャルエステに取り入れる機械や商材によって、さらに多くの美容効果があるのです。

フェイシャルエステ

セルフケアとフェイシャルエステの違い

お客様から、セルフケアとフェイシャルエステの違いについて質問されることがあります。現在は、自宅で簡単に取り入れられる美顔器やパックなどが多く発売されていますね。そんななかで、最近はセルフエステサロンなども出てきていますね。

特にフェイシャルは自分の手が行き届く部分。マッサージもできるところから、セルフでも十分なケアができます。

では、セルフケアとフェイシャルエステとの違いは何でしょうか?

やはりこちらも、一人ひとりの肌をプロの目で状態を確認して、ケアをおこなう点です。

そして、エステの流れも違います。フェイシャルエステでは、まずは丁寧にクレンジングと洗顔をおこない、その後、スチーマーや吸引機を使用します。そして普段落としきれない毛穴の奥の汚れまで、浮かせて取り除いてくれるのです。

さらにこの丁寧なケアをすることで、肌に不必要な角質を取り除くこともできます。たったこの工程だけでも、肌のトーンは明るくなり、肌が柔らかくなるのです。

そしてセルフケアと異なってくる点は、プロのハンドマッサージ。その方の凝っている部分や気になる部分に合わせて施術をおこなってくれます。顔の筋肉の凝りを緩めることで、リフトアップ効果が高まります。

さらにマッサージは、血行促進効果もあるので、その後の化粧品の浸透を助けてくれるのです。また使用されるパックは、個人ではなかなか手に入らないこだわりのものばかり。塗るだけで、豊富な美容成分を肌に補給してくれます。

この一連のフェイシャルエステの施術は、セルフケアではなかなかできない点です。

さらに最も違う点は、個別のスキンケアのアドバイスがもらえる点です。エステティシャンは、スキンケアのプロ集団。悩みや質問をどんどん話してみましょう。あなたの肌をより理想の美肌へと導く、アドバイスやヒントを与えてくれますよ。

毎日のセルフケアに取り入れている美顔器などの使用するベストなタイミングや方法も、助言してくれるはずですよ。

フェイシャルエステ

オススメ!フェイシャルエステの頻度

フェイシャルエステの効果を1回の施術で感じることはできます。しかし、その効果を持続させることが、難しいのが現実です。

肌は約1ヵ月ごとに生まれ変わります。私たちの今見ている肌は、約1ヵ月前にできたものなのです。そのため、フェイシャルエステを1度おこなっただけでは、一過性の結果しか得られないのです。

フェイシャルエステの効果を持続させるためには、継続が必要です。通う頻度は、最低でも月1回ペースがオススメです。毎月肌を洗浄、血行促進をして、たっぷりの美容成分を補給することで、肌のターンオーバーを正常に導き、美肌をキープできるようになります。

より、高い美肌効果を得たい場合は、2週間に1度の施術がオススメです。そして、やはり効果を持続するためには、セルフケアが重要になります。正しいセルフケアを取り入れることで、より長くフェイシャルエステの効果を持続できるのです。

だからこそ、エステティシャンのアドバイスをしっかり聞いていください。そうすることで、より理想の美肌を手に入れることができますよ。

フェイシャルエステ

フェイシャルエステの美肌効果まとめ

フェイシャルエステは、一人ひとりの肌の状態に合わせてオーダーメイドの施術をしてくれる点です。さらにフェイシャルエステでは美肌効果や小顔効果、リラクゼーション効果も得られます。

フェイシャルエステの理想の頻度は2週間に1回~月に1回ほど。そうすることで、より高い美肌効果を得られます。とはいえ、フェイシャルエステの効果は永遠ではありません。より長くフェイシャルエステの効果を持続させるためには、自宅でのセルフケアが大切です。

正しいセルフケアの方法をフェイシャルエステの際に教えてくれるサロンも多いです。ぜひフェイシャルエステの施術で美肌効果を高めつつ、セルフケアのアドバイスを聞いてみてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「フェイシャルエステ」のまとめ

顔のマッサージを行うことで眉間や目の周りがほぐされ、第6チャクラが活性化されて直感力が上がり正しい方向に人生を導いてくれます。

フェイシャルエステ

またクリエイティブな発想が湧いてきて現状を打破するのに力を与えてくれます。フェイシャルエステを受けると脳にいっぱい酸素も運ばれて冴えた思考を生み出します。エステに来られない方は瞑想をして心を無にするのも同じ効果が得られます。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »