麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

ボディケア

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


まだまだ寒さは続いていますが、春はもうすぐそこまで近づいています冬から春にかけてファッションも変わることで、薄着になり、ボディラインが気になる…という方が春先に急増します。

だからこそ、春になる前からのボディケアが重要です。ボディメイキングに最適なケア方法がマッサージ。自分の体のラインと向き合え、ボディメイキングするにも効果的です。ここでは、上半身、下半身に分けてのボディマッサージ法を紹介します。

春になってから後悔しないように、ボディケアも春に向けてのシフトチェンジを今からはじめましょう。

ボディケア

マッサージケアの効果とは

マッサージには、さまざまな効果があります。例えば、血行促進であったり、リンパの流れを促進させる効果、凝り固まった筋肉をほぐす作用などです。

つまり、むくみの解消や脂肪燃焼の促進、肩こりの緩和などに効果的なのです。さらに心地よい刺激が全身に加わることで、リラクゼーション作用も得ることができます。

毎日のスキンケアに合わせてフェイスマッサージをする習慣がある方は多いですが、ボディのマッサージはどうでしょうか?

フェイスマッサージに比べて、ボディマッサージは気が向いたときだけ…。なんて方も多いですね。ボディは、顔に比べて面積も多く、疲れやむくみなどあちこちに表れます。そして秋から冬にかけ、厚着で隠せたボディラインは、ちょっとわがままになっているかもしれません。

だからこそ、今から毎日のボディケアにマッサージを取り入れることが大切です。マッサージをおこないながら、自分の手でボディのそれぞれの状態を把握することは、ダイエットにも美肌にもつながります。

また、自分のマッサージだけではなく、誰かにマッサージを受けるのもオススメです。マッサージを受けることは、とてもリラクゼーション効果が高く、心にも体にも良い作用をもたらしてくれるのです。

その癒しの作用から、「手当て」という言葉ができたともいわれています。癒しの作用に着目し、さまざまな治療にも取り入れているほどです。

ここからは、上半身、下半身に分けて、セルフマッサージを紹介します。ぜひ毎日のボディケアに取り入れ、自分の体と向き合いながら、一歩先の美しいボディを手に入れましょう。

ボディケア

上半身のボディケアのためのマッサージ方法

上半身は、肩こりや二の腕部分、お腹周りが気になるなど、体のラインだけではなく、コリも気になる場所です。そして、上半身は、手の届かない部分が出てくるパーツでもあります。手が届かず、直接見えない部分は、肌トラブルなどを見逃しがちになりガチ。しっかりボディケアをしましょう。

まず肩こりに対しては、コリを触りながらの腕回しが効果的です。まず右手で左の肩甲骨のあたりを触ってみましょう。親指を除く4本の指でコリをほぐすように触ると痛気持ち良い部分があるでしょう。その部分を強く抑えながら、左腕を大きく外回し、内回しと各10回ずつ回しましょう。

腕回しを取り入れる前と後では、触ったときのコリの硬さが異なり、肩が軽くなります。反対側も同様におこないます。

その後、脇の下もほぐしましょう。脇の下には大きなリンパ節があります。この部分の流れが滞ると、二の腕のラインの崩れやバストの崩れにつながるおそれがあります。

右手でこぶしを作り、左脇の下を痛気持ち良い圧でほぐしましょう。その後、手を楽にした際に肩と脇との中間あたりにできるくぼみの部分もこぶしを使ってほぐしましょう。パソコンやスマートフォンを毎日使うため、肩の関節が内側に入ってしまう方が増えています。

そんな方は、時間をかけてこの部分をよくほぐしてくださいね。姿勢がよくなれば、ボディメイキング作用も高まります。

そして気になる方の多いウエスト部分もしっかりマッサージでケアしましょう。特にお腹周りはしっかり自分の手で脂肪をつかみ、現状を把握することで、ダイエットへの意識も高められます。マッサージする際は、肌への刺激を減らすためにも、ボディクリームなどを使用してくださいね。

まずは腰のあたりも含めたお腹周りを両手で脂肪をつかむように揉みほぐしましょう。その際、あくまでも優しくおこなってくださいね。その後、両手でウエストを作るように腸骨に沿って鼠径部に流しましょう。背骨のあたりから、しっかりお肉を流すのが大切です。

左右10回ほど流してくださいね。特にお腹の側面は、骨もなく脂肪がつきやすい部分です。しっかりマッサージケアを加えてあげれば、しっかり目に見える形で効果が実感できるポイントです。理想のウエストラインをイメージしながらおこなうとスムーズですよ。

ボディケア

下半身のボディケアのためのマッサージ方法

下半身はむくみやセルライトなどのトラブルが表れやすい部分ですね。しっかり血行を促進し、余分な水分や老廃物を排出することが大切です。自宅でのマッサージでは、ボディクリームやオイルを使用しおこないましょう。

下半身のマッサージは下から上にが基本です。パーツをふくらはぎ、ふともも、お尻の3つに分けてマッサージしてください。

特にむくみやすいふくらはぎ部分は、ヒザを立て、両手で足首からヒザ上に血流を流すイメージで、さするようにテンポよくマッサージします。その後、両手で太ももをはさみながら、鼠径部に向かって、ゆっくりと引き上げましょう。繰り返すことで、足が徐々に軽くなってきます。

最後におしりを両手でつかみながら、引き上げましょう。その際、自分のなりたいお尻をイメージしながら、自分自身のお尻をボディメイキングするようにおこなうことで、効果を高めることができます。意識することは、改善の第一歩なのです。その後、両手でこぶしを作り、お尻のくぼみなどをほぐすのがオススメですよ。
ボディケア
出典: https://goo.gl/X7fE8u

昨年、自宅で誰でも簡単に美脚ケアできるDVD「自宅で簡単に 塩澤式美脚マッサージ」を発売しました。実際にサロンでおこなっている手技なども取り入れたセルライト分解、リンパ促進、ボディメイキングの手技で美脚に導きます。

そして、サロンでおこなっている「チャクラカラーチェック」もできるので、心を癒しながら美脚ケアできます。Amazonなどで発売しているので、ぜひ美脚ケアの参考にしてくださいね。

ボディケア

ボディケア効果を高め把るマッサージクリームの選び方

ボディのマッサージ効果を高めるには、マッサージクリームやオイルを厳選するのが良いでしょう。ボディクリームを塗るときに、ついでにマッサージをおこなうのも、時短になってよいですが、保湿クリームでのマッサージと厳選したマッサージクリームなどでのマッサージとでは、ボディケア効果が異なります。

最近では、マッサージクリームなどに保湿効果や美肌効果が備わっているものも多いです。ボディケアにせっかく時間をかけるのですから、マッサージ効果も高めましょう。マッサージクリームやオイルを選ぶ際は、痩身作用のある成分が配合されているものを選びましょう。

オススメの成分はメリロートやゲルマニウム、生姜です。これらが配合されているマッサージクリームを、今日からボディケアに取り入れてください。またサロンで販売している「Dクリーム」もボディケアにオススメです。

「Dクリーム」にはセルライトを分解させる成分やリンパドレナージュ作用のある成分がたっぷり配合されています。痩身作用がある36種類の成分が配合されているので、塗るだけでも痩身効果が得られますよ。保湿作用もあるので、美肌ケアもできます。

ぜひDVDと併せてチェックしてみてくださいね。

ボディケア

ボディケアにマッサージを!まとめ

この時期のボディケアに取り入れたいのが、ボディマッサージです。ボディマッサージをしっかりすることで、春になって慌てることなく、理想のボディに近づくことができます。

さらに使用するマッサージクリームなどを厳選することで、よりボディケア効果を高めることも。ぜひ今回紹介したマッサージ方法を毎日のボディケアに取り入れてくださいね。

美容心理士塩澤麻衣による「ボディケア」まとめ

マッサージ中に、アロマを炊きましょう。そうすることで、芳香成分からダイエット効果が得られ、効果が倍増します。オススメのアロマは、ゼラニウムの香り

ボディケア

力強く刺激ある香りは血行促進を促します。また、ゼラニウムの香りに含まれる「前に進む、強さ、行動力アップ」の作用が心に働き、ボディケアやセルフマッサージをやる気にさせてくれますよ!


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »