麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


ある日、突然ポツンと顔を出すニキビ。

これだけで、1日中ゆううつな気分になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんなニキビは、皮脂が多いせいだと思って、つい皮脂を取るケアばかりしていませんか?

大人ニキビの原因は、ほとんど場合が生活習慣やストレスが原因です。

特に「大人ニキビ」は原因がとても複雑なので、誤解したままケアを続けていると、良くなるどころかますますこじらせてしまうことに。

そうならないためにも、正しい知識を知ることから始めましょう。

大人ニキビの対策

10代のニキビとは違う、大人ニキビの発生原因

10代のニキビのほとんどは余分な皮脂が原因であり、そういう意味では単純です。

なので、20歳近くになり、皮脂の分泌が減ってくるにつれて自然と治っていくことが多いのです。

しかし、20歳以降のニキビは、特にオイリー肌でなくてもできます。

それを裏付ける用に、皮脂の多い額や小鼻周辺というよりも、乾燥しやすい頬や顔まわり、あごなどにできやすくなります。

原因は、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下です。
免疫力が下がると、ニキビの原因となるアクネ菌が過剰に増殖してしまいます。

そんな原因、「ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下」こそが、ストレスや不規則な生活から生まれるのです。

<大人ニキビの主な原因>

ストレス
食生活の乱れ
睡眠不足
運動不足
生活リズムの乱れ

このようなことが続くと、ホルモンバランスが崩れ、免疫力が低下してニキビが発生

<ニキビがきる位置でわかること>

おでこやこめかみ・・・・ストレスが原因
ほほのニキビ・・・・・・大腸の疲れ
あご・Uゾーン・・・・・ストレス、ホルモンの乱れ
鼻周り・・・・・・・・・胃の疲れ

大人ニキビの始まりは「角質肥厚」

何度も言うようですが、大人ニキビの直接的な原因は「皮脂」ではありません。

ニキビができるきっかけは、毛穴の出口の角質が厚くなって毛穴を塞いでしまう「角質肥厚」や「アクネ菌の過剰繁殖」から始まります。

簡単にいえば、「ストレスや生活習慣の乱れによって、ホルモンバランスが崩れ、免疫力が落ち、肌のターンオーバーも遅くなる→古い角質が毛穴を塞ぎ、皮脂がつまる→アクネ菌が過剰に繁殖→ニキビの発生」というサイクルが生まれるのです。

アクネ菌は油分を養分として繁殖しますから、余分な皮脂は敵です。

ただ、ニキビの直接的なきっかけではないということを忘れないでください。

<ニキビの種類と特徴>

正常なニキビニキビのない、健康な肌の状態。
 
 
白ニキビ「白ニキビ」:古い角質や汚れなどで毛穴がふさがれます。ここに皮脂が詰まったものを「コメド」といいます。表面に見える皮脂が白っぽく見えますが、この段階でうまく押し出せば、痕を残さないで治すことも可能。
 
 
黒ニキビ「黒ニキビ」:皮脂や汚れなどが空気に触れて酸化し、表面が固く黒ずんでいきます。
 
 
赤ニキビ「赤ニキビ」:皮脂を栄養源にして、アクネ菌が増殖。炎症を起こして毛穴のまわりが赤くなります。
 
 
黄色ニキビ「黄ニキビ」:炎症がひどくなり、毛穴に膿がたまった状態。触ると痛みを伴うこともあります。こうなったら自分でつぶしたりせず、専門医のアドバイスを受けるのがおすすめです。
 
 
大人ニキビ痕「ニキビ痕」:膿までいくと、炎症がおさまっても陥没して痕になることがあります。こうならないためにも、早い段階で適切なケアをしましょう。
 

質のいい睡眠が大人ニキビ対策の近道

睡眠はとても大切です。
なぜなら、別名「美肌ホルモン」であるエストロゲンは、眠りについて3~4時間の間に分泌されます。

このホルモンには、壊れた細胞を修復させたり、ストレスをリセットしていくは働きがあります。私たち人間が本来持ち合わせた、優れた力をぜひ活用してください。

仕事、恋愛、家族のことなど、何かとストレスを抱える年代ではありますが、遅くても深夜0時までにはベッドに入り、毎日最低でも6時間以上は、しっかり睡眠をとることが大切です。

食物繊維や発酵食品で体の中からケア

ニキビに良くない食品としてとまことしやかに言われている、油の多い食事、チョコレート、ナッツなどは、それ自体が直接ニキビを発生させるということはありません。

ただ、糖質、脂質を食べ過ぎれば体に良くないことは確かですのでご注意を。

食物繊維が豊富な野菜や和食中心の食事、ヨーグルトや味噌などの発酵食品などは、便秘にも良いので、ニキビができている肌にも有効です。
ぜひ積極的に摂取してください。

大人ニキビ対策のヨーグルト

ニキビを対策、予防するスキンケア

ニキビケアが目的でサロンに通っている方の傾向としては、みなさん揃って乾燥していますね。

詳しく話しを聞いてみると、ニキビが気になって1日何度も洗顔したり、ベタつくのが苦手だからといって洗顔後は化粧水だけなど、やはり誤解をしたままケアをしています。

ニキビがある肌のスキンケアの基本は「油分を控えて、保湿は十分にする」ということ。

次のことに気をつけてみてくださいね。

対策ポイント➀ 過剰な洗顔とクレンジングは控える

余分な皮脂や汚れを洗顔で取り去ることはとても大事なことですが、洗い過ぎは禁物です。

ニキビ用のスキンケアにありがちな、殺菌力の強い成分が入ったものでゴシゴシ洗い過ぎると、肌本来がもっているうるおい成分を必要以上に洗い流してしまいます。

その結果、うるおい成分が不足すると、肌を守ろうと角質が厚くなります。

その角質がまた毛穴をふさぎ、余計にニキビが悪化させてしまうのです。

クレンジングはニキビがある敏感は状態にもやさしくなじむような、やわらかいクリーム状のもので洗いしょう。

拭き取るタイプは、つい擦ってしまって刺激を与えやすいので控えるのが無難。

また、オイル状のものも、すすぎが不十分で肌に残ってしまうとアクネ菌の繁殖の元になりますのでおすすめしませんが、使う時はすすぎ残しのないようにしてください。

対策ポイント➁ 油分を控えて、保湿成分でケア

油分が多い化粧品は、アクネ菌の栄養源になるので、どんなものでもつけすぎないようにしましょう。

肌が乾燥すると、毛穴の出口の角質が厚くなり、毛穴の詰まりが生じてしまうので、水分をたっぷりと与えて常に肌をやわらかく保つことが大切です。

成分としては、皮脂分泌をコントロールするビタミンC誘導体が入ったものや、抗炎・抗菌作用があり、肌を引き締めるハマメリス成分、肌のバリア機能を整えるセラミド、ヒアルロン酸などが入ったものがおすすめです。

対策ポイント③ 生理前にはピーリングやクレイパックが有効

生理前になると決まってニキビができる、という方にはピーリングやクレイパックが効果的です。

ピーリングやクレイパックには皮膚の余分な角質や毛穴につまった汚れを取り去り、ターンオーバーをスムーズに促すことでニキビ痕の予防にも。

自宅で手軽にできる洗い流すタイプのものが出ていますが、敏感肌で不安のある方は、クリニックやサロンでやってもらうといいでしょう。

対策ポイント④ ニキビ跡を残さないためにプロへの相談も

気を付けるべきは、残ってしまうかもしれないニキビ跡です。

肌の表面にプツッと見えるようなコメドの段階であれば、清潔な手や綿棒などを使って自分で押し出しすことができますが、肌の奥にできていて触ると痛いものはすでに炎症が始まっている状態です。

その段階ではけっして触れたり、自己流で対処してはいけません。

無理に潰そうとすると肌の内部で膿が破裂して広がってしまい、炎症が終わっても皮膚が陥没したまま戻らなくなってしまうことがあります。

いわゆるクレーター状態です。

そうなるのを避けるには、クリニックやエステサロンなどの専門家の手を借りてケアするのが正解です。できるだけニキビ跡を残さないケアを目指しましょう。

大人ニキビのスキンケア

ニキビがある時のメイクについて

クリームやリキッドタイプのファンデーションには、油分が多く含まれているものや、スムーズ効果のために大量のシリコンが含まれているものがあります。

それが毛穴をふさぐと、アクネ菌の増殖につながってしまうので、あまりおすすめできません。

いちばんよいのはサラッとしたパウダリーファンデーションやプレストパウダー(粉おしろい)です。

赤みが気になる部分だけコンシーラーでケアするくらいに抑えましょう。

また、紫外線はニキビの大敵です。メイクの前に、またはメイクをしない日も、UVケアは必ずしてくださいね。

大人ニキビ対策のメイク

大人ニキビ対策のまとめ

複雑な要因が複数にからみあってできるニキビ心当たりをひとつずつ消していくのが近道です

「大人ニキビ」の原因は内的なもの外的なものが複雑に関係しているため、いまだに特効薬的なものは存在していません。

面倒のようですが、心当たりのある「ニキビの原因」をひとつひとつ消していくことが近道です。

ニキビの元となる「アクネ菌」の増殖を止めるのは、肌を清潔に保つこと、そして肌の常在菌(善玉菌)を増やすことです。

適切な洗顔でアクネ菌を洗い流し、適度な保湿ケアと生活習慣の改善によってストレスを溜めないようにすることで、肌自らが生み出す常在菌(善玉菌)を増やしていくように心がけましょう。

ニキビはできた本人にしかわからない辛さがありますよね。

「どうにかして隠したい」という思いからマスクが欠かせなくなったり、自信を失い、自己否定しがちです。

美容心理士からみたカラーセラピー効果

そんな思いをやさしく包んでケアしてくれるのが「ピンク」です。

大人ニキビにはピンク

ピンクには女性ホルモンを調整してくれる作用があります。
また自己受容も高めてくれるので、「少しくらいニキビがあっても、あなたはかわいい女性よ」と慰めてくれる効果も。

化粧水を塗る時はピンク色をイメージし、ニキビがある肌を愛おしみながら、優しくなでるように塗ってあげてくださいね。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »