麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

読書の秋

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


秋は読書の季節ともいわれていますね。読書は女性にとてもオススメ。それは知的美人に成長ができるから。そして知的な女性は、なんと異性からの評価も高いのです。今回は知的な女性が男性にモテる理由と知的美人になるために読書がオススメな理由を紹介します。

この秋から読書を取り入れ、知的美人を目指しましょう。

読書の秋

知的な女性がモテる理由

先日、男性向けのアンケートのなかで、どんな女性が好きかという質問に対して、おもしろいデータがありました。約400人中、8割以上の方が、知的な女性が好きと答えていたのです。

それでは、なぜ知的な女性を男性が魅力的に感じるのでしょうか?

そのアンケートによると、知的な女性ほど、会話のバリエーションが増える点に魅力を感じるようです。

知的とは、知識が豊富なことや、聡明な方を指しますね。それにより、同じ目線や相手の立場など、臨機応変な視点にたって会話ができます。そのさまざまな視点や豊かな話題、会話のバリエーションを増やし、相手を引き付けるようです。

また新しい知識を相手に渡せることも、知的な人ならではですね。そして、相手が知らない知識をひけらかすのではなく、相手を立てながら状況に合わせながら披露できるのも、やはり知性の賜物。

こういった知的な女性は、一般的なマナーが身についているのも魅力の一つのようですね。やはり一緒にいる女性のせいで、公共の場所で恥ずかしい思いをしたり、不快感を抱きたくはないですよね。

知的な女性は、適切な言葉遣いや社会における一般常識やマナーを心得ていることで、一緒に過ごした時に不快感がないのも、知的な女性が好かれるポイントのようです。

さらに知的な女性と感じる女性ほど、会話が飽きず、盛り上がる特徴があるようです。なぜなら、会話が終わらず続くから。知的な女性は、自分の知識と相手の理解をうまく融合させ、相手に合わせて話すことができるため、会話が続き、会話が弾むのです。

ただ、会話が続くだけでは、会話は面白みがありません。相手の言葉や理解に合わせて会話ができるからこそ、お互いが会話を楽しめるのでしょう。

では知的な女性になるためには、何が必要なのでしょうか?

読書の秋

読書で知的美人になれる?

知的な女性になるためにオススメなのが「読書」です。読書はさまざまな知識を得られ、知性と教養を磨く上で有効なツールだからです。

現在では、数えきれないほどの書籍が販売されていますね。知りたいことをインターネットで検索するのも良いですが、書籍を読み、調べることでより物事の背景を学び、知識を深めることができます。

最近では、英語などの語学の勉強をするにしても、アプリなどで手軽にできるようになってきました。しかし、英語などの語学を勉強し、身についている多くの人は、書籍を利用している事実があります。

やはり書籍は知識を深めるために必要不可欠な存在だと感じます。ちなみに、男性は自分の知らない知識を持っている女性や、英語などの語学が堪能な方にも知性を感じるそうです。

読書の秋

とはいえ、知識や知性を磨くために読書する書籍は、分野はあまり関係ありません。読書自体に意味があるのです。読書は、どんな本でも読み進めるうちに疑似体験ができますね。その体験は脳を刺激することで、さまざまな学習ができるのです。

例えば、専門書。心理学についての書籍を読めば、まるで自分がその内容を語っているかのような疑似体験をします。それにより、より書籍の内容について理解を進めることができるのです。

また大恋愛やサスペンスの書籍を読めば、物語のなかで、多くの他人と関わり、気持ちを深く探ることができます。その読書だからできる貴重な体験で、知性にもコミュニケーションにとっても大切な共感力を高めることができるのです。

ある著名人は、知性とはどれだけ多くの人に共感できるかということだと、書籍で述べていました。知的な女性が魅力的と感じるのは、やはりさまざまな方に自然に共感できるからでしょう。こういったことから、読書は知性を磨く重要な方法と言えるでしょう。

さらにこの疑似体験は、充実感や達成感、幸福感も感じられることから、毎日の幸福度をアップさせることができます。さらに読書は最大のリラクゼーションでもあります。近年の研究で、読書はストレスを軽減させることがわかってきています。

1日6分の読書をおこなうだけで、心拍をゆるやかにして、緊張した筋肉をゆるめ、ストレスを軽減してくれるようです。やはり知的な女性は、心にも余裕がある女性でしょう。

読書を通して、知識や知性を豊かにしながらストレスを減らし、心まで豊かにしてくことで、素敵な知的美人になれるでしょう。

読書の秋

よりよい読書法で知的美人

読書する時間がない、読書するのがあまり好きではない、集中力が足りないなど、読書をしようと思っても、進まない要因がさまざま出てくる方も多いでしょう。そんな方ほど試してほしいのが、複数の本の同時進行です。

今日の気分に合わせて、読む本を変えたり、読んでいる本が飽きれば、ほかの本に進むなど、まずは「読書をする」という行動に慣れるのがオススメです。また、今日読みたいところだけ読むのもいいですね。読書は完読することが目的ではありません。理解することや共感すること、読み砕き、自分のものにすることこそ、大切です。

さまざま書籍が出ている中で、最近多くなっているのが、目次を見て、必要な項目だけ読む方、最後だけ読む方です。それでいいのです。読書は一冊につき、一回しか読んではいけないことなどありません。好きな章や必要な章から読んでいくことで読書の時間が濃密になるでしょう。

さらに読書する時間帯によって、内容を変えるのもオススメです。朝の通勤時間などは、やはりビジネス書や自己啓発などの学ぶ内容の書籍がオススメです。朝の時間は、脳の働きが活発になっていることで、より内容がスムーズに頭に入ってくるでしょう。

一方、夕食後の脳がリラックスしている時間帯は、小説や趣味などのリラックスして読める内容がオススメです。そして就寝前には資格や語学などの覚えなければならない書籍がオススメ。

この時間は、脳に書籍の内容を記録させる作用があるのです。翌朝、もう一度就寝前の内容を確認するだけで、より効果が高まります。テスト前の一夜漬けの勉強で、内容が覚えられるのは、この就寝前の脳に関係があるのです。

時間によっても、読書の内容を変え、より読書を楽しみ、知的な女性を目指しましょう。

読書の秋

秋は読書で知的美人!まとめ

知的美人が男性にもてる理由は、会話のバリエーションが広がり、会話が弾むから。知的美人になるためには、知識と知性を磨くことが重要です。そこでオススメなのが読書。読書は知識と知性のどちらも磨くことができる方法です。さらにストレス解消もできるのでオススメです。

読書をライフスタイルの一部にして、知的美人を目指しましょう。

美容心理士塩澤麻衣による「知的美人」まとめ

モテる女性とは、しっかりと自分の世界観を持ち、それを述べられる自立した方

読書の秋
それは個性ともいえますね。他人にはない自分だけの個性を見つけるために読書はとても有効的。読書の秋、自分らしい一冊に出会えたら幸せですよね。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »