麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

敏感肌の洗顔料

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


徐々に暖かくなってきましたね。最近では、もう花粉が飛んでいる地域もあるようです。今の季節の変わり目は、肌の乾燥に花粉にと、肌にとって特に注意しなければならない刺激が多くある時期。注意していないと、アッという間に敏感肌になってしまいます。

そこで今回は敏感肌のための洗顔料の選び方と洗顔方法について紹介します。敏感肌の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

敏感肌の洗顔料

敏感肌とは

まずは敏感肌とは、どんな肌の状態か復習していきましょう。敏感肌は、アトピーなどのように肌の病気ではありません。肌がとてもデリケートな状態なことを敏感肌といいます。例えば、洗浄力が高い洗顔や美白化粧品を使用した際に赤みがでたり、痒くなるのも敏感肌です。

さらに症状が進むと、髪が肌に触れるだけでピリピリする場合もあります。この過敏な状態が敏感肌の特徴です。そして、肌内部はどんな状態になっているかというと、水分も保湿成分もなくなり乾燥しています。そのため肌が本来もっている外からの刺激から肌を守るバリア機能が低下しているのです。そのため、少しの刺激で過剰に肌が反応してしまいます。

最近では、敏感肌は誰にでも起こりうる症状です。肌が乾燥することも、この敏感肌の大きな原因。そして、乱れた食生活やストレスで敏感肌になる方も多くなっています。さらに毎日何気なくおこなっているスキンケアが間違っていれば、この敏感肌を招いてしまうのです。

さらにこれからは、花粉も舞う季節。花粉は敏感肌の天敵です。バリア機能が低下している肌は、花粉まで刺激となってしまうのです。

もし、あなたが最近肌の乾燥が気になっているなら要注意。敏感肌は乾燥から始まります。さらにヒリヒリとした痛みやかゆみ、赤みを感じる場合は、敏感肌になっているかもしれません。敏感肌を放置すれば、症状はどんどん酷くなっていく一方です。肌の免疫力も落ちているので、自分の肌が持つ力だけで完治するのは難しいのです。

そのため、スキンケアから見直し、敏感肌にあったスキンケアをおこなう必要があります。
まずはスキンケアの基本でもある洗顔から見直していきましょう。

敏感肌の洗顔料

敏感肌に最適な洗顔料とは

洗顔は、洗顔料がなくては始まりませんね。敏感肌は、洗顔料の選び方も重要です。洗浄力の高い洗顔料は、その分界面活性剤が多く使用されています。

この界面活性剤は、洗顔料の中で水分と油分をしっかり親和させてくれるための大事な成分。洗浄力を高め、泡立ちを良くするためには、洗顔料には必須の成分です。しかし、この界面活性剤がたくさん配合されている、もしくは洗浄力が高すぎる界面活性剤には注意が必要です。

敏感肌は、ただですら乾燥していて、肌内部に水分も保湿成分も足りない状態です。洗顔料の洗浄力が高すぎれば、肌に必要な皮脂までも洗い流し、よりバリア機能を低下させます。すると肌に残っているわずかな水分、保湿成分までも蒸発させ、肌の乾燥を促進。敏感肌をより悪化させてしまうのです。

とはいえ、どの界面活性剤が肌に悪影響を与えるのかを洗顔料の商品からすぐに見分けるのは、専門家でも難しいといわれています。

洗顔料を見ただけで見分けるポイントは、やはり「敏感肌用」と記載があるものが安心です。植物由来のものをより配合している洗顔料は、なかでも安心して使用できるでしょう。そして、洗顔フォームや泡タイプの洗顔料よりも、洗顔石鹸がオススメです。

石鹸は界面活性剤の働きによって泡立つのではなく、そのほとんどが天然の洗浄成分で泡立ちます。そのため、洗顔フォームなどの加工した洗顔料に比べて、肌への刺激が少なく、皮脂などを落とすぎないのです。

とはいえ、洗顔料を使用する前は、パッチテストをおこなうようにしましょう。残念ながら自分の肌に本当にその洗顔料があっているかは、試してみないと分かりません。

ぜひ、敏感肌の方は洗顔料を選ぶ際の参考にしてくださいね。

敏感肌の洗顔料

敏感肌のための洗顔方法

洗顔料の選び方が分かった後は、いよいよ洗顔方法です。なんとなく、いつものように洗顔していては、敏感肌はよくなりません。敏感肌は洗顔方法にも気を付ける必要があります。

まずは洗顔時間です。洗顔料に配合されている洗浄剤は、肌に使用して5分ほどで角質層を破壊しはじめると言われています。

そのため、洗顔に時間をかければかけるほど、肌がキレイになると思っている方は間違いです。洗顔はサッと短時間で洗いあげることが大切です。特に敏感肌は、洗顔料に過敏に反応してしまう場合少なくありません。そのため1分以内に洗顔を終わらせるように意識しましょう。

そして、通常の洗顔のようにしっかり泡立てることも大切です。泡で洗顔をしなければ、肌は摩擦を与えられる一方です。摩擦は、肌へのダメージも多く、敏感肌をより悪化させてしまいます。よく洗顔料を泡だて、手と肌の間に泡のクッションを作り、しっかり泡で洗い上げていきましょう。

敏感肌の洗顔料

特にふき取りクレンジングや洗顔を利用している方で、肌のピリピリ感や乾燥を感じている方は、こすることで、肌に摩擦を与え、敏感肌を悪化させる場合も少なくありません。そんな方は洗顔料から見直していきましょう。

そして、お湯の温度も重要です。敏感肌の方は、お湯にまで過敏に反応してしまうのです。熱すぎるお湯にピリッとした痛みを感じたことがある方もいるでしょう。それは、お湯が刺激になっている証拠です。

さらに熱すぎるお湯は、肌を守るために欠かせない皮脂や水分、保湿成分までも洗い流してしまい、肌の乾燥を悪化させ、敏感肌をひどくしてしまいます。必ず、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

最近では、お湯の温度が調整できる家も多いですね。32度前後の少し冷たいぐらいのお湯で洗顔するようにしましょう。そして、必ず洗顔時はお湯を洗面器などにためるようにしてくださいね。シャワーで直接すすぐのは厳禁ですシャワーから出るお湯のシャワーは、肌には刺激が強すぎるのです。
必ず洗面器などにお湯をため、手ですくって洗顔するようにしましょう。

そして、洗顔後は顔についた水滴を優しくタオルでふき取り、すぐに化粧品で肌を整えましょう。洗いすすぐだけでなく、その後のスキンケアが大切ですどんなに肌に良い洗顔料を使用しても、丁寧に洗顔をおこなったとしても、洗顔後の肌を放置すれば肌の乾燥は促進され、敏感肌は悪化する一方です。十分に気を付けましょう。

敏感肌の洗顔料

敏感肌のための洗顔料の選び方と基本の洗顔方法まとめ

敏感肌は病気ではありません。乾燥や乱れた食生活、間違った洗顔方法、スキンケアが原因で引きおこる肌の状態です。敏感肌が進めば、肌に髪が触れるだけでも、肌に痛みや痒み、赤みが出てしまいます。

そんな敏感肌は、洗顔から見直す必要があります。まずは、洗顔料の選び方から始めましょう。洗顔料は、洗顔フォームよりも洗顔石鹸がオススメです。また敏感肌用と記載のある洗顔料も良いでしょう。使用する前は、必ず洗顔料のパッチテストをおこないましょう。

そして、洗顔方法も大切。洗顔時間、洗い方、お湯の温度まで気を配って、敏感肌をケアしていきましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「敏感肌の洗顔」のまとめ

急いで洗顔をすると、ゴシゴシ擦りがちになります。ゆとりがある洗顔は、肌を優しく扱おうという気持ちが高まります。

敏感肌の洗顔料
忙しいときこそ心にグリーンを取り入れて深呼吸。暖かい春の公園に生い茂る芝生をイメージしてみて。洗顔時だけでもゆっくりできる時間と意識にスローな気持ちに切り替えてみましょう。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »