麻布十番塩澤式
Column 美容・心理コラム
Column 美容・心理コラム

<プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら>


40歳を過ぎて、「ほうれい線が濃くなった」「肌がたるんだ」など、お顔に対する悩みが尽きない方が多いのではないでしょうか?

サロンでも40代のお客様のほとんどがタルミやくすみ、シワ、シミなど加齢のサインに悩まれています。

これは加齢と生活習慣による「肌の内側の変化」が影響しています。
それに加えてスキンケアによるオーバートリートメントのトラブルが多いのも40代です。

ここではまず、40代の肌内側で起きているトラブルについて紹介します。
次に、タルミやシワの原因になるコラーゲン不足を解消する化粧品の選び方食事による対策を解説します。

40代の美容ライフ

加齢と生活習慣が原因!?肌の内側への影響

40代は肌の内側にさまざまな影響があらわれる年代です。
代表的な3つの変化について紹介します。

コラーゲンの減少

私たちの体にあるコラーゲンは、古いものを壊すことで、新しいコラーゲンを組みなおすという、代謝をおこなっています。
しかし40歳を過ぎるころから、コラーゲンの代謝が落ち、古いコラーゲンを壊す量が新しいコラーゲンをつくる量を上回ります。40歳を境に、コラーゲンの量が年々減少してゆくと言われるのは、コラーゲンの代謝減少によるものなのです。

コラーゲンは弾力やハリをつくる主要成分。コラーゲンの量が減少することで、たるみやシワを発生させてしまいます。

ターンオーバーの低下

正常なターンオーバーの日数は約28日です。
しかし加齢による新陳代謝の低下や生活習慣、紫外線などの外的要因で、40代のターンオーバーは約45日まで後退します。
これは正常な28日周期の1.5倍の日数。ストレスや睡眠不足、食生活の乱れで50日以上後退する場合もあります。

ターンオーバーの日数が後退することで、古い角質が長い間、肌表面にとどまります。
それにより肌表面の皮膚が粗くなり、ごわつき、くすみやシワを引き起こすのです。

くすみの促進

長年の紫外線による影響が、目に見えてあらわれるのも40代です。
メラニンは紫外線を帯びることによって肌の内部で生成される色素で、いわゆるシミやくすみの原因。

昔は、肌のターンオーバーの際に古い角質とともに、メラニンもそのほとんどが剥がれ落ちます。ですが、ターンオーバーの遅れにより、メラニンが剥離することなく、そのまま残ってしまうのです。

メラニンが肌表面にとどまると、色素沈着を起こしシミや肝斑の原因となります。そして色素沈着が進むことで、やがて顔を、「くすみがかった黄ばみの強い肌」の色にしてしまうのです。

犯人は停滞したメラニンだけではありません。正常なコラーゲンは透明の色をしていますが、偏った食生活などの影響で糖化し、黄色や茶褐色に変化していきます。
コラーゲンの糖化も、黄ばみの強いくすみの原因となっているのです。

40代の美容ライフ

肌を老化させる間違ったスキンケア方法

急に現れたシミやたるみなどに対して、「あの成分がいい」「これが雑誌に載っていた」とさまざまな化粧品を使用していませんか?
スキンケアに複数の化粧品を使用することは、オーバートリートメントを起こし、肌トラブルの原因になります。

肌に何度も化粧品を使用して肌を濡らす、乾かすを繰り返すことは肌へのストレスになります。また化粧品の成分の組み合わせ方によっては、効果を半減させてしまうのです。

化粧品のオーバートリートメントによる肌への影響はさまざまですが、勘違いしやすいポイントは次の2点です。

過剰なスキンケアでターンオーバーを早める危険

過剰なスキンケアは、肌のターンオーバーを早める危険があります。
今までの話から、「ターンオーバーを早める」と聞くと良いように思えますが、そうではありません。28日より短いターンオーバーは肌トラブルの原因になるからです。

ターンオーバーが早まる、ということは、肌をつくるために生まれた細胞が通常より早い段階で肌表面に押し上げられることを意味します。早い段階で押し上げられた細胞は、成長しきれていない未熟な状態です。

未熟な細胞のまま押し出された細胞が肌表面の角質になると、本来の角質よりも薄いうえに水分の保持力も少なく、乾きやすい状態。この角質が肌表面をおおうことで、肌がごわつき、乾燥を招いてしまうのです。

また、未熟な細胞からなる角質は、肌のバリア機能も本来より、かなり低下しています。
未熟な角質は過敏肌の原因。紫外線や摩擦などの外からの刺激を受けやすくなるのです。

ターンオーバーは短すぎても長すぎても肌にとっては負担にしかなりません。
ターンオーバーは28日に近づけ整えることが大切です。

過剰な保湿ケア

乾燥はすべての肌トラブルの原因となります。しかし、保湿しすぎるのも肌トラブルを招きます。
40代からはシワ予防や乾燥予防のために、過剰な保湿ケアをおこなう人が増えています。

過剰な保湿ケアは必要以上の油分を肌にのせることで、毛穴をつまらせる原因になります。
毛穴がつまることで、水分の浸透を妨げるほか、毛穴の黒ずみや炎症を引き起こします。

さらに過剰な油分は、肌本来の持つ「皮脂による保湿機能」を低下させます。

過剰なスキンケアは、肌にダメージを与えます。
次の2つの美容ライフ術を取り入れ、肌に弾力を与えましょう。

40代の美容ライフ

肌にコラーゲンをつくる2つの美容ライフ術

では、肌に弾力やハリを取り戻す「適切な」ケアというものはどんなものでしょうか。
それは「化粧品の選び方」と「食事による対策」です。

コラーゲンを生成する化粧品の選び方

乾燥している肌は、どんな高価な化粧品を使用しても美容成分がほとんど浸透しません。
まずは水分とセラミドを浸透させることで、肌の過剰な乾燥を防ぎつつ、ターンオーバーを正常化させることが大切です。

水分を保つために重要な保湿する乳液やクリームには、セラミドが配合されているものを選びましょう。
セラミドには水分を逃がさず、肌内部で水分を保つ働きがあります。人の肌に近いセラミド成分を選ぶことで効果が高まります。

減少してくるコラーゲンには、コラーゲンを生成する「線維芽細胞」を活性化させる成分を化粧品から肌に取り入れてゆくのが有効です。
直接肌からコラーゲンを摂取する方が効果的なように感じますが、実はそうではありません。コラーゲンの分子は大きく、肌に浸透しづらいのです。

ですから、コラーゲンを生みだしてくれる線維芽細胞を活性化させた方が効率もよく、肌本来の力を活かすことにもつながります。

線維芽細胞を活性化させる有効成分はビタミンC誘導体レチノールなどがあります。

また私のサロンで使用している美容液にはエクトインという成分を配合しています。エクトインは線維芽細胞を活性化させ、水分を強固して閉じ込める、高い保水力のアミノ酸の一種です。

化粧品でターンオーバーを正常化させつつ、美容液の導入することでタルミやシワ、シミの改善が期待できるでしょう。40代ではプラセンタやグロースファクター(EGF)配合の美容液の導入がおすすめです。

40代の美容ライフ

コラーゲンをまもる食事対策

コラーゲンは食事やサプリ、栄養ドリンクからの直接摂取も効果的。

コラーゲンを多く含んでいる食品は手羽先や牛すじ、豚モツの肉類や魚類です。
肉や魚は、コラーゲンを豊富に含むだけでなく、コラーゲンの原料になるタンパク質も一緒に摂取できます。
さらにビタミンCと一緒にコラーゲンを摂取することで、吸収率を高めます。レモンやスダチ、カボスなどの柑橘類を料理に添えたり、飲み物にして同時に摂取するとよいでしょう。

サプリや栄養ドリンクからコラーゲンを摂取する場合は、動物性由来のコラーゲンではなく、海洋性由来のコラーゲンを選びましょう。
もともと体に吸収しにくいコラーゲンですが、動物由来に比べ、海洋性由来は約7倍の吸収力があります。

また食事の際、口にする順番も重要です。肌のための食事が肌を糖化させる食事になる場合があるからです。
糖化とは体内を糖によってコゲさせることです。主に糖分の取りすぎによって、引き起こされます。

この糖化は40代から減少するコラーゲンにも大きな影響を及ぼします。
糖がコラーゲンの原料になるタンパク質を攻撃し、破壊するのです。
タンパク質が不足している状態で生成されたコラーゲン(糖化コラーゲン)は壊れやすく、タルミやシワの原因となります。

糖化を引き起こす白砂糖や小麦粉の摂取を控えることも大切ですが、食事の際、口にする順番を変えるだけで糖化の予防ができます。

難しく考える必要はありません。主食のごはんやパンといった炭水化物や肉類を食べる前に、野菜やキノコ類を食べるようにするだけです。
野菜やキノコに含まれる豊富な食物繊維が糖の吸収を緩やかにしてくれるので、肌の糖化を予防できます。

40代の美容ライフ

生活習慣に加えたい、コラーゲンをつくる美容ライフ術まとめ

普段の生活習慣に正しい「化粧品選び」「食事による対策」を取り入れることで、肌の内側にコラーゲンをつくることができます。
コラーゲンをつくることで、肌に弾力とハリを取り戻し、シワやたるみ、ほうれい線の軽減につながります。

ぜひ今回紹介した内容を試してみてください。

美容心理士から見た「40代の肌トラブル」に効くカラーセラピー

お顔にタルミやシワを見つけるとネガティブな気持ちになりますよね?
そんなとき効果的なのがオレンジ色です。

陽気や楽観的な意味を持つオレンジ色は、お腹の底からあなたに笑顔を誘発してくれるカラーです。
そしてあなたの笑顔が周りの人も自分自身も明るく元気づけることで、表情筋も鍛えられ、自然にリフトアップ効果を得られます。

40代の美容ライフ

鏡の近くにオレンジ色の小物を置いて、眺めてみて下さい。
笑いは腸も活性化させお通じもよくなることで、コラーゲンの生成も助けてくれます。


そんな私が、今までの15年のサロン経験と、独自の美容理論を詰め込んだ化粧品を出しました。
よろしければ、ぜひ1本試してみてくださいね。

あなたのお肌が美しく健康に育ちますように・・・。

プロエステティシャン塩澤麻衣が開発した、@コスメでクチコミ6.3の化粧品はこちら

エステティシャン美容心理士塩澤麻衣
乾燥肌の化粧水「塩澤式」
乾燥肌の美容液「塩澤式」のエステ肌実感プログラム

« »