麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

メイク落とし

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


毎日のメイクに欠かせないのが、メイク落とし。

メイク落としはオイルやジェル、ミルクタイプなどさまざまな種類がありますね。

メイク落としはどのタイプが良いのか、悩むことも多いでしょう。

実際、製品やブランドで選ぶ以前に、あまりにも多くの種類があって、選び方がわからずにこんがらがってしまう事もあるでしょう。

そこで、今回はメイク落としの中でもよく使用されているオイルタイプとジェルタイプのメイク落としの効果を解説し、おすすめの選び方を紹介します。

あなたのメイクにあったメイク落としを選んでいきましょう。

メイク落とし

メイク落としの基本と選び方

メイク落としのためのクレンジングは、私たち女性には必要不可欠なアイテム。メイクは落とさずに過ごすと、私たちの肌にさまざまなダメージを引き起こします。毛穴の黒ずみの原因や色素沈着、ターンオーバーの乱れの素になってしまうのです。

メイクには、崩れにくく、汗や皮脂に強くするために油分を多く含んでいます。そのため、通常の洗顔だけではメイクは落としきれません。

そのため、メイク落としには、メイクを浮かすための「油」がたくさん含まれています。

しかし、油だけではメイクを浮かすだけで、肌からきれいにメイクを洗い流すことができません。油は肌に残り、水分をはじいてしまうのです。

そのためメイク落としには、油と水を中和する「界面活性剤」が含まれます。

「界面活性剤」は肌に悪いイメージがつきものですが、現在の崩れにくいメイクアイテムを落とすには、なくてはならない成分です。

メイク落としは、油分を多く含むアイテムほど、強いメイク洗浄力を持っています。選び方の参考にしてください。

またメイク落としの油分は、肌を菌や乾燥から守る皮脂までも洗い流します。洗い流した後の皮脂は、すぐには回復しないため、肌は乾燥しやすく敏感な状態です。そのため、どうしても肌にダメージを与えます。

だからこそメイク落としは、素早く肌全体になじませ、すぐに洗い流すことが大切です。目安は1分。それ以上のメイク落としは、肌にダメージを与えるので、注意しましょう。

また、メイク落としの正しい選び方は、メイクアイテムに合わせることが大切です。特にシンプルなメイクだとメイク落としを軽視しがちですが、日焼け止めやファンデーションには、落ちにくいものも多くあります。

そのため、メイク落としは適切なものをしっかり選びましょう。

そして、メイク落としの仕上げのすすぎも重要です。油分を多く含むメイク落としは、水では洗い流しきれないのです

必ずぬるま湯で洗い流していきましょう。選び方も大切ですが、正しい使い方を忘れないようにしてください。

メイク落とし

オイルタイプのメイク落としの選び方

オイルタイプのメイク落としは、数多く存在するメイク落としの中で最も洗浄力が高いです。濃いメイクもスルっと落としてくれるので、愛用している方も多いでしょう。

このオイルタイプのメイク落としは、メイクだけではなく、酸化した不要な皮脂や大気汚染物質まで落とすことのできる優れもの。しかし、油分が多く含まれている分、界面活性剤も多く含まれています。

そのため、油分が肌に残りやすく、すすぎや洗顔に時間と力がかかるため、乾燥しやすいのもオイルクレンジングの特徴です。

皮脂までも洗い流してしまうため、乾燥肌や敏感肌の方には、あまり向かないメイク落としでもあります。

どうしても使用する場合は、メイクの濃い部分やメイクの濃い日を選んでください。

オイルクレンジングは、一見肌への影響を考えて避けられがちですが、メイク落としとしてはイチオシのアイテム。賢く使えば短時間でメイクを浮き上がらせてくれ、効果的に洗い流すことができます。

オイルタイプのメイク落としは、目元や口元の濃いメイクにオススメです。オイルタイプのメイク落としを使用する場合は、オイルに含まれる油分をしっかり残すことなく洗い流すよう心がけましょう。

また、オイルタイプのメイク落としを選ぶ際は、オイルの種類に注目。オイルの中には石油などを原料にするものもあるので、「ミネラルオイル」は避けるのが正しい選び方。

ホホバオイルやアルガンオイルなど肌によいオイルをチョイスするのが、正しい選び方です。

メイク落とし

界面活性剤不使用のオイルタイプのメイク落とし

最近では、モデルや女優が、純粋なオリーブオイルやホホバオイルでメイク落としをしているという話題も聞こえます。

また天然の油脂に石けんなどを混ぜ合わせ乳化させたコールドクリームもよく使用されていますね。

これらのメイク落としには、界面活性剤が入っていません。そのため、肌への刺激は少ないといえます。しかし、水ではちゃんと洗い流せないため、これらをしっかりふき取ることが大切です。

その際、力を入れすぎないことがカギ。またこれらのメイク落としの方法では、一度でメイクの汚れを落としきることは難しいのは現状です。

その後、洗浄力がオイルタイプよりも弱い、ミルクタイプやクリームタイプを併用するのが良いでしょう。

またコールドクリームなどの商品には、その後の洗顔がいらない、と書いてある場合も。しかし、メイクに含まれる汚れをこれらのアイテムだけで落としきるには、難しい場合が多いこともあるので、注意しましょう。

やはりここでも、選び方と同じく使い方が大事ということですね。

オイルタイプの選び方は、通常の界面活性剤を含むオイルタイプが良いでしょう。

メイク落とし

ジェルタイプのメイク落としの選び方

ジェルタイプのメイク落としは、性質によって、効果や肌への影響が異なります。比較的に洗浄力が弱いジェルタイプのメイク落としは、「水性ジェルタイプ」と「油性ジェルタイプ」に2つに大別されます。

そして、それぞれのタイプがそこから細かく分類されるので、効果を理解したうえで、選ぶのが正しい選び方。メイクの濃さや好みに合わせて選び方を変えていきましょう。

また、ジェルタイプを使用する際は、適量を使用することが大切。サクランボ一つほどの量で指が滑らかに動く量を目安に使用していきましょう。

水性ジェルタイプのメイク落とし

水性ジェルタイプは、透明なジェルが多く、油分がふくまれているものと、油分を含まないオイルフリーのものに分かれます。

オイルフリーの水性ジェルタイプのメイク落としの洗浄力は高くはありません。そのため、ナチュラルメイクの方に最適です。

またまつ毛エクステをされている方は、接着剤の効果を長持ちさせるために、油分を含むメイク落としは使えませんね。そんな方にもオススメです。

次に、油分を含む水性ジェルメイク落とし。オイルフリーのものと比べると洗浄力が高いです。現在発売さえているメイク落としのジェルタイプのものの多くがこのタイプになります。

油分の量は他のメイク落としに比べて少なく、さっぱりとした洗い上がりが特徴です。どちらが正しい選び方、というのではなく、やはりメイクの状態や肌の状態によりけりです。

油性ジェルタイプのメイク落とし

油性ジェルタイプはオイルを乳化させてジェルにしたもの。主成分がオイルタイプのメイク落としのように油分のため、洗浄力が高いメイク落としです。

ウォータープルーフのメイクも落とせるものが多くなっています。敏感肌や乾燥肌の場合は、選び方に注意して使用しましょう。

メイク落とし

オイル?ジェル?メイク落としの選び方まとめ

さまざまなメイク落としがある中で、メイク落としの正しい選び方は、自分のメイクに合わせて選ぶこと。

特に使用することが多いオイルタイプやジェルタイプのメイク落としは、それぞれの効果を知った上で使用することが大切です。

オイルはメイクの洗浄力が高い分、肌への影響も大きいです。オイルタイプのメイク落としを選ぶ際は、使用されているオイルの種類に着目していきましょう。

またジェルタイプは対絶して、2種類に分かれます。効果もそのためタイプに合わせて左右されます。

ジェルタイプのメイク落としの選び方は、メイクの濃さに合わせることが大切です。選び方も大切ですが、同じくらい使い方も大切です。

ぜひ、メイク落としの参考にしてみてくださいね。

美容心理士から見た「クレンジング」のカラーセラピー

肌への負担が強いクレンジングを手早くさせてくれるカラーは黄色

メイク落とし

黄色には頭の回転を早めて体も動かしやすくしてくれます。

メイク落としの選び方も大切ですが、黄色をイメージしながらメイク落としをすることで、クレンジング効果を高めてくれますよ。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »